--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2013/06/28

岡田浩暉

Category : 俳優
岡田浩暉
(おかだ こうき、1965年10月26日 - )



歌手、俳優であり、「To Be Continued」(無期限活動休止中)、「the Garden eel」のボーカル。所属事務所はスターダストプロモーション→ジャパン・ミュージックエンターテインメント。群馬県新田郡新田町(現・太田市)出身。群馬県立伊勢崎東高等学校、関東学院大学卒業。大学卒業後の一時期はサラリーマンだった(2007年10月11日放送『トシガイ』より)。血液型はO型。

出演作品
テレビドラマ

もしも願いが叶うなら(1994年、TBS系)毛利鷹志役
男嫌い(1994年、TBS系)北沢一也役
愛していると言ってくれ(1995年、TBS系)矢部健一役
ナースのお仕事(1996年、フジテレビ系)水島龍太郎役
to Heart ~恋して死にたい~(1999年、TBS系)樫野政樹役
ナースのお仕事3(第18話、第19話)(2000年、フジテレビ系)水島龍太郎役
カバチタレ!(2001年、フジテレビ系)長谷川幸男役
最後の家族(2001年、テレビ朝日系)近藤洋人役
夢のカリフォルニア(第8話)(2002年、TBS系)横田優二役
ランチの女王(第3話、第10話)(2002年、フジテレビ系)山城賢介役
またのお越しを(2003年、TBS系)相田英治役
彼女が死んじゃった。(第5話)(2004年、日本テレビ系)渡辺 護役
ホームドラマ!(第1話)(2004年、TBS系)新見靖彦(新見まゆみ:紺野まひるの夫)役
相棒(第4・5話)(2004年、テレビ朝日系)松永慎二郎役
危険なアネキ(2005年、フジテレビ系)根本俊哉役
夜王~YAOH~(2006年、TBS系)沢村慎吾役
半分の月がのぼる空(2006年、テレビ東京系)夏目吾郎役
いい女(2006年、TBS系)本多浩行役
シアター創造堂「サインペンを創ったニッポン人」『未来創造堂』内(2006年、日本テレビ系)大日本文具(現ぺんてる)世界初の水性マーカー創造者・若井登 役
週刊 赤川次郎 青春の決算(2007年、テレビ東京系)柳原卓也役
愛のうた!(2007年、TBS系)黒川稲穂役
ジャッジ ~島の裁判官奮闘記~(第5話)(2007年、NHK)麓一平役
死化粧師(第1話)(2007年、テレビ東京系)日比野富行役
温泉へGo!(2008年、TBS系)村上修成役
特命係長・只野仁 (第38話ゲスト)(2009年2月、テレビ朝日系)白石純平役
リアル・クローズ(第2話ゲスト)(2009年10月20日、関西テレビ系)
Xmasの奇蹟(2009年、フジテレビ系)堤 浩志役

映画

メトロポリス(2001年)(声の出演)ロック役
ナースのお仕事ザ・ムービー(2002年)水島龍太郎役
KEEP ON ROCKIN'(2003年)高原英二役
いま、会いにゆきます(2004年)
チェリーパイ(2006年)辻内透役
BABY BABY BABY! -ベイビィ ベイビィ ベイビィ-(2009年)次郎ちゃん役

舞台

ラパン・アジールに来たピカソ (2000年10月5日~11月19日、於・世田谷パブリックシアターほか) 訪問者役
ライアー・ガール(2002年)
レ・ミゼラブル(2003年~2006年、東宝、於・帝国劇場ほか) マリウス役
星の王子さま(2005年8月7日~23日、TBS/キョードー東京、於・新国立劇場 中劇場) 飛行士役
スウィート・チャリティ(2006年9月5日~10月4日、フジテレビジョン、於・ル テアトル銀座ほか) オスカー・リンドクィスト役
TITANIC the musical (2007年1月15日~2月4日、フジテレビジョン、於・東京国際フォーラム ホールC) ウィリアム・マードック(一等航海士)役
血の婚礼(2007年5月~6月 原作:フェデリコ・ガルシーア・ロルカ 於・東京グローブ座 他)花婿役
ALL SHOOK UP(2007年12月8日~21日 フジテレビジョン 於・東京青山劇場、12月27日~30日 於・大阪シアターBRAVA!)デニス役
MIDSUMMER CAROL~ガマ王子VSザリガニ魔人~2008年3月21日PARCO劇場~4月21日愛知厚生年金会館(浅野役)
竹内まりやソングミュージカル 『本気でオンリーユー』(2008年9月12日~10月5日、フジテレビジョン、於・PARCO劇場) 芦田徹役
ミュージカル『ブラッド・ブラザーズ』(2009年8月7日~9月27日 シアタークリエ)エディ役(8月・田代万里生とのダブルキャスト)
ALL SHOOK UP(09年10月09日(金)~10月17日(土) 東京公演:青山劇場 大阪公演:シアターBRAVA! 名古屋公演:愛知県芸術劇場大ホール) デニス役

the Garden eel

(ザ・ガーデン・イール)
the Garden eel
基本情報
ジャンル ポップス
活動期間 2002年 - 2003年
レーベル ユニバーサルJ(2003年)
事務所 ユニバーサルミュージック(2003年)
メンバー
岡田浩暉(v,g)
Tatsuya(v)
表・話・編・歴

日本の2人組バンドである。2002年結成。シングルCDを1枚発表した後に活動停止。
メンバー

岡田浩暉(ボーカル・ギター)
Tatsuya(ギター・ボーカル)

ディスコグラフィー
シングル

1. Avenue~あの頃のボクたち~(2003年1月29日)
1. Avenue~あの頃のボクたち~(愛の劇場『またのお越しを』主題歌)
2. SUKISA
3. Avenue~あの頃のボクたち~(Backing Track)
4. SUKISA(Backing Track)

外部リンク
所属事務所による公式プロフィール
岡田浩暉オフィシャルブログ「OKADA KOHKI ~Official Blog~」Powered by Ameba
the Garden eel 公式ページ


岡田浩暉/不器用なラブソング
スポンサーサイト
 
2013/05/17

あがた森魚

Category : 俳優
あがた森魚
(あがた もりお、1948年9月12日 - )



日本のフォークシンガー、シンガーソングライター、俳優。北海道留萌市出身。所属事務所はビーボ。本名山縣 森雄(やまがた もりお)。函館ラ・サール高等学校卒業、明治大学中退。

上京後、斉藤哲夫、野澤享司、鈴木慶一らと親交を深め、中津川フォークジャンボリーにあがた森魚と蜂蜜ぱいとして参加。春一番コンサートにも同様の組み合わせで参加。林静一の同名漫画を題材とした「赤色エレジー」が話題になり、50万枚[1]を売り上げてベルウッド初のヒットシングルに。

アルバム

『蓄音盤』  (1970年)      
『乙女の儚夢』(1972年)
『噫無情』  (1974年)
『僕は天使じゃないよ』(1975年・大滝詠一との連名・サントラ盤)
『日本少年(ジパング・ボーイ)』(1976年)
『君のこと好きなんだ』(1977年)
『乗物図鑑』(1980年)
『永遠の遠国』(1985年)
『永遠の遠国の歌』(1986年)
『バンドネオンの豹(ジャガー)』(1987年)
『バンドネオンの豹と青猫』(1987年)
『ミッキーオの伝説』(1988年)
『プラネッツ・アーベント』(1990年・ライブ盤)
『イミテーション・ゴールド』(1993年)
『ピロスマニア海へ行く』(1994年)
『オートバイ少女~イメージサウンドトラック』(1994年・サントラ盤)
『24時の惑星』(1995年)
『第七東映アワー』(1996年)
『あがた森魚のラジオ・ショウ』(1996年・ライブ盤)
『港のロキシー オリジナルサウンドトラック 』(1999年・サントラ盤)
『日本少年2000系』(1999年)
『佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど』(2001年)
『ギネオベルデ(青いバナナ)』(2004年)
『Taruphology』(2007年)

代表作

赤色エレジー(1972年年4月25日発売。デビュー曲にしてヒット曲)
バンドネオンの豹(ジャガー)
バンドネオンの豹と青猫
キットキット!!遠く遠く!!(日産・ラシーンCMソング、CMにはドラえもんの着ぐるみが登場。)

カヴァー曲

いい娘だね
サルビアの花
僕は泣いちっち
サン・トワ・マミィ

監督を務めた映画作品

『ぼくは天使ぢゃないよ』(1974年)
『オートバイ少女』(1994年)
『港のロキシー』(1999年)

映画・テレビ出演

ファンタスマゴリア(ナレーション)
夜は胸きゅん(NHK、ナレーション)
水曜ノンフィクション(TBS、ナレーション)
笑っていいとも!(フジテレビ、テレフォンショッキング ゲスト・1988年4月18日初登場)
スタジオパークからこんにちは(NHK、ゲスト・2001年12月25日)
深夜食堂(「バターライス」[TBS ゴロー役2009年11月6日)
映画「夢みるように眠りたい」その他
映画「つぐみ」主人公まりあの父親役
映画「裸足のピクニック」バイカー
映画「失楽園」主人公久木の同僚役
映画「人のセックスを笑うな」猪熊さん

その他

西岡恭蔵の楽曲「春一番」「街行き村行き」にバック・コーラスで彩りを添えている。アルバム『街行き村行き』、『ライヴ!!はっぴいえんど』収録。
はちみつぱいのライヴアルバムにゲスト・ヴォーカルで参加している。
「ヴァージンVS」というユニットに“A児”と名乗ってリード・ヴォーカルで参加していた。テレビアニメうる星やつらのエンディング曲「星空サイクリング」、フジテレビドラマ「翔んだライバル」のエンディング曲「さらば青春のハイウェイ-Good-Bye My Friend-」等。
北海道文化放送の「夢人類」というテーマで、北海道ローカルのキャンペーンソングをつくっていた。
NHKのドラマ『夢千代日記』『続・夢千代日記』『新・夢千代日記』に「安藤(通称:アンちゃん)」という役名でストリップ小屋の照明係を演じていた。
NHKの人形劇『バケルノ小学校ヒュードロ組』の主題歌の「バケルノ小学校校歌」を歌っている(未CD化)。
1990年代中盤には、フジテレビのバラエティ番組『タモリのボキャブラ天国』であがたを取り扱ったネタが多数採用され、その度にあがたがVTRで登場、一時準レギュラーのような扱いになっていた時期があった。
代表作である「赤色エレジー」の作曲者は八洲秀章とされているが、実際の作曲者はあがた森魚である。この曲が八洲秀章が作曲した「あざみの歌」と似ているということで、キングレコードの判断によって八洲秀章の作曲とされた。しかし両曲を聞き比べると似ているのは冒頭部分のみであり、実際には全く別の曲である。
あがた森魚に昔から尊敬の意を表明している吉井和哉のシングル「バッカ」のPVに特別出演している。また、吉井が在籍したバンドTHE YELLOW MONKEYのトリビュートアルバム「THIS IS FOR YOU~THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM」(2009年)ではあがたが「4000粒の恋の唄」をカヴァーしている。

2008年1 月29日よりメディア・オブ・アートプロジェクト(MAPかわぐち)という団体を発起し、宮部海人・荘良太郎・Dj.Sabuらと、環境とアート、地域との連携(共存と言っている)のプロジェクト・イベントを実施。早くも同年3月9日には第2回目のイベントを開催。オリジナルソングを参加ミュージシャンと共演すると言う試しみも行った。第3回目のイベントでは、NPO法人川口市民環境会議や国際環境アートムーブ川口という市内の有力環境団体と連携してのイベントを開催し、あがたも池田一らと共にトークセッションに参加した(2008年6月9日)。プロジェクトのオリジナルソングを作詞・作曲中。
元ちとせが「冬のサナトリウム」と「ヴァージンVS」のナンバー「百合コレクション」のカヴァーをしている。
るりが2002年にリリースしたアルバム『るり式』にて「冬のサナトリウム」のカヴァーをしている。

外部リンク

あがた森魚公式サイト
あがた森魚のセレクトしたプレイリストとインタヴュー特集 Music Shelf
 
2009/12/01

高橋かおり

Category : 女優
高橋かおり
(たかはし かおり、1975年8月29日 - )



日本の元子役、女優。神奈川県横浜市神奈川区出身。砂岡事務所を経て現在はオフィスASOBO所属。

来歴・人物

 映画『誘拐報道』でデビュー。
 1990年代前半には中嶋朋子、小島聖と砂岡三人娘と一部で称されていたが(角川三人娘のもじり)、実生活でも姉と妹がいる三姉妹である。
 趣味は手芸、特技はピアノ、フルート。
 『Film Factory』にて監督業にもチャレンジした。

出身校

 横浜市立市ヶ尾小学校 卒業
 横浜市立市ヶ尾中学校 卒業
 中延学園高等学校(現・朋優学院高等学校) 卒業

主な出演作品
映画

 誘拐報道(1982年)
 櫂(1985年) - 綾子 役
 熱海殺人事件(1986年)
 プルシアンブルーの肖像(1986年) - 桐島冬花 役
 四万十川(1989年)
 青春デンデケデケデケ(1992年)
 今日から俺は!!(1994年) - 赤坂理子 役
 あした(1995年) - 原田法子 役
 風の歌が聴きたい(1998年)
 淀川長治物語・神戸篇 サイナラ(2000年)
 理由(2004年) - 戸村弁護士秘書 役
 この世の外へ クラブ進駐軍 (2004年) - 英子 役
 転校生 さよならあなた(2007年) - ピアノ運搬業者 役
 その日のまえに(2008年) - 佐藤俊治の妻 役

テレビドラマ
 連続ドラマ

 ~1989年
o 柳生十兵衛あばれ旅 第9話「なみだ峠で待つ女」(1982年、テレビ朝日) - おみつ 役
o 大奥(1983年、フジテレビ) ‐ 徳川和子 役
o 宇宙刑事シャイダー(1984年、テレビ朝日) ‐ 早見聖 役
o 暴れん坊将軍II 第96話「母も切ない、鬼は外! 」(1985年、テレビ朝日)
o ポニーテールは振り向かない(1985年10月~1986年3月、TBS) ‐ 田丸絵美子 役
o 武蔵坊弁慶(1986年、NHK総合) ‐ 小玉虫 役
o スタンドバイミー2 気まぐれ天使(1988年、TBS)
o 長七郎江戸日記 第2シリーズ 第33話「長い銀の箸」(1988年、日本テレビ / ユニオン映画) ‐ おみつ 役
o シリーズ街・東京都心「問題の教師」(1989年3月、テレビ朝日)
o 風雲!真田幸村(1989年、テレビ東京) - 千姫 役
 1990年~1999年
o ホットドッグ(1990年4月~6月、TBS) ‐ 中西久美子 役
o 裸の大将放浪記 第55話「清の桃太郎鬼退治」(1992年、関西テレビ系列)
o 腕におぼえあり2(1992年、NHK総合)
o 炎立つ(1993年、NHK総合) ‐ 岐巳 役
o 湘南女子寮物語(1993年、テレビ朝日) ‐ 露木美奈 役
o 先生はワガママ(1994年、朝日放送系列)
o 父子鷹(1994年1月~3月、日本テレビ) ‐ お順 役
o ザ・シェフ 第5話「悪徳ニセ者との対決! 死の淵からの挑戦!!」(1995年、日本テレビ)
o 味いちもんめ(1996年、テレビ朝日) ‐ 真澄 役
o いらっしゃい(1996年、NHK総合)
o 父さんは森に隠れる(1997年、NHK総合) ‐ 石坂美紀 役
o Shin-D 「マーダー・ゲーム」(1999年1月、日本テレビ 全4話)
o 救命病棟24時 第10話(1999年、フジテレビ) ‐ 鳥居瞳 役
o こいまち 第10話(1999年、フジテレビ) ‐ 秋野恵 役
o ズッコケ三人組(1999年、NHK教育) ‐ 土ぐも 役
 2000年~
o 葵徳川三代(2000年、NHK総合) ‐ お静 役
o バーチャルガール(2000年、日本テレビ) ‐ 優香子 役
o 別れる二人の事件簿(2000年、テレビ朝日) ‐ 羽川ルナ 役
o 茂七の事件簿 新ふしぎ草紙 第1話「置いてけ堀」(2002年、NHK総合) ‐ おしず 役
o さくら(2002年、NHK総合) ‐ 戸田真樹子 役
o 幸せ咲いた~結婚相談所物語~(2003年、東海テレビ)主演 ‐ 野上咲 役'
o ドラマ30 幼稚園ゲーム3(2003年11月~2004年1月、CBC)主演 ‐ 小川明美 役
o スカイハイ2 第6話(2004年、テレビ朝日)
o ウルトラQ dark fantasy(2004年、テレビ東京) ‐ 山瀬由美子 役
o 危険な関係(2005年、東海テレビ)主演 ‐ 佐倉(矢内)柊子 役
o 相棒~Season Ⅳ スペシャル(2005年、テレビ朝日) ‐ 郷内繭子 役
o 小早川伸木の恋(2006年、フジテレビ) ‐ 松金響子(小児科医) 役
o 愛の迷宮(2007年、東海テレビ) - 鮎川可奈子 役
o よろずや平四郎活人剣 第6話「暁の決闘」(2008年6月13日) 高江 役
o パズル 第9話(2008年6月13日) - 小橋京子 役
o 33分探偵 第4話(2008年8月23日) - 松本りんこ 役
o 刺客請負人第2シリーズ 第6話(2008年8月29日) - おみや 役
o Xmasの奇蹟 (2009年11月~ 、東海テレビ)主演 ‐ 手島直 役

スペシャル・単発

 花も嵐も踏み越えて 女優田中絹代の生涯(1984年4月2・9日、テレビ朝日) - 田中絹代の少女時代役
 悪魔をやっつけろ!(1990年1月6日、TBS系列) ‐ 高岡悠子 役
 テキ屋の新ちゃん(1)~(5)(1991年~1995年、TBS) - 中西久美子 役
 世にも奇妙な物語 「三日間だけのエース」(1991年11月21日、フジテレビ)
 炎の料理人 周富徳物語(1995年12月1日)
 サザエさん6(1996年1月4日、フジテレビ)
 校長がかわれば学校が変わる2(1998年12月28日、、TBS系列 単発) ‐ 吉永幸子 役
 きらきらひかる スペシャル(1999年4月23日、フジテレビ) ‐ 斉藤ほのか 役
 海の上のラブソング(1999年11月3日、広島ホームテレビ制作/テレビ朝日系) 主演
 全国指名手配!二つの顔を持つ女「逃亡女医」(2005年10月25日、日本テレビ)
 松本清張ドラマスペシャル 波の塔(2006年12月27日、TBS系列) ‐ 田沢輪香子 役
 新幹線ガール(2007年7月4日、日本テレビ系列)
 特命係長・只野仁 スペシャル '08 大手銀行派遣女子行員が仕掛けた罠(2008年2月2日、テレビ朝日系列) - 篠原純子 役その際本人のブラジャーが見られた。
 日本史サスペンス劇場(2008年、日本テレビ) - 歴史ドラマ篤姫役

2時間サスペンス

 火曜サスペンス劇場(日本テレビ系列)
o 心に秘めた幻の蝶(1994年12月13日)
o いちど死んだ妻(2000年2月15日) ‐ 向井千晶 役
o 天使の居場所(2000年5月23日)
o 臨床心理士(3) 母の血色のルビーが招いた密室殺人」(2001年5月29日)
o 町の医者・神山治郎 (2) 「出産拒否」(2001年11月6日) ‐ 片倉悦子 役
o 取調室(17)(2002年8月6日) ‐ 熊沢ゆかり 役
o 監察医・室生亜季子(33) 「笑った似顔絵」(2003年7月8日) ‐ 桜井文子 役
o 町の医者・神山治郎(6)「整形依存症の女」(2004年1月20日) ‐ 古谷奈津子 役
o 下町銭湯騒動記(4)(2004年2月17日) ‐ 内藤美春 役
o 警視庁鑑識班(17)(2004年6月8日) ‐ 渋谷紀枝 役
o 容疑者(2005年2月22日) - 沢野よし子 役
 火曜ドラマゴールド(日本テレビ系列)
o 警視庁鑑識課<第9班>ミッドナイトブルー(2006年11月、日本テレビ) - 野田恭子 役
 ザ・サスペンス(TBS系列)
o 非行女教師(1983年5月14日)
o ママが消えた夏休み!(1983年7月30日)
o 虞美人草(1984年1月7日)
 月曜ドラマスペシャル(TBS系列)
o 赤川次郎サスペンス「冠婚葬祭殺人事件」(1997年8月、TBS) - 家元令嬢 役
 月曜ミステリー劇場(TBS系列)
o 万引きGメン・二階堂雪(8)「絆~きずな~」(2002年4月15日) ‐ 武田純子 役
o 税理士楠銀平の事件帳簿(1)「消えた遺言書」(2003年3月3日) - 野上恵美・友子 役
o 上条麗子の事件推理(3)「死を呼ぶ遺産相続」(2003年4月14日) ‐ 沢野美穂 役
o 税務調査官・窓際太郎の事件簿(11)(2004年2月23日) ‐ 中村花恵 役
o 横山秀夫サスペンス「モノクロームの反転」(2005年6月13日) - 弓岡洋子 役
 月曜ゴールデン(TBS系列)
o 示談交渉人~甚内たま子・裏ファイル(5)~(2007年6月18日) - 森田美由紀 役
o 二重裁判(2009年6月1日、TBS)
 金曜エンタテイメント(フジテレビ系列)
o 鍵師(4)「盗まれた高額宝石を追え!」(1996年5月24日)
o 浅見光彦シリーズ(9)「斎王の葬列」(1999年10月8日) ‐ 宮山佳鈴 役
o 着物デザイナー 黛涼子の推理紀行(1)(2000年11月17日) ‐ 藤堂初音 役
o 温泉名物女将!湯の町事件簿(5)(2004年5月7日) ‐ 戸田百合子 役
o しあわせギフトお届け人 青野大洋(2)「杜の都の事件帖」(2004年7月23日) ‐ 栗原綾音 役
o ペット探偵の事件簿(2004年8月27日) - 吉川由香 役
o 蓮丈那智フィールドファイル(1)「 凶笑面」(2005年9月16日) ‐ 谷山玲子 役
o 危ネェ二人 占い師・伊吹圭の事件ファイル(2005年11月18日) - 仲谷由里 役
o 園長先生は名探偵(2006年3月17日、フジテレビ) - 片柳香苗 役
 土曜ワイド劇場(テレビ朝日系列)
o 牟田刑事官事件ファイル 「切れた絆」(1995年) ‐ 石田さち 役
o 捜査検事・千草泰輔 不安な産声(1997年10月) - 大原久美役
o 捜査回避(2002年3月) - 田辺佐織 役 ※収録は1998年
o ドクVSデカ 心療内科医&殺人課刑事の捜査ファイル(2002年12月) - 河合裕美子 役
o 山村美紗サスペンス「京都の祭に人が死ぬ」(2003年10月) - 杉井美知代 役
o 終着駅シリーズ23「死差路・消えた1億円と孤独な死体!!東京タワーに交錯した女二人の復讐の結末」(2009年10月10日)- 二木聖子 役
o 弁天祐美子法律事務所2(2009年11月)
 女と愛とミステリー(テレビ東京系)
o 西村京太郎サスペンス「四つの終止符」(2001年1月) - 石母田幸子 役
o 旅行作家・茶屋次郎(2)「長良川殺人事件」(2002年) ‐ 鳥居今日子 役
 水曜ミステリー9(テレビ東京系)
o さすらい署長風間昭平(4)「とやま地獄谷殺人事件」(2006年)‐ 北森千佳子 役
o 子だくさん刑事(2006年6月) - 川村陽子 役
o 追いつめる 定年刑事最後の張り込み(2006年7月) - 海原妙子 役
o 西村京太郎サスペンス・トラベルライター 榊祐子の殺人紀行 (2008年1月) - 伊東みどり役
o 神楽坂署生活安全課(5) (2008年10月)

バラエティ番組

 笑っていいとも!(テレフォンショッキングゲスト、フジテレビ)

CM

 関西テレメッセージ(1990年)
 明治乳業「KIHON」(1992年)
 花王「エッセンシャル」(1992年)
 広島銀行(1993年~1996年)
 丸十小泉着物(1993年)
 東京商科学院専門学校(1994年)
 サントリー「ビアカクテル レモン&ビア」(1996年)
 第一生命(2009年)

舞台

 Radiogenic リーディング・スペクタクル『下町日和』(2006,2007年)

写真集

 少女の行方(1991年、東京書籍) 撮影:安珠 ISBN 4487752280
 わたし(1996年、ぶんか社) 撮影:伊藤隼也 ISBN 9784821121229
 PARIS HOLLYWOOD(1996年、ぶんか社) 撮影:小野麻早 ISBN 9784821120741
 メタモルフォーゼ(1997年、竹書房) 撮影:渡辺達生 ISBN 9784812403471

外部リンク

 オフィスASOBO
 高橋かおり a lingering scent - 本人による公式ブログ




 
2009/12/01

岩松 了

Category : 俳優
岩松 了
(いわまつ りよう、1952年3月26日 - )



日本の劇作家、演出家、俳優、映画監督。

来歴・人物

長崎県川棚町出身。長崎県立川棚高等学校卒業。東京外国語大学外国語学部ロシア語学科中退。
自由劇場、東京乾電池を経て、現在は鈍牛倶楽部に所属している。
1989年、『蒲団と達磨』で岸田国士戯曲賞、1993年紀伊國屋演劇賞、1998年『テレビ・デイズ』で読売文学賞受賞。

主な作品
映画

出演

ファンシイダンス(1989年)
無能の人(1991年)
バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ 第二話「カラダだけの男」(1991年)
死んでもいい(1992年)
ヌードの夜(1993年)
119(1994年)
GONIN(1995年)
SF サムライ・フィクション(1998年)
犬、走る(1998年)
コキーユ ~貝殻~(1999年)
おしまいの日。(1999年)
連弾(2001年)
ハッシュ!(2001年)
木更津キャッツアイ 日本シリーズ(2003年)
ゼブラーマン(2004年)
死に花(2004年)
キューティーハニー(2004年)
亀は意外と速く泳ぐ(2005年)
真夜中の弥次さん喜多さん(2005年)
イン・ザ・プール(2005年)
夢の中へ(2005年)
ダメジン(2006年)
図鑑に載ってない虫(2007年)
無花果の顔(2007年)
転々(2007年)
となり町戦争(2007年)
インスタント沼(2009年)

監督

バカヤロー!2 幸せになりたい。 第三話「新しさについていけない」(1989年)
お墓と離婚(1993年)
たみおのしあわせ(2008年)

その他

異常の人々~伝説の虹の三兄弟~ (1992年 原作)
東京日和 (1998年 脚本 日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞)

テレビドラマ

刑事ヨロシク(1982年、脚本)
いつか見た空(1996年、脚本)
恋のためらい(1997年、脚本)
天うらら(1998年、出演(施主役))
日曜日は終わらない(1999年、脚本・出演)
ロケット・ボーイ(2001年、出演(松井佐助役))
私立探偵 濱マイク(2002年、監督・脚本・出演)
ホーム&アウェイ (テレビドラマ)(2002年、出演(第7話、長谷川役)
怪談百物語(2002年、出演(第11話))
夜逃げ屋本舗(2003年、ゲスト出演(第4話))
ブラックジャックによろしく (2003年、出演(第4話、店主役))
マンハッタンラブストーリー (2003年、出演)
砦なき者(2004年、出演(多島芳之役))
冗談でしょッ!離婚予定日(2004年、出演(沢田一郎役))
ママ!アイラブユー(2005年、脚本・出演(小宮山勝役))
スローダンス(2005年、出演(日下部正一役))
時効警察(2005年、監督・脚本・出演(時効管理課長・熊本役))
のだめカンタービレ(2006年、出演(のだめの父・野田辰男役))
帰ってきた時効警察 (2007年、出演(時効管理課長・熊本役))
あしたの、喜多善男~世界一不運な男の、奇跡の11日間~(2008年、出演(江端達夫役))
絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット~(2008年、出演(井沢芳春役))
監査法人(2008年、出演 (須賀室長役))
超人ウタダ(2009年、出演)
天地人(2009年、出演 (真田昌幸役))
官僚たちの夏(2009年7月、TBS)
深夜食堂(2009年11月、TBS)

テレビバラエティー

ザ!世界仰天ニュース(2009年、日本テレビ)

CM

エスビー食品 鈴木くん・佐藤くん(1985年、出演) ※佐藤くん役の生徒を「やるねぇ~」と褒める教師役
P&G ファブリーズ(2001~2004年、出演)
大同生命(2004年)
KINCHO 蚊に効くカトリス・うたぐり深い目編(2008年、出演)
独立行政法人日本スポーツ振興センター スポーツ振興くじ totoBIG BIGの神様(2009年、神D役)

オリジナルビデオ

監督

バカヤロー! V エッチで悪いか 第一話「真夜中のブレックファースト」(1994年)

演劇

こわれゆく男(1993年 作・演出)
月光のつゝしみ(1994年 作・演出)
テレビ・デイズ(1996年 作・演出)
虹を渡る女(1998年 作・演出)
水の戯れ(1998年 作・演出)
悪戯(2000年 作・演出)
グレープフルーツちょうだい(2000年 出演)
隠れる女(2000年 作・演出)
夏ホテル(2001年 作・演出)
嵐が丘(2002年 脚本・演出)
「三人姉妹」を追放されしトゥーゼンバフの物語(2002年 作・演出)
月光のつ丶しみ(2002年 作・演出)
シブヤから遠く離れて(2004年 作)
アイスクリームマン(2005年 作・演出)
隣りの男(2005年 作・演出)
マテリアル・ママ(2006年 作・演出)
船上のピクニック(2007年 作)
シェイクスピア・ソナタ(2007年 作・演出)
死ぬまでの短い時間(2007年 作・演出)
恋する妊婦(2008年 作・演出)

著書

蒲団と達磨 白水社, 1989
お茶と説教 無関心の道徳的価値をめぐって 而立書房, 1989
台所の灯 人とその一般性の徴候に寄せて 而立書房, 1989
恋愛御法度 無駄と正直の劇的発作をめぐって 而立書房, 1989
隣りの男 戯曲集 而立書房, 1992
市ケ尾の坂 伝説の虹の三兄弟 而立書房, 1994
アイスクリームマン 中産階級の劇的休息 而立書房, 1994
スターマン・お父さんのお父さん ペヨトル工房, 1995
月光のつゝしみ 而立書房, 1996
恋する妊婦 而立書房, 1996
恋のためらい ベネッセコーポレーション, 1997
映画日和 竹中直人 マガジンハウス, 1997
傘とサンダル ポット出版, 1998
テレビ・デイズ 小学館, 1998
五番寺の滝 ベネッセコーポレーション, 1998
鳩を飼う姉妹 而立書房, 1999
赤い階段の家 F.シューベルト「死と乙女」第二楽章をめぐって 而立書房, 1999
食卓で会いましょう ポット出版, 1999
水の戯れ ポット出版, 2000
夏ホテル ポット出版, 2003
シブヤから遠く離れて ポット出版, 2004
「三人姉妹」を追放されしトゥーゼンバフの物語 ポット出版, 2006
マテリアル・ママ ポット出版, 2006


外部リンク

* 鈍牛倶楽部によるプロフィール

ボクらの時代 中村獅童×荒川良々×岩松了


岩松 了出演CM toto BIG

 
2009/12/01

音尾琢真

Category : 俳優
音尾琢真
(おとお たくま、1976年3月21日 - )




日本の俳優、タレント。北海道旭川市出身。CREATIVE OFFICE CUE所属。北海道旭川西高等学校(北海道立)、北海学園大学人文学部卒業。森崎博之は高校の先輩に当たる。

役者としての経歴

他のNACSメンバーと同様に北海学園大学在学中に演劇研究会に所属。
TEAM-NACS公演のほかに、劇団イナダ組団員として舞台に立っている。
鈴井貴之監督作品の映画「river」では、小学校時代いじめられっ子だったエリートサラリーマンの役を好演。
HTB開局35周年記念に行われた水曜天幕團「蟹頭十郎太」では2役を熱演。
2005年5月にはNHKで放送された終戦60年スペシャルドラマ「望郷」(関口知宏主演)で、TEAM-NACSメンバー初のNHKドラマ出演を果たした。
o この撮影のときに頭を坊主にしたため、同時期に撮影された北海道新聞のCMや最初のころの「COMPOSER」では短髪である。
2005年8月26日から9月30日まで連続6回放送のNHK金曜時代劇 「秘太刀 馬の骨」に出演した。
2005年11月23日にはテレビ朝日系連続ドラマ「相棒」にゲスト出演。犯人の巡査役として出演した。
2006年『Physical Theatre“ØEN I ØST”(ウーエン・イ・ウースト)~THE ISLAND IN THE EAST~』に安田顕とともに出演。
2006年夏舞台『しあわせのつぼ』に出演
2007年夏舞台『GHOOOOOST!』(佐藤重幸脚本)に佐藤重幸とともに出演
2007年秋、フジテレビ系連続ドラマ「暴れん坊ママ」に大泉洋と共に出演。(小南学役で第2話より登場)
2008年冬、日本テレビ系連続ドラマ「貧乏男子 ボンビーメン」にチャぎー(小茶切譲)役で出演。
2009年夏地球ゴージャスプロデュース舞台『星の大地に降る涙』に出演
2009年公開「銀色の雨」に出演
2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」に望月亀弥太役として出演が決定した。

特徴

高校在学中は新体操部に所属。
o しなやかな肉体はそのころに形成されたものと見られる。但し、大会などの成績はそれほど良くなかった。(大会の演技でこん棒を投げ、受け止められないシーンなどが公表されている。)
o 雅楽戦隊ホワイトストーンズ最終章では、顔出し(=スタントが不可能)の「ポプラーマン」を好演。企画者の鈴井によれば「音尾くんなら顔が出ても大丈夫だから」とのこと。実際に撮影ではトランポリンを使用したバック転などを軽々とこなし、鈴井の期待にしっかり応えた。
o ダンス能力はTEAM-NACS随一で、HTB「ドラバラ鈴井の巣」第7回作品「なんてったってアイドル!」では曲中のダンスをただ一人完遂。
o 「ドラバラ鈴井の巣」の「マッスルボディは傷つかない」では見事な肉体も披露。「ハッスルマッスルブギ」の振り付けも担当。(深夜の振り付け指導で発見されたものだが、肉体的疲労を上回ると、よだれが止まらなくなるらしい。)
o ジャンボリー(CUE DREAM JAM-BOREE)限定アイドル、TEAM★NACSの楽曲「ナックスハリケーン」「捻挫した君」などの振り付けも音尾によるものである。
o onちゃん(安田顕)と同じく、noちゃんのスーツアクターを務めている。
「目が離れている」、「サカナ」、「オパンポ」、「音尾にしてはよくできた」といじられる。
o オパンポとは、ハナタレナックスにて「水中で何を言っているのかを当てるクイズ」が行われた際に、「One for all All for one」を聞こえたまんま「オパンポポンポンパン」と答えた事から名づけられた。
o 本人曰く、目と目の間は4.2cmらしい。ラジオで正式に計測されて「4.2cm」が認められて、本人は大喜びした。ちなみに離れ目に最初に気付いたのは大泉洋。
o 素晴らしい世界やAIR DOのオーディオチャンネル等において、「目と目の間は離れていても、あなたの心は離さない」と自らの離れ目をネタにしている。これは水曜どうでしょうでのNACS出演ドラマ四国R-14の事前番組の内で大泉洋が音尾を紹介する際に言った「目と目の間は離れていても、ファンの心は離さない!音尾 琢真クンです」からとっている。
o 音尾のファンは大泉ファンの別名「子猫ちゃん」に対抗して「小魚ちゃん」と呼ばれている。
o その後、FAN TANに対抗して森崎博之と結成したユニット「おむすび」の企画でケアンズに行った際に美しいバンジージャンプを飛んでからは「オパンポ」と「音尾にしては~」は返上した模様。
幼少時代の頃は、純粋な子供だったらしく、テレビで流れる生理用ナプキンのCMを見て「これはオムツって事だよな・・・?」と、勘違いをし、学校でクラスメイトの女子に「ねえ、ねえ、女の子ってオムツいるの?」と訊いた事がある。しかも、当時中学生だったらしく、訊かれた女子はドン引きをしたらしい。
愛猫の裕次郎を非常に可愛がっており、『チビナックス』シリーズでキャラクター化し出演した事で北海道やその他の地域で知名度が上がる。しかし『チビナックス』シーズン3放映開始直後の2008年6月に老衰で亡くなっている。
仕事が休みの時には、オートバイに乗って道内をツーリングしている。

主な出演作品
ドラマ

「終戦60年スペシャルドラマ 望郷」(2005年5月7日)-海老原少尉 役
NHK金曜時代劇「秘太刀 馬の骨」(2005年8月26日 - 9月30日、NHK総合)- 飯塚孫之丞 役
「相棒season4」(2005年、EX)- 第7話「波紋」ゲスト、下薗司 役
「土曜プレミアム 仕掛人・藤枝梅安」(2006年11月4日、フジテレビ)- お百姓 役
「奇跡の夫婦愛スペシャル 虹を架ける王妃~朝鮮王最後の皇太子と方子妃の物語~ 」(2006年11月24日、フジテレビ)- 留学生 役
「暴れん坊ママ」(2007年10月16日~12月18日、フジテレビ)- 小南学 役
「トリハダ~夜ふかしのあなたにゾクッとする話を「ネック」」(2007年9月27日)
「貧乏男子 ボンビーメン」(2008年1月15日~3月11日、日本テレビ)- チャぎー 役
白い貧乏男子(貧乏男子 ボンビーメンスピンオフ)出演(第2日本テレビ、本編放送終了後)- 小茶切譲(チャぎー) 役
「スミレ16歳!!」(2008年4月13日~6月29日、BSフジ)- オヤジ(仮) 役
「ヒットメーカー 阿久悠物語」(2008年8月1日、日本テレビ)- ピンク・レディーのマネージャー 役
「子育てプレイ」(2009年4月8日~6月24日、MBS)- 第7話「初めてのユウタ」ゲスト、柳田カメラマン 役
「深夜食堂」(2009年10月~、毎日放送)- 第6話「カツ丼」ゲスト、カッちゃん 役
「大河ドラマ 龍馬伝」(2010年1月3日、NHK)- 望月亀弥太 役

バラエティ

「水曜どうでしょう」(1996年10月9日 - 2007年3月14日、HTB)- noちゃん 役、その他
「TOYOTA BIG AIRがやって来た!」(1998年1月、HTB)
「旅コミ北海道」(1998年4月~)- 不定期出演
「ドラバラ鈴井の巣」(2003年1月31日~、HTB)- 準レギュラー
「ハナタレナックス」(2003年1月31日~、HTB)
「ぽっぷこ~んシネマ」(2004年5月~2006年9月)- 2代目レギュラー
「FOMA Presents 9!」(2004年7月~2005年3月)
「素晴らしい世界」(2006年11月2日~、HTB)

舞台

TEAM NACS、並びに劇団イナダ組としての出演は、それぞれの項目を参照

「Physical Theatre "ØEN I ØST"(ウーエン・イ・ウースト)~THE ISLAND IN THE EAST~」(2005年)- ハンス 役
「しあわせのつぼ」(2006年)- 立花孝一 役
TEAM NACS SOLO PROJECT「GHOOOOOST!!」(2007年)
「LOVE LETTERS 2008 Christmas Special」(2008年)
「地球ゴージャスプロデュース公演Vol.10 『星の大地に降る涙』」(2009年)
「大宮エリープロデュース公演 「SINGER5」 酒とタバコと男と男」(2009年)

映画

「river」(2003年)
「ハウルの動く城」(2004年)
「アフタースクール」(2008年)
「銀色の雨」(2009年) - 草野和紀 役

ラジオ

「サンデーパラダイス」(1999年4月~2001年4月、STVラジオ)
「NACS GOTTA ME!」(2001年1月8日~2005年9月24日、AIR-G')
「喜瀬ひろしのときめきワイド」(2003年4月~10月、STVラジオ)- レポーター
「土曜タクマ劇場」(2002年4月6日 - 10月5日、STVラジオ)
「音尾琢真のアタヤンPUSH!」(2002年10月11日~2006年3月31日、STVラジオ)
スカイオーディオ「Scene from Hokkaido ~北の空より~」(2005年12月1日~、北海道国際航空)
「音尾琢真のアタックヤング」(2006年4月7日~、STVラジオ)

出演CM

「NTTドコモ北海道」-さっぽろ地下街でEdyスタート、佐藤と共演
「北海道新聞」
「サントリー」-BOSS、北海道のみ
「じゃらん」-森崎と2人で出演
日清「やきそばできました。」-森崎、安田と共演
レイトン教授と悪魔の箱(2007年11月29日、レベルファイブ制作、ニンテンドーDS)- ナレーター(出題者)

外部リンク

CREATIVE OFFICE CUEオフィシャルサイト
アタックヤング
土曜タクマ劇場

ナックスの春きたれり!音尾琢真 メッセージ
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。