--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/11/24

小雪

Category : 女優
小雪
(こゆき、1976年12月18日 - )
小雪


神奈川県座間市出身の日本の女優。本名加藤 小雪(かとう こゆき)。スノー所属(エイベックスがスノーと専属契約することでマネジメント業務を実施[2]、フラームと共同プロデュース)

姉は歌手の弥生。


人物・略歴
こゆき
小雪 プロフィール
生年月日 1976年12月18日
現年齢 32歳
出身地 神奈川県座間市
血液型 O
公称サイズ(1999年時点)
身長 / 体重 170 cm / 48 kg
BMI 16.6(低体重)
スリーサイズ 83 - 58 - 85 cm
靴のサイズ 25 cm
単位系換算[表示]
身長 / 体重 5′ 8″ / 106 lb
スリーサイズ 33 - 23 - 33 in
活動
デビュー 1995年 -
ジャンル ファッション、広告
モデル内容 一般
その他の記録
non-no専属モデル
モデル: テンプレート - カテゴリ

* 1995年、高校3年の時に、ファッション雑誌『non-no』の読者モデルに応募し、同誌専属モデルとなる。後に看護学校へ進むも、モデル業に専念するため中途退学する。
* 1998年、テレビドラマ『恋はあせらず』のヒロインに抜擢される。以降、ドラマや映画、CM等多数メディアに出演。
* 2000年、パリ・コレクションにファッションモデルとして参加。翌年以降も参加を続けている。
* 2002年、日本フォーマルウェア協会より第3回ベストフォーマリスト受賞。
* 2003年、米国映画『ラストサムライ』で日本を代表する女優として名を知られることになる。同年、第75回アカデミー賞授賞式の案内役(司会)を努める。
* 2004年、2004年度エランドール賞新人賞、第7回日刊スポーツドラマ大賞助演女優賞、第12回日刊スポーツ映画大賞主演女優賞、と立て続けに受賞する。 また同年、日本人女優としては初めてリーバイスのイメージキャラクターに起用される。
* 2005年から、グローバルな貧困根絶キャンペーン「ほっとけない世界のまずしさキャンペーン」に参加。

本名の由来は、「出生時、座間市に小雪が降っていた」、「親が尊敬していた方の名前から頂いた」、「生まれたとき雪のように肌が白かった」と、幾つかあるよう。(すべて本人談)

出身校は相武台幼稚園、座間市立相武台東小学校、座間市立座間中学校、神奈川県立伊勢原高等学校、東京女子医科大学看護専門学校中退。

市立座間中学校時代はテニス部に所属し、県立伊勢原高校時代はバレーボール部に所属。バレーボールでインターハイにも出場するが、高校2年の終わりに腰を痛め選手生活を断念する。
出演
映画

* ケイゾク(2000年、堤幸彦 監督) - 霧島七海 役
* 飛ぶ~こんな夢を見た(2000年、黒澤明 原作(『夢』)、樋口真嗣 監督)※劇場未公開
* 回路(2001年、黒沢清 監督) - 唐沢春江 役
* Laundry(ランドリー) (2002年、森淳一 監督)
* ラストサムライ(2003年、エドワード・ズウィック 監督) - たか 役
* スパイ・ゾルゲ(2003年、篠田正浩 監督) - 山崎淑子 役
* ALIVE (2003年、北村龍平 監督) - 三枝明日香 役
* Jam Films S「ブラウス」(2003年、石川均 監督)
* 嗤う伊右衛門(2004年、蜷川幸雄 監督) - 岩 役
* ALWAYS 三丁目の夕日(2005年、山崎貴 監督) - 石崎ヒロミ 役
* ゲゲゲの鬼太郎(2007年、松竹) - 天狐 役
* ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007年、山崎貴 監督) - 石崎ヒロミ 役
* BLOOD THE LAST VAMPIRE(2009年5月29日公開、ロニー・ユー監督)
* わたし出すわ (2009年秋公開予定、森田芳光 監督) - 主演・山吹摩耶 役
* カムイ外伝 (2009年9月19日公開予定、崔洋一監督) - スガル 役
* 僕の好きな人(2009年公開予定、平山秀幸 監督) - 主演・辻内美智代 役

舞台

* 天国の本屋(2002年、銀座博品館劇場)※初舞台で主演

テレビドラマ

* 恋はあせらず (1998年、フジテレビ) - 有村麗 役
* タブロイド(1998年、フジテレビ) - アキ 役
* ここでキスして。(1999年、日本テレビ) - リサ 役
* コワイ童話 第2話「人魚姫」(1999年、TBS) ※主演
* クリスマススペシャル Lucky(ラッキー)(1999年、名古屋テレビ)※主演
* 恋愛結婚の法則(1999年、フジテレビ) - 林遥 役
* ビューティフルライフ (2000年、TBS) - さつき 役
* 伝説の教師 (2000年、日本テレビ系、第9) - 斎藤アヤ 役
* 池袋ウエストゲートパーク (2000年、TBS) - 松井加奈 役
* ラブコンプレックス (2000年、フジテレビ) - 蜷川キイコ 役
* お前の諭吉が泣いている(2001年、テレビ朝日) - 石橋茜 役
* 恋がしたい×3 第1.2.8.9話(2001年、TBS)
* イタリア通(2001年、フジテレビ)
* ムコ殿 第5話(2001年、フジテレビ) - 遠山千鶴 役
* アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~(2001年、フジテレビ) - 飯塚桃子 役
* 真夜中は別の顔(2002年、NHK) - 倉田香織 役
* 天体観測(2002年、関西テレビ) - 沢村美冬 役
* サイコドクター 第8話(2002年、日本テレビ)
* LOVERS 恋愛アンソロジー ~キャメルのコートを私に~(2003年、TBS) - マサコ 役
* きみはペット(2003年、TBS) - 巌谷スミレ 役 ※連続ドラマ初主演
* 末っ子長男姉三人(2003年、TBS) - 柏倉幸子 役
* 僕と彼女と彼女の生きる道(2004年、関西テレビ) - 北島ゆら 役
* 僕と彼女と彼女の生きる道スペシャル(2004年、関西テレビ)
* エンジン(2005年、フジテレビ) - 水越朋美 役
* 愛と死をみつめて(2006年、テレビ朝日) - 河野潤子 役
* 佐々木夫妻の仁義なき戦い(2008年、TBS) - 佐々木律子 役
* MR.BRAIN 第2話(2009年、TBS) - 宮瀬久美子 役
* フジテレビ開局50周年記念ドラマ 不毛地帯(2009年10月 -2010年3月、フジテレビ) - 秋津千里 役

ドキュメンタリー・情報・バラエティ

* 困ったひとびと(2000年、フジテレビ)
* 仕立屋工場~Desiners Factory~(2000年、フジテレビ)
* うなぎのぼり研究所(2000年、フジテレビ)
* ファッション通信(2001年、テレビ東京)
* 決定版!夏目雅子(2001年、TBS)
* ポートレイト(2002年、毎日放送)
* できたてGopan(2002年、テレビ長崎)
* NBC特報特番(2002年、長崎放送)
* 新ドラマ七夕まつりスペシャル(2002年、フジテレビ)
* 2時ドキッ!(2002年、関西テレビ)
* 地球に好奇心(2002年、NHK-BS2)
* 深夜の星(2003年、TBS)
* いのちの響(2003年、TBS)
* F2(2003年、フジテレビ)
* VOICE(2004年、毎日放送)
* おはよう朝日です(2004年、朝日放送)
* 映画王(2004年、東海テレビ)
* どですか!(2004年、名古屋テレビ)
* 晴れどきドキ晴れ(2004年、中部日本放送)
* 誕生ムービープラス、はじまるよ!! (2004年、CSN1ムービーチャンネル)
* HAPPY Xmas SHOW~今夜限りの音楽ワンダーランド!!2004 (2004年、日本テレビ)
* 地球45億年の奇跡(2004年、フジテレビ)※ナレーション出演
* さんまのまんま(関西テレビ)
* はなまるマーケット(TBS)
* 王様のブランチ(TBS)
* ドリーム・プレス社(2008年、TBS)
* SMAP×SMAP(2008年、関西テレビ・フジテレビ)※姉の弥生と「BISTRO SMAP」に出演
* 恋人たちの幻想曲(2009年、NHK-BS2)※朗読
* 桑田佳祐の音楽寅さん ~MUSIC TIGER~(2009年8月24日、フジテレビ)

ラジオ

* 加藤晴彦の@llnightnippon.com(2001年、ニッポン放送)
* HOLIDAY SPECIAL ACTIVE&FRESH ENERGY(2001年、FM-FUJI)
* サタデーウェイティングバー(2002年、TOKYO FM)
* e'NITE(2003年、TBSラジオ)
* ストリーム(2003年、TBSラジオ)
* 紺野まひるのKampo Urban Weekend(2005年、TOKYO FM)

インターネット

* ELLE ON LINE(Internet)(2002年)※BMWタイアップ
* ブロードバンドムービー「it」(2004年、アンドリュー・ハーダウェイ監督、ACT1配信)※主演

その他 

* 短篇キネマ 百色眼鏡(椎名林檎DVD短編キネマ) (2003年)※主演
* NTTドコモ 「iモード メロディーコール」(2003年)
* PS2 「ドラッグオンドラグーン2」(2005年)-マナ役 ※初の声優出演

CM、企業広告

* カネボウ化粧品 「テスティモII」メタルクラッシュアイズ(1997年)
* 資生堂 「UVホワイト」(1998年)
* 日本コカ・コーラ 「爽健美茶」(1998年)
* 花王 「カリテ」(1999年、2000年)
* 明治製菓 「キシリッシュ」「銀座スィート」(1999年) / 「バランスバンズ」(2000年) / 「パーフェクトプラス」(2001年)
* オーエムエムジー 「O-net」(2000年)
* NTTコミュニケーションズ 「インフォスフィア」(2000年)
* イマージュ 「シムリー」(2000年)
* 日本経済新聞社 企業イメージ広告(2001年 - 2003年)
* 久光製薬 「ライフセラ」(2002年)
* 任天堂 「ゲームボーイアドバンス 逆転裁判2」※(2002年) ※発売元はカプコン
* P&G 「ウィスパー」(2002年 - 2005年)
* サントリー 「純生」(2002年) / 「マカディア」(2004年、2005年)「角瓶」(2007年 - )
* 日立マクセル「DVD」(2003年)
* 第一製薬 「システィナC」(2003年 - 2005年)
* 財務省 「個人向け国債」(2003年 - 2005年)
* 永谷園 「あさげ」(2003年)/「おすすめ茶づけ」「お茶づけ海苔」(2004年)
* リーバイス イメージキャラクター(2004年)
* 明治乳業 「彩-Aya-」(2004年)
* Panasonic 「VIERA」(2004年 - ) / 「DIGA」(2006年 - )
* 中部電力 「エコキュート」(2005年-)
* ディップ イメージキャラクター(2005年)
* オンワード樫山 「エニィスィス」「エニィファム」(2005年)
* トヨタ自動車 「アイシス」(2005年、2006年)
* マックスファクター 「SK-II」(2005年-)
* ボシュロム 「レニュー」「メダリスト」(2006年-)
* UNITEDROOMS イメージキャラクター(2006年)

書籍

* 講談社『FRau』にコラム連載
o 「小雪スローライフ美人」(2003年)
o 「小雪 キュリアスな毎日」(2005年)
* 小学館『Precious』表紙固定モデル(2004年 - )

その他

2002年、ドラマ『天体観測』で共演した俳優坂口憲二との交際が報じられ、ワイドショーを度々賑わせた。人気絶頂の俳優同士によるその交際は仲睦まじい海外旅行までに進展し、業界筋では「結婚秒読みか」とまで囁かれていた。しかし、「30歳までに結婚したい」と口にしていた坂口と、結婚願望が薄く女優業の可能性にかける小雪との間に価値観の相違が生じ、2005年10月に双方の所属事務所により交際の終焉が発表された。



スポンサーサイト
 
2009/11/24

橋爪功

Category : 俳優
橋爪 功
(はしづめ いさお、1941年9月17日 - )

橋爪功


大阪市東住吉区出身の日本の俳優。身長168cm、体重63kg。O型。大阪府立天王寺高等学校から転入し、東京都立青山高等学校卒業。青山高校の同級生にはザ・ドリフターズの仲本工事がいた。福岡ソフトバンクホークスの大ファン(南海ホークス時代からのファン)。俳優のなかには「はしづめ こう」と呼ぶ者もある。演劇集団 円代表。

人物

1961年、文学座附属演劇研究所の1期生に応募し合格。同期には岸田森、草野大悟、寺田農、樹木希林、小川眞由美、北村総一朗がいた。1963年、文学座を離れ劇団雲に参加する。1974年、尊敬する芥川比呂志演出の舞台『スカパンの悪だくみ』で関西弁でスカパンを演じ、この仕事が俳優としての転機となり一躍演劇界のスターとなる。

1975年、芥川、仲谷昇、岸田今日子、有川博らとともに、演劇集団 円の創立に参加。以降も所属する円を中心に、舞台活動を続けている。2006年、前代表の仲谷昇の死後、円の代表となる。野田秀樹との二人芝居『し』や、椎名桔平と共演の『レインマン』など、外部出演も多い。また、テレビドラマ『青春家族』のロケで静岡県土肥町(現伊豆市)を訪れて以来、演劇集団 円のメンバーや地元の住民たちとともに、年に1回同町で「菜の花舞台」という野外演劇を行っている。

テレビドラマでは、連続ドラマ、2時間ドラマ問わずに出演し、主役から脇役まで幅広く演じ分ける。若いころは脇役専門の出演で、70年代 - 80年代は個性派の悪役としても活躍した。主役を演じるようになったのは50代に入ってからである。2006年のTBS『日曜劇場』では、『輪舞曲』(1月 - 3月)、引き続き同枠の『おいしいプロポーズ』(4月 - 6月)に出演。日曜劇場連投は稀なケースである。

ドラマ『カミさんの悪口』・『カミさんなんかこわくない』・『鹿鳴館』などで、田村正和と多数共演している。映画『善人の条件』、ドラマ『ずっとあなたが好きだった』『スウィート・ホーム』『京都迷宮案内』・『新・京都迷宮案内』(無印から9シリーズ連続共演)『笑う三人姉妹』など、多く共演している野際陽子との交流も深い。『夫婦道』(2007年)では、17年ぶりに武田鉄矢と共演した(以前の共演は1990年の『3年B組金八先生』)。

最初の妻と離婚後に、舞台で共演した小川眞由美と婚約。籍を入れないまま同棲していたが(事実婚)、数年後に婚約を破棄し別れている。

2度目の妻との間にできた息子の橋爪遼も俳優。

コミカルな役から、シリアスな役まで幅広く演じることのできる、ドラマや映画において欠かせない貴重な俳優である。海外ドラマの吹き替えや、中学校国語科教科書音声教材CD(光村図書版)での魯迅『故郷』の朗読などもこなし、表現力には定評がある。
作品
テレビドラマ

NHK

* 大河ドラマ
o 源義経 (1966) - 頼朝の家来 役
o 武田信玄 (1988) - 真田幸隆 役
o 八代将軍吉宗 (1995) - 室鳩巣 役
o 武蔵 MUSASHI (2003) - ナレーション
* 連続テレビ小説
o 青春家族 (1989) - 阿川久司 役
o 君の名は (1991) - 加瀬田修造 役
o すずらん (1999) - 常盤次郎・明日萌駅駅長 役
* 赤ひげ 第18話「病人長屋東一番」 (1973)
* 男たちの旅路 第2部 (1977) - 大沢司令補 役
* ドラマ人間模様 追う男 (1986)
* 土曜ドラマ
o 十九歳 (1989) - 教師・大野 役
o 妻よ(1994年)
o 監査法人 (2008) - 監査法人理事長・篠原勇蔵 役
* 銀行 (1994) - 業務本部長 役
* 金曜時代劇→土曜時代劇
o 夢暦長崎奉行 (1996) - ナレーション
o お登勢 (2001) - 加納市左衛門 役
* 冬の蛍 (1997)
* 新・花へんろ (1997)
* 結婚前夜 (1998) - 高杉楯夫 役
* 正月時代劇 四千万歩の男・伊能忠敬 (2001) - 伊能忠敬 役
* 月曜ドラマシリーズ
o 結婚泥棒 (2002) - 主演・板倉英一郎 役
o 菊亭八百善の人びと (2004) - 楠木茂一 役
* 笑う三人姉妹 (2005) - 松岡幸平 役
* 海峡 - 市岡礼三 役

日本テレビ

* 太陽にほえろ!
o 第103話「狼を見た少年」 (1974) - 谷内常夫 役
o 第205話「ジョーズ探偵の悲しい事件簿」 (1976)
o 第255話「本日多忙」 (1977) - 中原 役
o 第266話「逃亡者」・第267話「追跡者」 (1977) - 久門修 役
o 第320話「翔べないカナリヤ」 (1978) - スナック「ルナ」マスター 役
* 大都会 闘いの日々 第20話「週末」 (1976)
* いろはの"い" 第7話「同棲」 (1976) - 売春組織の男 役
* 熱中時代 第8話「危険な関係プレイバック」 (1978) - 山本 役
* 俺たちは天使だ! 第1話「運が悪けりゃ死ぬだけさ」 (1979)
* 火曜サスペンス劇場
o 「空白の実験室」(1986年5月)
o 「弁護士・高林鮎子」シリーズ (1986-2005) - レギュラー・竹森慎平 役
o 「松原完治お金ちょうだい致します」 (2004) - 主演・松原完治 役
* はだかの刑事 (1993) - 田村太助捜査課長 役
* たたかうお嫁さま (1995) - 安田正一 役
* 87% (2005) - 宇月寅蔵 役
* DRAMA COMPLEX
o 私が私であるために (2006) - 朝比奈誠一 役

TBS

* ザ・ガードマン
o 第34話「ダイヤモンド作戦」 (1965)
o 第43話「顔の消えた男」 (1966)
o 第57話「危険を買う男」 (1966)
o 第134話「影なき殺人命令」 (1967)
o 第167話「停年殺人」 (1968)
o 第172話「怪談殺人鬼ホテル」 (1968)
o 第206話「新婚旅行は地獄へどうぞ」 (1969)
o 第229話「怪談・私と同じ顔の幽霊」 (1969)
o 第294話「ハレンチ奥さんの完全犯罪」 (1970)
o 第327話「ショック! 雨の夜は死人が舞う」 (1971)
* 楠木正成 怒濤日本史(1966年,MBS制作)寺山修司脚本
* 新帰朝者(1968年,MBS制作)永井荷風原作、遠藤周作脚本
* キイハンター 第202話「サイコロGメン 御用旅」 (1972)
* 宇宙鉄人キョーダイン 第32話「その正体は?! 恐ろしくステキな先生」 (1976,MBS制作) - デスガッター 役
* 拳骨にくちづけ (1981)
* 茜さんのお弁当 (1981) - 野田治夫 役
* 淋しいのはお前だけじゃない (1982) - 小川靖 役
* モモ子シリーズ
o 聖母モモ子の受難 (1983)
o スキャンダル黙示録 (1985)
o 芸者モモ子の復活 (1989)
o 最後の審判 (1997)
* 3年B組金八先生3 (1988)
* スティル・ライフ (1989)
* 結婚したい男たち (1991) - 牛島勉 役
* ずっとあなたが好きだった (1992) - 西田常雄 役
* ティファニーで朝食を (1992)
* 愛するということ (1993) - 月村宗三郎 役
* 月曜ドラマスペシャル→月曜ミステリー劇場→月曜ゴールデン
o 刑事・野呂盆六 - 主演・野呂盆六 役
+ (1) 完全犯罪の女 (1993)
+ (2) 殺意のマリア (1994)
o 森村誠一サスペンス・フォトグラファー桜井美由紀 - 重金俊之 役
+ (1) 夜の虹 (1996)
+ (2) 死都物語 (1997)
+ (3) 暗黒凶像 (1998)
o 横山秀夫サスペンス
+ 沈黙のアリバイ (2002)
+ 第三の時効 (2003)
+ 密室の抜け穴 (2003)
+ ペルソナ-偽りの微笑 (2004)
+ 囚人のジレンマ (2004)
+ モノクロームの反転 (2005)
o そうか、もう君はいないのか (2009) - 武田 役
* カミさんの悪口 - 茂木修二郎 役
o カミさんの悪口 (1993)
o カミさんの悪口2 (1995)
* スウィート・ホーム (1994) - 宮坂武雄 役
* 父系の指 (1995)
* 私はニュースキャスター 迷惑でしょうが (1995)
* 今夜もテレビで眠れない (1995)
* 金曜ドラマ 愛していると言ってくれ (1995) - 榊伸吉 役
* 東芝日曜劇場 カミさんなんかこわくない (1998) - 神戸保 役
* あきまへんで! (1998) - 中田康弘 役
* 嫁はミツボシ。 (2001) - 新庄政吉 役
* ナショナル劇場 こちら本池上署 - 青柳副署長 役
o 第1シリーズ (2002)
o 第2シリーズ (2003)
o 第3シリーズ (2004)
o 第4シリーズ (2004)
o 第5シリーズ (2005)
* 新しい風 (2004) - 延岡良治 役
* 女系家族 (2005) - 大野宇市 役
* 日曜劇場
o 輪舞曲 (2006) - 宋圭煥 役
o おいしいプロポーズ (2006) - 葛城道造 役
* 夫婦道 - 中森修造 役
o 夫婦道 (1) (2007)
o 水曜劇場 夫婦道 (2) (2009)
* あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機 (2008)- 東郷茂徳 役
* スペシャルドラマ「花祭」(2009年10月3日、CBC/TBS) - 白山宝介 役

フジテレビ

* 恐怖劇場アンバランス 第4話「仮面の墓場」 (1973)
* 大空港 第11話「ライン河の追跡」 (1978)
* 影の軍団IV (1985,KTV制作)
* 夏家族 (1987)
* 熱くなるまで待って (1987)
* 女性作家サスペンス「攻撃は最低の防御」(1988)
* あいつがトラブル (1989) - 港街署長・水原万吉 役
* 日本一のカッ飛び男 (1990) - 西本久司 役
* 世にも奇妙な物語
o 復讐クラブ (1990)
o 逆探知 (1992)
o 笑う頭脳 (1995)
* 1970 ぼくたちの青春 (1991)
* 風車の浜吉捕物綴 (1992)
* サスペンス魔・迷い道 (1993,KTV制作) - 主演
* Days (1998) - 竹内克彦 役
* 剣客商売 - ナレーション
o 第1シリーズ (1998)
o 第2シリーズ (1999)
o 第3シリーズ (2001)
o 第4シリーズ (2003)
o 第5シリーズ (2004)
o スペシャル「助太刀」 (2004)
o スペシャル「母と娘と」 (2005)
o スペシャル「決戦・高田の馬場」 (2005)
o スペシャル「女用心棒」 (2006)
o スペシャル「春の嵐」 (2008)
* 金曜エンタテイメント→金曜プレステージ
o 主夫デカと猛妻鑑識官の夫婦事件帳 (1999) - 志摩勇次 役
o おもろい夫婦事件帖 (1,2) (2001)
o 滅びのモノクローム (2004) - 月森進之助 役
o ドクター小石の事件カルテ - 小石三郎 役
+ (1) 血痕 (2004)
+ (2) 検死 (2006)
+ (3) 毒薬 (2006)
+ (4) 劇薬 (2008)
+ (5) 毒炎 (2009)
* ショカツ (2000,KTV制作) - 鹿間義則警視正 役
* 帰らざる黄金の日々 南海ホークスへの鎮魂歌 (2004,KTV制作) - ナレーション
* 鬼平犯科帳スペシャル 山吹屋お勝 (2005) - 三沢仙右衛門 役
* 婚カツ! (2009,CX) - 桜田周五郎 役
* フジテレビ開局50周年記念ドラマ 不毛地帯 (2009年10月 -2010年3月、フジテレビ) - 谷川大佐 役

テレビ朝日

* 新選組血風録 第12話「紅花緒」 (1965) - 高田清作 役
* 部長刑事 (1975,ABC制作) - 爪部長刑事 役
* 特捜最前線 第8話「愛と復讐の銃弾」 (1977)
* 新ハングマン 第8話「代議士の自殺を演出する兄弟秘書」 (1983,ABC制作)
* 若大将天下ご免! 第7話「父よ、あなたは捕った!」 (1987) - 青木孫兵衛 役
* 暴れん坊将軍
o 第5シリーズ (1995) - 植木職人・弥平 役
o 第7シリーズ (1996) - 岡引仏の文吉 役
* 嫁の出る幕 (1994) - 中川重次 役
* 小児病棟・命の季節 (1996) - 岩尾道彦 役
* 女教師 (1998) - 長谷川淳平 役
* 木曜ミステリー
o 京都迷宮案内 - 主演・杉浦恭介 役
+ 第1シリーズ (1999)
+ 第2シリーズ (2000)
+ 第3シリーズ (2001)
+ 第4シリーズ (2002)
+ 第5シリーズ (2003)
o 新・京都迷宮案内 - 主演・杉浦恭介 役
+ 第1シリーズ (2004)
+ 第2シリーズ (2004)
+ 第3シリーズ (2006)
+ 第4シリーズ (2007)
+ 第5シリーズ (2008)
* 土曜ワイド劇場
o 新・赤かぶ検事奮戦記 (1994-2005) - 主演・柊茂 役
o 半落ち (2007) - 岩村刑事部長 役
o 天才刑事・野呂盆六 - 主演・野呂盆六 役
+ (1) スワンの涙 (2007)
+ (2) 母という名の罠 (2008)
+ (3) 復讐の天使 (2009)
+ (4) 母よ…… (2009)
* 忠臣蔵 (2004) - 荻生徂徠 役
* 名奉行! 大岡越前(2005・2006) - ナレーション
* 新春サスペンス特別企画・黒いバッグの女 (2006) - 主演・古川昭一 役
* ミヤコ蝶々ものがたり (2007) - 三遊亭柳枝 役
* 松本清張 点と線 (2007) - 警視庁捜査二課・笠井係長 役
* 黒澤明ドラマスペシャル・第一夜 天国と地獄 (2007) - 馬場栄 役
* 鹿鳴館 (2008) - 飛田天骨 役
* 忠臣蔵 音無しの剣 (2008) - 大石内蔵助 役
* テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル・落日燃ゆ (2009) - 佐藤賢了 役

テレビ東京

* 大江戸捜査網 第478話「仇討ち無情 親子の絶唱」(1981) - 渡海屋 役
* 竜馬がゆく (1982) - 清河八郎 役
* 女と愛とミステリー→水曜ミステリー9
o 旅行作家・茶屋次郎 - 主演・茶屋次郎 役
+ (1) 梓川清流殺人事件 (2001)
+ (2) 長良川殺人事件 (2002)
+ (3) 四万十川殺人事件 (2003)
+ (4) 熊野川殺人事件 (2004)
+ (5) 千曲川殺人事件 (2005)
+ (6) 伊豆狩野川殺人事件 (2006)
+ (7) 天竜川連続殺人事件 (2007)
+ (8) 渡良瀬川殺人事件 (2008)
o 和泉教授夫妻シリーズ - 主演・和泉直人 役
+ (1) 釧路湿原殺人事件 (2001)
+ (2) 湯布院殺人事件 (2002)
+ (3) 夏泊殺人岬 (2003)
o 指紋捜査官・塚原宇平の神業 - 主演・塚原宇平 役
+ (1) 生き返った指紋 (2005)
+ (2) 指紋は語る (2006)
+ (3) 嘘つきな指紋 (2008)
* 忠臣蔵~決断の時 (2003) - 吉良上野介 役
* 赤い月 (2004) - 鄒琳祥 役
* 李香蘭 (2007) - 山口文雄 役

映画

* 千夜一夜物語 (1969) - 声の出演
* 太陽は泣かない (1976)
* 難病「再生不良性貧血症」と闘う 君はいま光のなかに (1978)
* 夏の秘密 (1982) - 三池久造 役
* 小説吉田学校 (1983) - 福田赳夫 役
* いつか誰かが殺される (1984)
* タンポポ (1985) - ボーイ 役
* 恋文 (1985)
* マルサの女 (1987) - 大谷銀行営業課長 役
* 黒いドレスの女 (1987)
* 善人の条件 (1989)
* ジュリエット・ゲーム (1989)
* キッチン (1989) - 田辺絵理子 役
* あげまん (1990) - 寿 役
* ボクが病気になった理由 (1990) - 橋爪 役
* 女がいちばん似合う職業 (1990)
* おいしい結婚 (1991)
* 未来の想い出 (1992) - 宇留沢等 役
* 子連れ狼 その小さき手に (1993) - 柳生備前 役
* 居酒屋ゆうれい (1994) - 佐久間 役
* お日柄もよくご愁傷さま (1995)
* 時の輝き (1995)
* 四姉妹物語 (1995) - 小暮謙三 役
* お墓がない! (1998)
* 大安に仏滅!? (1998)
* すずらん~少女萌の物語~ (2002) - 常盤次郎 役
* 竜馬の妻とその夫と愛人 (2002)
* ミスター・ルーキー (2002) - 瀬川監督 役
* ローレライ (2005) - 西宮貞元 役
* 涙そうそう (2006) - 稲嶺義郎 役

バラエティ番組・教養番組

* 今夜は最高!(日本テレビ)
* 笑っていいとも! テレフォンショッキング(フジテレビ)
* 徹子の部屋(テレビ朝日)
* 素敵な宇宙船地球号(2008年11月 - 2009年9月、テレビ朝日、ナレーション)

ラジオ

* 朗読(NHKラジオ第2放送)
o 「三国志」(1993年9月 - 1996年7月)
o 「羅生門」(芥川龍之介)
o 「河童」(芥川龍之介)ほか
* TBSラジオ 『トヨタプレゼンツ ドライブのように』(2006年)

舞台

* 劇団雲公演 『ヘンリー四世』(1967年)
* 劇団雲公演 『スカパンの悪だくみ』(1974年)
* 演劇集団 円公演 『天竺徳兵衛韓噺』(1977年)
* 演劇集団 円公演 『夜叉ヶ池』(1978年)
* 演劇集団 円公演 『雰囲気のある死体』(1980年)
* 花の会公演 『ドリスとジョージ』(1983年、小川真由美との二人芝居)
* 演劇集団 円公演 『ハムレットQ1』(1983年)
* 円 こどもステージ公演 『不思議の国のアリスの帽子屋さんのお茶の会』(1986年)
* PARCOプロデュース 『野田版・国姓爺合戦』(1989年)
* 演劇集団 円・グローブ座公演 『ジュリアス・シーザー』(1989年)
* 演劇集団 円公演 『叔母との旅』(1994年)
* 野田地図番外公演 『し』(1995年、野田秀樹との二人芝居)
* 演劇集団 円公演 『ゆうれい』(1997年)
* 演劇集団 円公演 『シラノ・ド・ベルジュラック』(2001年)
* TBS・グローブ座公演 『レインマン』(2006年)
* 演劇集団 円公演 『実験』(2007年)
* 演劇集団 円公演 『死の舞踏』(2008年)
* NODA・MAP公演 『パイパー』(2009年)

CM

* ロート製薬 パンシロン(ウッチャンナンチャンと共演)
* シャープ
* 本田技研工業 アコード 1993年
* トヨタ自動車 マークII 1998年 
* 和真 全視界メガネ 2004年から(根本りつ子と共演) 
* センコー

その他

* 朗読 夏目漱石作品集(CD31枚組) (日本音声保存)
* 新潮カセットブック (新潮社)
o 「赤と黒 縮約版(上・下)/スタンダール」 (1987)
o 「芋粥・羅生門/芥川龍之介」 (1987)
o 「火垂るの墓/野坂昭如」 (1988)
o 「或阿呆の一生/芥川龍之介」 (1989)
o 「耳なし芳一のはなし・むじな/小泉八雲」 (1989)
o 「河童/芥川龍之介」 (1991)
* 新潮CD (新潮社)
o 「河童/芥川龍之介」 (1997)
o 「蒲団/田山花袋」 (2001)
o 「火垂るの墓/野坂昭如」 (2001)
o 「羅生門/芥川龍之介」 (2002)
o 「パニック/開高健」 (2002)
o 「泥の河/宮本輝」 (2005)
o 「しぶちん/山崎豊子」 (2008)
* 「ディズニーよいこの名作童話集(Ⅰ・Ⅱ)」 (1987)
* 「TBS文芸図書館・見知らぬ我が子/赤川次郎」 (世界文化社、1988)
* 「幻想文学名作選」 (エニー、2005)
* 「三国志」 (大空社、2009)




 
2009/11/24

天海祐希

Category : 女優
天海 祐希
(あまみ ゆうき、1967年8月8日 - )

天海 祐希

日本の女優。本名、中野祐里(なかの ゆり)。 東京都台東区東上野出身。

概要

宝塚歌劇団の元月組男役トップスター。宝塚時代の愛称は「ゆり」。

血液型O型。身長173.6cm。体重48kg。研音所属。スリーサイズB83・W58・H88。

来歴・人物

* 宝塚ファンの担任の影響で宝塚歌劇を志望、受験準備のため大滝愛子のスタジオに通っていた。
* 菊華高等学校(現・杉並学院高等学校)2年修了後の1985年、宝塚音楽学校に首席で入学。入学試験の際、植田紳爾は第一印象の華やかさに「お母さん、よくぞ産んでくださった」と驚いた。

なお宝塚音楽学校入学は首席だったが卒業は18番だった。

* 1987年、73期生として宝塚歌劇団に入団、雪組公演『宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら』(主演:平みち)で初舞台。同期にはいずれも女優の絵麻緒ゆう(現在のえまお)(2002年のみ雪組トップ)、匠ひびき(2001年から2002年まで花組トップ)、歌手の姿月あさと(1998年から2000年まで宙組トップ)の3人の元トップスターのほか、女優の青山雪菜(元娘役スター)、声優の葛城七穂、芦屋市議会議員の苑ななみ(現在の中島かおり)が入団した。当時の月組トップ男役は剣幸。

尚『サマルカンド~』新人公演ではバルフ王子(本役:鮎ゆうき、当時雪組新進の男役だった)役に配され初舞台生の新人公演配役としては異例の目立つポジションの役どころをもらった。

* その後月組に配属。同年の月組バウホール公演『青春の旋風~リトル・ヒーロー三四郎』で早くも準主役のひとりブーン役に抜擢され、年末公演の『ミー・アンド・マイガール』で研一(入団一年目)にして新人公演に初主演。
* 1989年、歌劇団ニューヨーク公演(メイン・大浦みずき、他に紫苑ゆうらが出演)メンバーに選出され熱演。
* 1991年には4期上の久世星佳・若央りさや1期上の真織由季・大海ひろらを飛び越し月組2番手男役スターとなる。
* 1993年に史上最短の7年(正式には6年半)で月組トップスターに就任。大地真央の最年少就任(26歳)を1歳塗り替える(当時25歳。26歳の誕生日の一週間前)。天海の後任になる月組男役トップスターは3代(久世、真琴、紫吹)続けて天海より上級生であることや、天海以降入団後10年以内に男役トップスターになった生徒は居ないこと、また、この年行われた『ミリオン・ドリームズ』『風と共に去りぬ』新人公演主演(在団7年目まで)は、天海の同期生である姿月あさとが演じることになったことからもからもその出世の速さがわかる。
* 1995年12月、28歳の時に『ミー・アンド・マイガール』で退団。相手役の麻乃佳世と同時退団だった。そしてここからはテレビ出演をする様になる。
* 退団決定後に幾多かの芸能事務所から勧誘があったが、天海の親友が当時在籍していたフライングボックスに所属し、映画やテレビドラマなど、活躍の場を広げた。『利家とまつ~加賀百万石物語~』で共演した唐沢寿明に誘われ、2003年1月1日付けで現在の所属事務所である研音へ移籍。テレビドラマでは、2004年以降は単独で主演を務めることが多い。

エピソード

* 宝塚時代の同期の中で特に絵麻緒ゆう、姿月、鷹悠貴とは互いに認め合う仲よしである。
* プライベートでは南野陽子と仲が良く、同じ事務所に所属している竹野内豊とはメル友である。また、深津絵里や常盤貴子とも仲がよく、天海が30代の時、深津や常盤らと「カッコよく楽しく生きる三十路会」を開いていた。
* 日本ハムのCMをした縁で北海道日本ハムファイターズのファンで、田中幸雄、新庄剛志ら複数の選手と親交がある。
* 2004年の『ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏』では、すい臓がんで余命3ヶ月の主人公を演じるに当たって、7キロも減量した。
* 『トップキャスター』のPRのためFNNスーパーニュースに出演。実際に原稿を読み、キャスターの安藤優子から「本物のキャスターみたい。私と交代します?」と絶賛された。
* 『金曜ドラマ・Around40~注文の多いオンナたち~』の主題歌で、竹内まりやの楽曲「幸せのものさし」でコーラスを務めており、そのミュージックビデオにも出演している。
* 『BOSS』では、『離婚弁護士』シリーズ(2004~2005年)での制作スタッフが多く参加しており、共演者も玉山鉄二・竹野内豊・相島一之・生瀬勝久(『女王の教室』シリーズおよび『トップキャスター』でも共演)・津川雅彦と再共演を果たしている。また、『女王の教室』シリーズ(日本テレビ、2005~2006年)での戸田恵梨香(後に映画『アマルフィ 女神の報酬』でも共演)・志田未来(前述の通り生瀬勝久も)、『演歌の女王』(日本テレビ 2007年)の温水洋一、『Around 40』(TBS、2008年)の吉瀬美智子・丸山智己といったように過去の著名作品での共演者が多く参加している。
* 菊華高校への進学については「中学校まで自宅至近の学校に通っていたので"電車通学"に憧憬していた(菊華高校は所在地が阿佐谷である)ことと、本来中卒で受験を希望していたが、家族から”高校の学校行事を一通り、とくに修学旅行に参加してから(菊華高は当時2年時半ばで修学旅行を実施)にしてくれといわれた。」旨在団中のインタビューで談話。
* 趣味はニュース番組を見ること。好きなアーティストはCHAGE and ASKA、ゴスペラーズ。冠二郎とテントがお気に入りである。
* NHKの『スタジオパークからこんにちは』に出演した際、「私を支えた3人の男」として作家の浅田次郎、俳優の竹中直人、NHKアナウンサーの畠山智之を挙げている。
* 2007年4月26日の札幌ドームでの千葉ロッテマリーンズ戦で始球式を行った。
* 天海の母が石原裕次郎の大ファンだったことから、宝塚歌劇団に入団する際の芸名に「石原裕」を薦められた。「祐」の文字を残し、天海祐希となった。
* 宝塚を退団した後、所属事務所として石原プロモーション入りを希望したが、男性俳優専門の石原プロ側から断られている。

宝塚時代の出演作品
音楽学校 - 新人・若手時代
1987年

* 1月23日 - 1月24日 『日本舞踊/青春のロンド』(公演数:2回)(宝塚大劇場公演)

『日本舞踊』 - 踊る娘 役
『青春のロンド』(4部18場)
- 第1話 わが愛の詩 (6景) - 1景:ウィーンの若者 役。4・5景:歌う青年 役
- 第2話 トウ・シューズ
- 第3話 大いなる野望 (3場) - マイケル 役(主演)
- 第4話 ショウは時を超えて (3場) - 2場:モダンな男、歌手 役。3場:フィナーレの男 役

* 3月26日 - 5月12日 『宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら(雪組)』(本公演数:63回)(宝塚大劇場公演)

『宝塚をどり讃歌』(12場) - 1場:桜娘。2場:初舞台口上
『サマルカンドの赤いばら』(17場) - 13場:近衛兵。17場:初舞台生ロケット。(新人公演:4月7日の1回) - バルフ王子 役

* 5月26日 『ミー・アンド・マイガール』(2幕 7場)(公演数:1回)(宝塚大劇場公演)、(新人公演) - 影コーラス 役
* 8月2日 - 8月30日『ミー・アンド・マイガール』(2幕 11場(新人公演:7場))(本公演数:48回)(東京宝塚劇場公演)

1幕 - 客の紳士 役。(新人公演:8月14日の1回) - 仲買人 役
2幕 - 踊る青年、フィナーレの青年 役。(新人公演:8月14日の1回) - 踊る男 役

* 9月22日 - 10月4日 『青春の旋風~リトル・ヒーロー三四郎』(2幕 23場)(公演数:21回)(宝塚バウホール公演)

1幕 - 忍者(男)、町の男、船の客(男) 役
2幕 - ブーン・ホーター、忍者(男) 役

* 11月16日 - 12月20日 『ミー・アンド・マイガール』(2幕 11場(新人公演:7場))(本公演数:44回)(宝塚大劇場公演)

1幕 - 客の紳士 役
2幕 - 踊る青年、フィナーレの紳士 役
(新人公演:11月27日の1回) - ビル 役

1988年

* 1月15日 - 1月26日 『リラの壁の囚人たち』(2幕 9場)(公演数:19回)(宝塚バウホール公演)

- ルネ 役

* 2月3日 - 2月11日 『ミー・アンド・マイガール』(公演数:14回)(中日劇場公演)

1幕 - 客の紳士 役
2幕 - 踊る青年、フィナーレの紳士 役

* 3月3日 - 3月30日 『ミー・アンド・マイガール』(2幕 11場(新人公演:7場))(本公演数:47回)(東京宝塚劇場公演)

1幕 - 客の紳士 役
2幕 - 踊る青年、ダブルトリオ(紳士) 役
(新人公演:3月11日の1回) - ビル 役

* 4月15日『南の哀愁』前夜祭(公演数:1回)(宝塚大劇場公演)
* 5月13日 - 6月28日 『南の哀愁/ビバ!シバ!』(本公演数:56回)(宝塚大劇場公演)

『南の哀愁』(10場)

- 1場:フラの男ダブルトリオ 役。2場:働く男C 役。3場:ボーイ 役。7場:島の男B(歌手) 役。9場:下男 役。
-(新人公演:5月31日の1回) - ジョン・マクレディ 役

『ビバ!シバ!』(24場)

- 1~3場:シバ神(男) 役。5場:デビル 役。12、13場:コーラス(男) 役。20場:娘 役。21場:シバ・ロケット 役

* 8月4日 - 8月30日 『南の哀愁/ビバ!シバ!』(本公演数:45回)(東京宝塚劇場公演)

『南の哀愁』(10場)

- 1場:フラの男ダブルトリオ 役。2場:働く男C 役。3場:ボーイ 役。7場:島の男B(歌手) 役。9場:下男 役。
-(新人公演:8月16日の1回) - ジョン・マクレディ 役

『ビバ!シバ!』(24場)

- 1~3場:シバ神(男) 役。5場:デビル 役。12、13場:コーラス(男) 役。20場:娘 役。21場:シバ・ロケット 役

* 9月18日 - 9月21日 『リラの壁の囚人たち』(2幕 9場)(公演数:6回)(東京ゆうぽうと・簡易保険ホール公演)

- ルネ 役

* 9月23日 『リラの壁の囚人たち』(2幕 9場)(公演数:2回)(愛知文化講堂公演)

- ルネ 役

* 11月11日 - 12月20日 『恋と霧笛と銀時計/レインボーシャワー』(本公演数:49回)(宝塚大劇場公演)

『恋と霧笛と銀時計』(12場) - 影、音吉 役。(新人公演:12月2日の1回)- 水野銀次郎 役
『レインボー・シャワー』(20場)

- 1場:踊る男 役。2・3場:踊る男(トリオ) 役。5場:花の精 役。9場:カルナバルのトリオ 役。10・11・13場:中国の少年 役。15場:レインコートの男 役。16~18場:スイングガイズ、踊る紳士A 役

* 12月6日『’88宝塚友の会 クリスマス会』(公演数:1回)(宝塚バウホール)
* 12月14日 - 12月17日 CRISTMAS DINNER SHOW ’88『Fresh Dream for You』(公演数:4回)(六甲山ホテル公演)

【曲目一覧】

* ラスト クリスマス
* クラブ トロピカーナ
* この世は一陣の風
* ミー アンド マイ ガール
* ランベス ウォーク
* サムシング カミング

* ミッシング
* 初めての口づけ
* ウキウキ ウェイク ミー アップ
* ディファレント コーナーズ
* 南の哀愁
* 街燈によりかかって

* パリのアメリカ人
* ディス ナイト
* 愛ははるかに
* カンツォーネ
* ホワイト クリスマス


1989年

* 1月25日 特別公演『逸翁に捧げる夕べ』(4部 6場)(公演数:1回)(宝塚大劇場公演) ※専科・花・月・雪・星 全員とOGが参加

【曲目】おお宝塚

* 2月4日 - 2月14日 『赤と黒』(2幕 25場)(公演数:17回)(宝塚バウホール公演)

- フーケ 役

* 『恋と霧笛と銀時計/レインボーシャワー』(本公演数:43回)(東京宝塚劇場公演)

『恋と霧笛と銀時計』(12場) - 影コーラス、音吉 役。(新人公演:3月14日の1回)- 水野銀次郎 役
『レインボー・シャワー』(20場)

- 1場:踊る男。2・3場:踊る男(トリオ)。5場:花の精 役。9場:カルナバルのトリオ 役。10・11・13場:中国の少年 役。15場:レインコートの男 役。16~18場:スイングガイズ 役

* 5月4日 ニューヨーク公演 記者発表会(ニューヨーク/RCMH) ※こだま愛と燕尾服にシルクハット姿で踊りを披露。
* 5月12日 - 6月27日 『新源氏物語/ザ・ドリーマー』(本公演数:57回)(宝塚大劇場公演)

『新源氏物語』(2部 24場) -

1部 - 1場:右大将 役。3・7場:蔵人助 役。8場:若者 役。11場:町の男のコロス 役。13場:公達 役。
2部 - 19・20・22場:柏木 役
(新人公演:5月30日の1回) - 光源氏 役

『ザ・ドリーマー』(20場) - 1~3場:ドリーマー男A 役。5場:カーニバルの歌う紳士 役。8場:ジャズマン役。10場:スイングガイA 役。12場A:アメリカンボーイA 役。12場B・13場:アメリカンガイA 役。18場A/B・20場A/B:スワンの歌手男 役

* 5月19日 - 5月20日 『’89 TMP音楽祭 ザッツ・ムービーⅡ』(公演数:3回)(宝塚大劇場公演)

1部:歌う青年 役【曲目】ジッパディーデューダー。2部:歌う青年 役【曲目】ラスト・ダンス

* 8月3日 - 8月29日 『新源氏物語/ザ・ドリーマー』(本公演数:45回)(東京宝塚劇場公演)

『新源氏物語』(2部 24場) -

1部 - 1場:右大将 役。3・7場:蔵人助 役。8場:若者 役。11場:町の男のコロス 役。13場:公達 役。
2部 - 19・20・22場:柏木 役
(新人公演:8月15日の1回) - 光源氏 役

『ザ・ドリーマー』(20場) - 1~3場:ドリーマー男A 役。5場:カーニバルの歌う紳士 役。8場:ジャズマン役。10場:スイングガイA 役。12場A:アメリカンボーイA 役。12場B・13場:アメリカンガイA 役。18場A/B・20場A/B:スワンの歌手男 役

* 9月1日 『レビュー記念日’89』(公演数:1回)(宝塚大劇場公演) ※雪・花・星・専科合同公演

歌う紳士 役【曲目】レビュー記念日賛歌

* 10月6日 ニューヨーク公演 試演会『TAKARAZUKA』(2部 26場)(公演数:1回)(宝塚大劇場公演)

1部『TAKARAZUKA DANCE FESTIVAL』(7場) - 1場:紅葉の若衆A 役。2場:雪月花の男A 役。3場:天平の男 役。8~10場:桜の若衆A 役
2部『TAKARAZUKA FOREVER』(18場) - 2・3場:ビューティーズ 役。7場:ラクダの美女 役。11・12場:紳士 役。14場:鍵盤のロケット 役。18場:踊る青年A 役

* 10月25日 - 10月29日 ニューヨーク公演(公演数:6回)(ラジオシティー・ミュージック・ホール公演)

『TAKARAZUKA DANCE FESTIVAL』

* PROLOGUE
* SNOW,MOON AND FLOWER
* ICY MOON
* SWIRLING SNOW
* THE CHERRY FLOWER

『TAKARAZUKA FOREVER』

* PROLOGUE:Role of Pretty Girl
* FLOWER FANTASY
* ARABIAN DREAM:Role of Beautiful Girl
* KEEP YOUNG

AND BEAUTIFUL

* PIANO FANTASY
* FINALE Dancers
* GRAND FINALE

* 11月25日 - 12月17日 『シャンテ・シャンテ・シャンテ』(2部 21場)(公演数:29回)(宝塚バウホール公演) ※月・星合同公演

1部 - 2場:歌う紳士 役。 4・5場:牧師 役。7場:歌う青年 役。11・12場:カンカン・ボーイ 役
2部 - 1場:踊る男 役。2場:ゲストコーナー。 3場:歌う男 役。5場:踊る女A 役。7場:ブルージンの男 役。10場:紳士 役

* 12月8日 『’89宝塚友の会 クリスマス会』(公演数:1回)(宝塚バウホール公演)

【曲目】サムシング・カミング

1990年

* 1月4日 - 1月10日 『赤と黒』(2幕 25場)(公演数:11回)(日本青年館公演)

- フーケ 役

* 2月16日 - 3月27日 『大いなる遺産/ザ・モダーン』(本公演数:58回)(宝塚大劇場公演)

『大いなる遺産』(18場) - スタートップ 役。(新人公演:3月6日の1回) - フィリップ・ピリップ 役
『ザ・モダーン』(20場) - 2場:アーティスト(バレエダンサー)役。3~5場:ワーキングボーイ 役。7・8場:パラダイスバード男 役。10・11場:白エンビの男 役。13・14場:ジャポネット 役。17・18場:ゴールド・ディガー男 役

* 4月21日 - 5月6日 『ロミオとジュリエット』(2部 22場)(公演数:25回)(宝塚バウホール公演)

- ロミオ 役(バウホール公演・最年少で単独主演)

* 5月18日 - 5月19日 『’90 TMP音楽祭 サウンド・印・ビッグ・シティ』(2部)(公演数:3回)(宝塚大劇場公演)

1部 - 歌手 役【曲目】ニューヨーク・ニューヨーク。ダンサー 役【曲目】ドント・フォーゲット・12thストリート。歌手 役【曲目】ビートルズ・メロディー、ロング・アンド・ワイディング・ロード。
2部 - TOKIOボーイ 役【曲目】TOKIO。歌手 役【曲目】バレ・モワ・ダムール、スリーエル・ラ・ヴィ

* 6月3日 - 6月27日 『大いなる遺産/ザ・モダーン』(本公演数:42回)(東京宝塚劇場公演)

『大いなる遺産』(18場) - スタートップ 役。(新人公演:6月12日の1回) - フィリップ・ピリップ 役
『ザ・モダーン』(20場) - 2場:アーティスト(バレエダンサー)役。3~5場:ワーキングボーイ 役。7・8場:パラダイスバード男 役。10・11場:白エンビの男 役。13・14場:ジャポネット 役。17・18場:ゴールド・ディガー男 役

* 8月9日 - 9月18日 『川霧の橋/ル・ポアゾン』(本公演数:59回)(宝塚大劇場公演)

『川霧の橋』(15場) - 清吉 役。(新人公演:8月24日の1回) - 幸次郎 役
『ル・ポアゾン』(24場) - 2~4場:ル・ポアゾンの紳士S 役。5~6場:貴族の男 役。10・11場:ガイズ 役。15~18場:オフィサーズ 役。19~21場:ノクターンの男 役

* 9月1日 - 9月3日 『レビュー記念日’90』(公演数:1回)(宝塚大劇場公演) ※『ル・ポアゾン』のフィナーレに引き続き公演

- すみれの男 役【曲目】すみれファンタジー。【曲目】さよなら皆様

* 10月13日 - 11月4日 『天使の微笑・悪魔の涙/レッド・ホット・ラブ』(地方公演)

(公演場所一覧)

* 10月13日 江南市民文化会館
* 10月14日 安城希望が丘ホール (貸切公演)
* 10月16日 町田市民ホール
* 10月17日 調布グリーンホール
* 10月19日 渋川市民会館
* 10月20日 伊勢崎市文化会館

* 10月21日 埼玉県熊谷会館
* 10月22日 宇都宮市文化会館
* 10月24日 宇部市渡辺翁記念会館
* 10月25日 下関市民会館
* 10月27日 九州厚生年金会館
* 10月29日 佐賀市文化会館

* 10月30日 久留米市民会館
* 11月1日 - 11月2日 宮崎市民会館
* 11月3日 人吉カルチャーパレス
* 11月4日 鹿児島県文化センター


『天使の微笑・悪魔の涙』(17場) - フリッツ 役
『レッド・ホット・ラブ』(20場) - 2~4場:紳士A 役。9場:青年 役。12場:マジック・ガイ 役。15場:ハート・オブ・ミュージック男 役。17場:青年 役。19場:ファイアー(男) 役。20場:レット・ホット・ガイA 役

* 12月2日 - 12月26日 『川霧の橋/ル・ポアゾン~愛の媚薬~』(本公演数:44回)(東京宝塚劇場公演)

『川霧の橋』(15場) - 清吉 役。(新人公演:12月11日の1回) - 幸次郎 役
『ル・ポアゾン』(24場) - 2~4場:ル・ポアゾンの紳士S 役。6~8場:貴族の男 役。10・11場:ガイズ 役。15~18場:オフィサーズ 役。19~21場:ノクターンの男 役

* 12月19日 『すみれの花咲く頃』60周年スペシャル(公演数:1回)(東京宝塚劇場公演) ※『ル・ポアゾン』のフィナーレに引き続き公演

- すみれの男 役【曲目】すみれファンタジー。【曲目】ああ宝塚 わが宝塚。【曲目】さよなら皆様

月組2番手時代
1991年

* 1月16日 『ベルサイユのばら -オスカル編-』製作発表(大阪ロイヤルホテル) ※涼風真世のオスカルとアンドレの扮装で『愛あればこそ』を歌う。アンドレ役の大浦みずき・日向薫・杜けあきも出演
* 1月22日 - 1月27日 『ロミオとジュリエット』(2部 22場)(公演数:10回)(日本青年館公演)

- ロミオ 役

* 3月28日 - 5月7日 『ベルサイユのばら -オスカル編-』(2部 40場)(公演数:57回)(宝塚大劇場公演)

- アンドレ・グランディエ 役(4月11日 - 5月2日)。ジェローデル 役(3月28日 - 4月9日、5月3日 - 5月7日)

* 5月17日、5月18日 『’91 TMP音楽祭 エスノ・ポップス』(2部)(公演数:3回)(宝塚大劇場公演)

1部 - 歌う男 役【曲目】エル・クンバンチェロ
2部 - 歌う男 役【曲目】イン・ザ・シティー

* 5月22日 『ベルサイユのばら -オスカル編-』 製作発表会(帝国ホテル) ※涼風真世・日向薫・杜けあきと出演
* 6月6日 - 6月9日 『第7回 朱里ダンスプロジェクト公演』SHOW CASE PART 7 Singing Dancing for you!(公演数:5回)(東京芸術劇場公演) ※萬あきら・羽根知里とゲスト出演
* - 【曲目】ワンダフル・モーニング、ビューティフル・デイ、メランコリー・ラプソディ、イッツ・ラブリー
* 7月2日 - 7月31日 『ベルサイユのばら -オスカル編-』(2部 40場)(公演数:50回)(東京宝塚劇場公演) ※7月6日に皇太子徳仁親王が観劇

- アンドレ・グランディエ 役(7月13日 - 7月31日)。ジェローデル 役(7月2日 - 7月12日)

* 7月6日 『ベルサイユのばら -オスカル編-』(公演数:1回)(東京宝塚劇場公演)

(新人公演) - ハンス・アクセル・フォン・フェルセン 役。 ※涼風マリー・アントワネットと共にフェルゼンに扮し特別出演。

* 9月1日 - 9月3日 『レビュー記念日’91』(公演数:1回)(宝塚大劇場公演) ※雪組公演『ラバーズ・コンチェルト』のフィナーレのパレードの前に上演。涼風真世・麻乃佳世と月組特別出演

- 歌う紳士 役【曲目】レビュー記念日。踊る淑女 役【曲目】アイ・ラブ・パリ

* 9月20日 - 10月29日 『銀の狼/ブレイク・ザ・ボーダー』(公演数:51回)(宝塚大劇場公演)

『銀の狼』(15場) - レイ 役
『ブレイク・ザ・ボーダー』(20場) - 1・2場:インディアンの青年① 役。7~9場:プリズナーA 役。13~15場:スパニッシュの青年役。7場:歌う紳士 役。20場:インディアンの男A 役

* 11月10日 - 11月24日 『たとえば それは 瞳の中の嵐のように』(2幕)(公演数:22回)(宝塚バウホール公演)

- ユウキ 役

1992年

* 1月1日 - 2月11日 『珈琲カルバナル/夢・フラグランス』(公演数:57回)(宝塚大劇場公演)

『珈琲カルバナル』(14場) - アルツール・サントス 役
『夢・フラグランス』(24場) - 1~4場:ネオ・ジャパネスクの男A 役。7・8場:花婿 役。12場:歌う恋人 役。14~16場:踊る軍人 役。18・19場:ファンタジック・ダンサー 役。23・24場:フィナーレの紳士A 役

* 4月4日 - 4月29日 『珈琲カルバナル/夢・フラグランス』(公演数:43回)(東京宝塚劇場公演)

『珈琲カルバナル』(14場) - アルツール・サントス 役
『夢・フラグランス』(24場) - 1~4場:ネオ・ジャパネスクの男A 役。7・8場:花婿 役。12場:歌う恋人 役。14~16場:踊る軍人 役。18・19場:ファンタジック・ダンサー 役。23・24場:フィナーレの紳士A 役

* 5月22日 - 5月23日 『’92 TMP音楽祭 SONG IN YOUR HEART』(公演数:3回)(宝塚大劇場公演)

1部 - 歌手 役【曲目】ボンジュール宝塚。【曲目】フォーエバー・タカラヅカ。歌手 役【曲目】タヒチの歌
2部 - 歌手 役【曲目】ミー・アンド・マイガール、ランベス・ウォーク、ハート・ジャック。踊る男 役【曲目】ダンス・ウィズ・ミー。【曲目】フォーエバー・タカラヅカ

* 7月3日 - 8月18日 『PUCK/メモリーズ・オブ・ユー』(公演数:67回)(宝塚大劇場公演)

『PUCK』(17場) - ボビー 役
『メモリーズ・オブ・ユー』(24場) - 1・4場:セレモニーシンガー 役。7場:ラテンの男A 役。9~13場:プリンス 役。16~19場:オールド・フレンズ 役。20場:メモリーダンサー女S 役。24場:パレードの歌手 役

* 9月1日 『レビュー記念日 ’92』(公演数:1回)(宝塚大劇場公演)

- 歌う紳士 役【曲目】ハロー!タカラヅカ。ボレロの歌手 役【曲目】モン・パリ

* 9月12日 - 9月27日 『高照す日の皇子』(2幕)(公演数:25回)(宝塚バウホール公演)

第一幕 - 清人皇子 役
第二幕 - 清人皇子 役。11場:蓮華の男S 役

* 9月18日 『音楽慰霊際』(宝塚大劇場公演)

- 【曲目】宝の宝石、タカラジェンヌに栄光あれ

* 10月2日 - 10月9日 『高照す日の皇子』(2幕)(公演数:12回)(日本青年館公演) ※10月9日には、徳仁親王が観劇

第一幕 - 清人皇子 役
第二幕 - 清人皇子 役。11場:蓮華の男S 役

* 11月2日 - 11月27日 『PUCK/メモリーズ・オブ・ユー』(公演数:43回)(東京宝塚劇場公演)

『PUCK』(17場) - ボビー 役
『メモリーズ・オブ・ユー』(24場) - 1・4場:セレモニーシンガー 役。7場:ラテンの男A 役。9~13場:プリンス 役。16~19場:オールド・フレンズ 役。20場:メモリーダンサー女S 役。24場:パレードの歌手 役

* 12月23日 - 12月29日 『ジャンプ・フォー・ジョイ』(公演数:10回)(シアター・ドラマシティ公演) ※天海は12月23日-12月25日に出演。12月29日には特別出演

1部 - 1・2場:ジャンピングスター 役。6場:ジプシーS 役。9・10場:ザ・スター 役【曲目】夢をきかせて
2部 - 3場:夢の男 役。4場:紳士S 役。7場:レディ 役。9・10場:ザ・シンガー【曲目】マリア(日本語)、サムシング・カミング(原語)。12・16場:幻の男 役。18場:ザ・スター 役

1993年

* 1月1日 - 2月15日 『PARFUM DE PARIS』(星組特別出演:天海は1月22日 - 1月31日)(24場)(公演数:15回)(宝塚大劇場公演) ※涼風真世・麻乃佳世と月組特別出演

- 12場:歌う蝶の男A 役。23場:歌うパリジャン3 役。24場:紳士S 役

* 3月8日 『グランドホテル/BROADWAY BOYS』製作発表(ホテル阪急インターナショナル公演) ※涼風真世・麻乃佳世とBROADWAY BOYSの主題歌を披露
* 4月2日 - 5月10日 『 グランドホテル/BROADWAY BOYS』(公演数:56回)(宝塚大劇場公演)

『グランドホテル』(16場) - ラファエラ・オッタニオ 役
『BROADWAY BOYS』(20場) - フレッド 役。19・20場:紳士S 役

* 5月21日 - 5月22日 『’93 TMP音楽祭 青春フォーエバー!』(2部)(公演数:3回)(宝塚大劇場公演)

1部 - 歌手 役【曲目】TAS PAS TORT MON ANGE『ゆめ追い人』
2部 - レディー 役。ダンス…トゥヤング。歌手 役【曲目】燃えろ青春

* 5月30日 - 6月12日 『ロスト・エンジェル』(2部 18場)(公演数:18回)(宝塚バウホール公演)

- 1部1場:ミカエル 役。マイク 役

* 7月2日 - 7月31日 『 グランドホテル/BROADWAY BOYS』(公演数:49回)(東京宝塚劇場公演)

『グランドホテル』(16場) - ラファエラ・オッタニオ 役
『BROADWAY BOYS』(20場) - フレッド 役。19・20場:紳士S 役

月組トップ男役時代
1993年

* 8月11日 - 8月12日 ディナーショー『…だから盛り上がって夏』(公演数:2回)(新阪急ホテル公演)

【曲目】

* YAH YAH YAH
* ザ・ロンゲスト・タイム
* 君が好き胸が痛い
* 星くずのシャンデリア
* 星に願いを
* スウィート・メモリー
* め組の人

* ドント・クライ・ドント・タッチ
* 僕らが生まれた あの日のように
* 素直になれなくて風のライオン
* おやすみ
* ターニング・ポイント
* 夢をきかせて etc


* 9月2日 『レビュー記念日’93』(公演数:1回)(宝塚大劇場公演) ※花組公演『イッツ・ア・ラブ・ストーリー』フィナーレのパレードの前に上演。このときの月組出演者は天海と麻乃佳世

- 歌う紳士 役【曲目】ラ・ビ・アン・ローズ。【曲目】レビュー記念日讃歌

* 9月17日 - 10月25日 『花扇抄/扉のこちら/ミリオン・ドリームズ』(公演数:53回)(宝塚大劇場公演) ※トップお披露目

『花扇抄』(16場) - 1・2場:光源氏 役。5・6場:頭A 役。8~10場:若侍 役。11場:白い烏(若侍) 役。15場・16場:若衆S 役
『扉のこちら』-O・ヘンリー『よみがえった改心』より(1幕) - ラルフ 役・D・スペンサー 役
『ミリオン・ドリームズ』(24場) - 1場:歌う紳士S 役。3・4場:踊る紳士S 役。9・10場:レッド・ベレー役。12~15場:恋人(若者) 役。16場:ドリーム・シンガー男 役。18・19場:ピグマリオン 役。23場:ドリームスター男役。24場:パレードの男S 役

* 9月20日 『風と共に去りぬ』製作記者発表会(ホテル阪急インターナショナル) ※『君はマグノリアの花の如く』を久世星佳、真琴つばさと役の扮装で披露
* 11月12日 - 11月23日 『夢の10セント銀貨』(2幕)(公演数:19回)(宝塚バウホール公演)

- ベンジャミン・ベネル 役

* 11月29日 『風と共に去りぬ』前夜祭(宝塚大劇場公演) ※月組公演・試演など

1994年

* 1月1日 - 2月7日 『風と共に去りぬ -バトラー編-』(2部 38場)(公演数:53回)(宝塚大劇場公演)

- レット・バトラー 役。2部・21場:踊る紳士S 役【曲目】タキシード・ジャンクション。2部23場:踊るレット 役【曲目】ナイト・アンド・デイ。2部24場:パレードの男 役

* 1月18日 『風と共に去りぬ -バトラー編-』(1部)(公演数:1回)(宝塚大劇場公演)

(新人公演) ※特別出演:オープニング終了後、鼓笛隊(バトン)の扮装で登場(出演者:天海、麻乃佳世、久世星佳)

* 2月25日 - 3月3日 『夢の10セント銀貨』(2幕)(公演数:11回)(日本青年館公演)

- ベンジャミン・ベネル 役

* 3月5日 - 3月9日 『夢の10セント銀貨』(2幕)(公演数:8回)(愛知厚生年金会館公演)

- ベンジャミン・ベネル 役

* 4月4日 - 4月27日 『風と共に去りぬ -バトラー編-』(2部 38場)(公演数:44回)(東京宝塚劇場公演)

- レット・バトラー 役。2部21場:踊る紳士S 役【曲目】タキシード・ジャンクション。2部23場:踊るレット 役【曲目】ナイト・アンド・デイ。2部24場:パレードの男 役

* 5月20日 - 5月21日 宝塚歌劇団80周年『TMPスペシャル 夢まつり宝塚’94』~ファン感謝の夕べ(2部)(公演数:3回)(宝塚大劇場公演)

1部 - 1場:スターシンガー 役【曲目】ハロー!タカラヅカ。2場:MC 役
2部 - 8場:バトラー、踊るレット、パレードの男 役(月組『風と共に去りぬ -日本編-』)。9場:スター 役【曲目】ティア・ドロップス 、MC 役。10場:歌う青年 役【曲目】ブレイク・ザ・ボーダー、ラ・パッション

* 6月24日 - 8月8日 『エールの残照/TAKARAZUKA・オーレ!』(公演数:61回)(宝塚大劇場公演)

『エールの残照』(18場) - ウォルター・シャムロック 役
『TAKARAZUKA・オーレ!』(17場) - 1~3場:プロローグの紳士S 役。8場:踊る男S(モスクワ) 役。10場:踊る男S(アルゼンチン) 役。13場:ニューヨーカー男S(ニューヨーク) 役。14場:天海(地図枠) 役。16場:紳士S 役。17場:パレードの紳士S 役

* 8月9日 - 8月11日 『シンポジウム 宝塚80』(宝塚バウホール公演) ※天海は、8月9日に周防正行(映画監督)、上月晃(OG)たちとパネリストとして出席した。
* 9月1日『レビュー記念日’94』(公演数:1回)(宝塚大劇場公演) ※家星組公演『ラ・カンタータ』のフィナーレの後に開催。各組トップによる公演PRを兼ねた挨拶。

【曲目】レビュー記念日賛歌、さよならタカラヅカ

* 9月9日 宝塚歌劇団80周年記念式典『夢を描いて華やかに』(3部 28場)(公演数:1回)(宝塚大劇場公演)

1部

【曲目】

* この道は明日に続く
* おゝ宝塚

* パレード宝塚
* この愛よ永遠に~Takarazuka Forever


* タカラヅカ行進曲
* この道は明日に続く

* 宝塚 我が心の故郷


3部 - 1場:プロローグのスター 役。23・24場:フィナーレのスター 役

* 9月18日 - 10月10日 『風と共に去りぬ -バトラー編-』(2部 37場)(地方公演) ※2部5場(カーテン前)のシーンは、地方公演版ではカットされている。

(公演場所)

* 9月18日 - 9月19日 仙台・イズミティ21
* 9月20日 会津若松・若松風雅堂
* 9月22日 - 9月23日 市川市文化会館

* 9月24日 - 9月25日 川口総合文化センター
* 9月27日 - 9月28日 静岡市民文化会館
* 9月30日 呉市文化ホール

* 10月1日 - 10月2日 メルパルクホール広島
* 10月4日 鹿児島県文化センター
* 10月8日 - 10月10日 福岡市民会館


- レット・バトラー 役。2部・21場:踊る紳士S 役【曲目】タキシード・ジャンクション。2部22場:踊るレット 役【曲目】ナイト・アンド・デイ。2部23場:パレードの男 役

* 10月18日 宝塚歌劇団80周年記念『’94宝塚歌劇団大運動会~夢を描いて華やかに』(開催数:1回)(阪急西宮スタジアムで開催)

* 入場パレード(セーラームーンの仮装)
* 選手宣誓
* ドン・ガン・ジャンリレー
* 大綱引き

* 11月2日 - 11月27日 『エールの残照/TAKARAZUKA・オーレ!』(公演数:42回)(東京宝塚劇場公演)

『エールの残照』(18場) - ウォルター・シャムロック 役
『TAKARAZUKA・オーレ!』(17場) - 1~3場:プロローグの紳士S 役。8場:踊る男S(モスクワ)役。10場:踊る男S(アルゼンチン) 役。13場:ニューヨーカー男S(ニューヨーク) 役。14場:天海(地図枠) 役。16場:紳士S 役。17場:パレードの紳士S 役

* 12月23日 - 12月30日 『LE MISTRAL…鏡の中に消えた男…』 (公演数:7回)(シアター・ドラマシティ公演)

- ミッシェル・ブラッスール 役

1995年

* 1月2日 - 1月8日 『LE MISTRAL…鏡の中に消えた男…』 (公演数:5回)(シアター・ドラマシティ公演)

- ミストラル 役

* 3月12日 - 3月25日 『Beautiful Tomorrow!』(2部 16場)(公演数:18回)(宝塚バウホール公演) ※阪神・淡路大震災のため、大劇場公演が中止になったので、急遽バウホールでの公演が開催された。

1部 - 1・2場:ビューティフルスター 役。3場:ドリーマー 役。4場:ジョン 役。5場:トロピカルボーイ 役。6場:ロンリーガイ 役。7場:ラヴァー男S 役。9場:スターシンガー 役
2部 - 1場:歌う紳士S 役。7場:歌手男 役
【曲目】

* YAH YAH YAH
* バードランド
* ワンボーイ
* サムシングス・カミング
* トゥナイト
* ランベスウォーク
* 花の夢
* 扉をあけて
* ミリオン・ドリームズ

* さよならは夕映えの中で
* 風のシャムロック
* 悲しみのアンジー
* TAKARAZUKA・オーレ
* ドント・クライ・ドント・タッチ
* ターニング・ポイント
* walk him up the stairs
* 僕らが生まれた あの日のように


* 4月13日 - 5月5日 『エールの残照/TAKARAZUKA・オーレ!』(地方公演)

(公演場所)

* 4月13日 - 4月15日 広島郵便貯金ホール(現:ALSOKホール)
* 4月17日 - 4月18日 仙台・イズミティ21
* 4月20日 グリーンホール相模大野
* 4月21日 - 4月23日 市川市文化会館

* 4月25日 - 4月26日 アクトシティ・浜松大ホール
* 4月28日 - 4月29日 別府・ビーコンプラザ・フィルハーモニアホール
* 5月1日 - 5月5日 福岡・宗像ユリックス


『エールの残照』(18場) - ウォルター・シャムロック 役
『TAKARAZUKA・オーレ!』(17場) - 1場:プロローグの紳士S 役。2場:天海(地図枠) 役。3場:プロローグの紳士S 役。4場:踊る男S(モスクワ) 役。10場:踊る男S(アルゼンチン) 役。13場:ニューヨーカー男S(ニューヨーク) 役。16場:紳士S 役。17場:パレードの紳士S 役

* 5月10日 『ミー・アンド・マイガール』製作発表(ホテル阪急インターナショナル) ※ビル(天海)とサリー(麻乃)に扮し主題歌を月組生と「ランベス・ウォーク」を披露
* 6月2日 - 6月28日 『ハードボイルド・エッグ/EXOTICA!』(公演数:44回)(阪神・淡路大震災のため東京公演(東京宝塚劇場)のみ)

『ハードボイルド・エッグ』(21場) - サイモン・エメット 役(1場)。アレックス 役
『EXOTICA!』(24場) - 1・2場:アジアの青年 役。3・4場:ドラゴンボーイS 役。11場:スターサファイアの男 役。12・13場:ダイヤの男 役。15~19場:リー・クォン 役。23場:金の奴隷 役。24場:パレードの歌手S1 役

* 8月11日 - 9月25日 『ミー・アンド・マイガール』(2幕)(公演数:61回)(宝塚大劇場公演) ※退団公演

- ビル(ウィリアム・スナイブスン) 役。2幕5場:踊る紳士 役

* 9月8日 - 9月9日 『’95 TCAスペシャル マニフィーク・タカラヅカ』(公演数:3回)(宝塚大劇場公演)

1部 『エスニックナイト』(月組公演『EXOTICA!』を再構成) - 1場:スター男 役。2・3場:ドラゴン・ボーイS 役。8場:スターサファイヤの男 役。9・10場:ダイヤの男 役。13場:スター女 役(四つの夢『月の夢』【曲目】サマー・タイム)。18場:金の奴隷 役。19場:パレードの歌手S1 役
2部 『オールスター スーパーナイト』 - 2場C:ロックスター 役。4場:MC(スター) 役。4場C:月形半平太(シェルブールの番傘)、石川五右ェ門(ルパン三世) 役。4場E:歌手 役【曲目】風のシャムロック

* 10月14日 - 10月29日 『ある日どこかで-SOMEWHERE IN TIME-』(2幕)(公演数:24回)(宝塚バウホール公演)

- リチャード・コリヤー 役

* 11月2日 - 11月9日 『ある日どこかで-SOMEWHERE IN TIME-』(2幕)(公演数:13回)(日本青年館公演)

- リチャード・コリヤー 役

* 12月1日 - 12月26日 『ミー・アンド・マイガール』(2幕)(公演数:43回)(東京宝塚劇場公演) ※天海祐希・麻乃佳世 退団公演。12月25日、12月26日の本公演終了後、引き続き、天海祐希・麻乃佳世サヨナラショーあり

- ビル(ウィリアム・スナイブスン) 役。2幕5場:踊る紳士 役

退団後の出演作品
テレビドラマ

* 金曜エンタテイメント 橋の雨(1996年7月19日、フジテレビ) - 江坂衣津子 役
* ドラマ新銀河 家族注意報!(1996年8月5日 - 8月29日、NHK) - 川田歩 役
* シングルス(1997年10月14日 - 12月16日、フジテレビ) - 主演・小野寺あさひ 役
* 金曜エンタテイメント 左手に告げるなかれ(1997年12月12日、フジテレビ) - 八木薔子 役
* 石光真清の生涯(1998年) - お花
* デジドラ「ワンシーン」レンタルビデオショップ編(1998年) - 祐希 役
* 新選組血風録(1998年) - お清 役
* 殴る女(1998年、フジテレビ) - 立花蓉子 役
* 七曲署捜査一係'98(1998年、日本テレビ) - 菊地久子 役
* 素敵にライバル(1999年) - 尾形陽子 役
* 恋愛詐欺師第一話(1999年、テレビ朝日) - 篠原裕美 役
* 蒼天の夢~松蔭と晋作・新世紀への挑戦~(2000年) - 高須久子 役
* 女検死官(2000年7月21日、フジテレビ) - 頼口涼子 役
* 柔らかな頬(2001年) - 森脇カスミ 役
* 歌恋温泉へようこそ(2001年) - 幸子 役
* 凍える牙(2001年) - 音道貴子 役
* Fighting Girl(2001年、フジテレビ) - 三井祥子 役
* 水曜日の情事(2001年、フジテレビ) - 佐倉あい 役
* 大河ドラマ 利家とまつ~加賀百万石物語~(2002年、NHK) - はる 役
* 東京物語(2002年) - カメラマン 役
* あした吹く風(2002年) - 猪熊鈴子 役
* 薔薇の十字架(2002年、フジテレビ) - 高畑暁 役
* 楽園のつくり方(2003年、NHK) - 星野涼子 役
* 流転の王妃・最後の皇弟(2003年、テレビ朝日) - 李香蘭 役
* 天国への応援歌 チアーズ~チアリーディングにかけた青春~(2004年、日本テレビ) - 中尾静江 役
* ロックド・イン症候群(2004年) - 田島いずみ 役
* 離婚弁護士(2004年、フジテレビ) - 主演・間宮貴子 役
* ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏(2004年、日本テレビ) - 主演・平木明日香 役
* 離婚弁護士スペシャル(2005年、フジテレビ) - 主演・間宮貴子 役
* 離婚弁護士II~ハンサムウーマン~(2005年、フジテレビ) - 主演・間宮貴子 役
* 女王の教室(2005年、日本テレビ) - 主演・阿久津真矢 役
* 女の一代記(2005年、フジテレビ) - 主演・越路吹雪 役
* 危険なアネキ 第8話(2005年、フジテレビ) - 間宮貴子 役

焼酎の試飲のシーンに、ドラマ『離婚弁護士』の役柄で登場。

* キッチン・ウォーズ(2006年2月25日、フジテレビ) - 主演・香坂真琴 役
* 女王の教室スペシャル(2006年、日本テレビ) - 主演・阿久津真矢 役
* トップキャスター(2006年4月 - 6月、フジテレビ) - 主演・椿木春香 役
* マグロ(2007年1月4日・5日、テレビ朝日) - 坂崎夏海 役
* 演歌の女王(2007年1月 - 3月、日本テレビ) - 主演・大河内ひまわり 役
* Around40~注文の多いオンナたち~(2008年4月-6月、TBS)-主演・緒方聡子 役
* BOSS(2009年4月 - 6月、フジテレビ) - 主演・大澤絵里子 役
* 不毛地帯(2009年10月 -2010年3月、フジテレビ) - 浜中紅子 役
* わが家の歴史 (2010年春、フジテレビ開局50周年企画) - 鬼塚千晶 役

テレビ番組

* 第46回NHK紅白歌合戦(1995年、NHK) - 審査員
* 第52回NHK紅白歌合戦(2001年、NHK) - 審査員

映画

* クリスマス黙示録(1996年) - 杉村葉子 役
* MISTY(原作:藪の中)(1997年) - 真砂 役
* 必殺! 三味線屋・勇次(1999年) - おとよ 役
* 残侠(1999年) - 志垣市子 役
* プリンス・オブ・エジプト(1999年) - ツィッポラ(声) 役
* 黒の天使vol.2(1999年) - 魔世 役
* 狗神(2001年) - 坊之宮美希 役
* 連弾(2001年) - 佐々木美奈子 役
* 柔らかな頬(2001年、デジタルハイビジョン上映) - 森脇カスミ 役
* 千年の恋 ひかる源氏物語(2001年) - 光源氏 役
* 突入せよ! あさま山荘事件(2002年) - 佐々幸子 役
* うつつ-UTUTU-(2002年) - 傘の女 役
* ござまれじ(2003年) - 竹村ゆり 役
* 世界の中心で、愛をさけぶ(2004年) - 朔太郎(現代)の上司 役
* いぬのえいが(2005年) - 美春 役
* バッテリー(2007年) - 原田真紀子 役
* サウスバウンド(2007年) - 上原さくら 役
* ザ・マジックアワー(2008年)-喪服の女 役
* 崖の上のポニョ(2008年、声優として参加) - ポニョの母・グランマンマーレ 役
* ゼラチンシルバーLOVE(2009年)
* 旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ(2009年)
* アマルフィ 女神の報酬(2009年) - 矢上紗江子 役
* カイジ 人生逆転ゲーム(2009年) - 遠藤凛子 役

舞台

* マヌエラ~燃える上海 恋する女~(1999年) - マヌエラ(永末妙子) 役
* 天海祐希のピエタ(1999年) - 永井友子 役
* パンドラの鐘(1999年) - ヒメ女 役
* オケピ!~The Orchestra Pit~(2003年) - ハープ(如月さん) 役
* 阿修羅城の瞳 BLOOD GETS IN YOUR EYES(2003年) - 闇のつばき / 阿修羅 役
* テイクフライト(2007年) - アメリア・エアハート 役

ラジオ

* 文化放送スペシャル サヨナラ天海祐希、そして新たなる出発(たびだち)(文化放送)- 1995年12月29日
* つかちゃん・のりこのGO!GO!ヒットパラダイス あなたが選ぶ 感動スター大賞・天海祐希スペシャル(ニッポン放送) - 1996年8月20日
* 私の朝(TOKYO FM)- 1997年7月13日(パーソナリティ)
* TOKYO CONCIERGE(J-WAVE)- 2003年4月6日 - 9月21日(ナビゲーター)

CM
宝塚時代に出演したもの

* 阪急電車(当時、阪急ブレーブスの星野伸之投手と共演)
* 東京ガス

退団後に出演したもの

* UCC UCCブラック・無糖
* 資生堂 UVwhite
* 武田薬品工業 アリナミンDYNAMIC
* 月桂冠
* 花王 ソフィーナ
* NTT西日本
* 旭松食品
* 片岡物産
* アリコジャパン
* 三菱地所 THE RIVER PLACE
* 日本和装
* アサヒ飲料 十六茶
* レリアン
* 日本ハム 美ノ国
* 東洋ゴム TRAMPATH MP4 PROXES C1S 
* 積水ハウス シャーウッド
* 東芝 ecoスタイル
* サントリー DAKARA
* ワーナーミュージック・ジャパン Superfly My Best Of My Life(ナレーション)

書籍
宝塚時代
写真集

* フォーサム臨時増刊 「天海祐希写真集 CIEL」(1994年2月1日、宝塚歌劇団)
* 宝塚ムック 「天海祐希サヨナラ写真集」(1995年9月14日、宝塚歌劇団)
* 報知グラフ '95-NO.5 12月号 宝塚ファンタジーVOL.3 SP 「アデュー天海祐希」(1995年12月10日、報知新聞社)

エッセイ

* 「ユウキ欲しい!?」天海祐希・著(1994年4月1日、東宝株式会社) ISBN 978-4-924609-48-8
* 「明日吹く風のために……」天海祐希・著(1995年11月22日、講談社) ISBN 978-4-06-256524-0

詩集

* 「笑顔の引力」天海祐希・著(1994年11月18日、東宝株式会社) ISBN 978-4-924609-50-1

宝塚退団後
写真集・エッセイ

* 「香港的天海祐希」(1997年7月14日、集英社)
* 講談社+α文庫 「明日吹く風のためにもっと遠くへ」(2001年10月20日、講談社)
* 「天海祐希/光源氏」(2001年11月7日、角川書店)
* フォト&エッセイ 「天海祐希 クリスマス黙示録」(1996年11月10日、ワニブックス)

PV

* 竹内まりや 「幸せのものさし」(ワーナーミュージック・ジャパン)

受賞歴

1996年

* 第33回ゴールデン・アロー賞 演劇賞
* 第12回浅草芸能大賞 奨励賞

1997年

* 日本アカデミー賞 第20回 新人賞(『クリスマス黙示録』)

1998年

* 1999年度E-ライン・ビューティフル大賞

1999年

1999年度 第3回日刊スポーツドラマグランプリ(7月 - 9月期)主演女優賞(NHK『素敵にライバル』 - 尾形陽子 役)

2001年

* 第34回シッチェス・カタロニア国際映画祭 最優秀女優賞(『狗神』 - 坊之宮美希 役)
* 第14回日刊スポーツ映画大賞 助演女優賞(『連弾』 - 佐々木美奈子 役)

2002年

* 2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ(10月 - 12月期)助演女優賞(フジテレビ系『水曜日の情事』 - 佐倉あい 役)
* 第23回ヨコハマ映画祭 主演女優賞(『狗神』 - 坊之宮美希 役 / 『連弾』 - 佐々木美奈子 役)
* ブルーリボン賞 第44回 主演女優賞(『狗神』 - 坊之宮美希 役 / 『連弾』 - 佐々木美奈子 役 / 『千年の恋 ひかる 源氏物語』 - 光源氏 役)
* 2001年ニフティ映画大賞 主演女優賞 (『狗神』 - 坊之宮美希 役 / 『連弾』 - 佐々木美奈子 役)
* 第25回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(『千年の恋 ひかる源氏物語』 - 光源氏 役)
* 2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ(1月 - 3月期)助演女優賞(NHK『利家とまつ』 - 佐々成政・正室 はる役)
* 2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ 助演女優賞(フジテレビ系『水曜日の情事』 - 佐倉あい 役、『利家とまつ』 - 佐々成政・正室 はる 役) 第3位に入賞。

2004年

* 2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(フジテレビ系『離婚弁護士』 - 間宮貴子 役)
* 第41回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(フジテレビ系『離婚弁護士』 - 間宮貴子 役)
* 2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ(7月 - 9月期)主演女優賞(日本テレビ系『ラストプレゼント』 - 平木明日香 役)
* 第42回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 主演女優賞(日本テレビ系『ラストプレゼント』 - 平木明日香 役)

2005年

* 第16回日本ジュエリーベストドレッサー賞ジュエリーベストドレッサー賞(30代部門)
* 2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ 主演女優賞(フジテレビ系『離婚弁護士』 - 間宮貴子 役)

『ラストプレゼント』平木明日香役で第3位にも入賞

* 第46回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 主演女優賞(日本テレビ系『女王の教室』 - 阿久津真矢 役)

2006年

* 2005年度 第9回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ主演女優賞(日本テレビ系『女王の教室』 - 阿久津真矢 役)
* 第32回放送文化基金賞番組部門・個別分野 出演者賞(日本テレビ系『女王の教室』第1回、最終回の演技)
* 第43回ギャラクシー賞 個人賞(日本テレビ系『女王の教室』、フジテレビ系『離婚弁護士II』『越路吹雪 愛の生涯』『キッチンウォーズ』の演技)
* 月刊TVnavi 4月 - 6月期 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2006 最優秀主演女優賞(フジテレビ系『トップキャスター』 - 椿木春香 役)

2008年

* 2008年度 第12回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(TBS系『Around 40』 - 緒方聡子 役)
* 2008年流行語大賞「アラフォー」

自身の主演したドラマによって、40歳代の前後の人に対する呼称が広まった。
2009年

* 第61回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
* 2009年度 第13回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
* 月刊TVnavi 4月 - 6月期 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2009 最優秀主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
* 第1回TSUTAYA onlineドラマアワード 2009年春(4月~6月)主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)
* 第2回「東京ドラマアウォード」主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)

各種好感度調査の上位入賞歴

* 2006年に「理想の上司」にランクイン。
* 2007年に産業能率大学が行った「新入社員から見た女性上司の理想像」のベスト5にランクイン。
* KIRIN「お酒と生活文化研究所」の「会社(職場)の人とのお酒の飲み方に関する意識調査」で、「一緒にお酒を飲みたい女性上司」のベスト10に2006年・2007年の2年連続で選ばれた。
* 2009年、大垣共立銀行が取引先新入社員(取引先対象の新入社員研修参加者)に対して行った「新入社員から見た上司の理想像」調査で総合ベスト10入り。



 
2009/11/24

原田芳雄

Category : 俳優
原田 芳雄
(はらだ よしお、1940年2月29日 - )

原田 芳雄


東京府東京市足立区(現:東京都足立区)出身の日本の俳優。所属事務所はギルドB。身長は175cm。血液型はA型。紫綬褒章はじめ、俳優として各種表彰受賞。

息子はギタリスト原田喧太。


来歴・人物

俳優座養成所を卒業後、俳優座座員となる。1968年、松竹映画『復讐の歌が聞える』で主演デビュー。1971年、俳優座の体質を批判して、市原悦子、菅貫太郎、中村敦夫らと退座し、以降、テレビドラマや映画を中心に活躍。

作品に恵まれたことは当然ながら、その圧倒的な存在感と的確な演技力を武器に、日本を代表する映画監督はもとより、若手の監督からも絶大な信頼を受け、100本を超える映画に出演。特に黒木和雄監督の「戦争レクイエム三部作」には全て出演して、何れも高い評価を得ている。原田の仕種やセリフ廻しに影響を受けた松田優作は、一時期彼の一挙手一投足を研究し、模倣したとも言われる。

キャリアと共に数多くの映画賞を受賞する一方、2003年には、功績が讃えられ紫綬褒章を受章。他にも独特の渋い声を生かして映画のナレーションを担当したりミュージシャンとしても積極的にライブ活動を敢行したりしている。

毎年12月28日に自宅の庭で恒例の餅つき会を桃井かおり・江藤潤をはじめ、勝村政信・松尾貴史・柄本明などが参加している。彼らは息子・原田喧太が生まれた頃からの常連である。

最近は、金山一彦・芳本美代子夫妻、柄本明の息子たち(柄本佑・柄本時生)や、TOKIOの松岡昌宏、ROOKIESの高岡蒼甫・風のガーデンの神木隆之介・ベッキー・江口洋介・妻夫木聡・など多くの俳優・女優・子役・タレント・歌手などが参加している。

2008年11月に早期の大腸癌が発見され入院、一ヶ月静養ののち同年末から仕事に復帰した。
鉄道

その一方、Nゲージの鉄道模型レイアウトをいくつも自作したことがあるほどの熱心な鉄道ファンとしても知られ、同じく鉄道ファンであるタモリ司会の『笑っていいとも!』(テレフォンショッキングコーナー)にゲストとして出演しては毎回、鉄道ネタで盛り上がるほど鉄道に対する思い入れは深い。現時点で同コーナーの出演回数は15回。

そして鉄道を介したタモリとの親交は『タモリ倶楽部』内の鉄道企画を通してより深まり、2003年の初共演を契機に小湊鐵道にて気動車の運転に挑戦したり(原田はブレーキ操作を誤り非常制動をかけてしまうという貴重な体験もした)、番組で車両を貸し切り京浜急行電鉄の車両工場や東京地下鉄(東京メトロ)の検車区を訪問したり、開館前の鉄道博物館を堪能し尽くしたりするうちに、今では番組内でもお互いを「タモさん」「ヨシオちゃん」と呼び合うほどの間柄になった。これら『タモリ倶楽部』での実績が評価されタモリ電車クラブゴールド会員(会員No.002)に認定された(会員No.001はタモリ)。

なお、数ある鉄道趣味の中で得意分野は「線路」である。


主な出演作品
映画

※作品名・公開年月日・製作または配給会社・役名・備考等の順に記述

※キネマ旬報ベストテンにランクインした作品を太字で記述

* 『復讐の歌が聞える』 (1968年9月17日・松竹・竹中克己・映画デビュー作)
* 『反逆のメロディー』 (1970年7月22日・日活・塚田哲・初主演)
* 『無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた』 (1972年6月10日・東宝・池広一夫監督)
* 『無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた』 (1972年10月10日・東宝・池広一夫監督)
* 『無宿人御子神の丈吉 黄昏に閃光が飛んだ』 (1973年6月9日・東宝・池広一夫監督)
* 『夕映えに明日は消えた』(1973年、東宝)※未公開
* 『竜馬暗殺』 (1974年8月3日・映画同人社・坂本竜馬・黒木和雄監督)
* 『田園に死す』 (1974年12月28日・寺山修司監督)
* 『祭りの準備』 (1975年11月8日・映画同人社・中島利広・黒木和雄監督)
* 『裸足のブルージン』 (1975年12月20日・東宝・山本聡)
* 悲愁物語 1977.05.21 三協映画=松竹
* 『柳生一族の陰謀』 (1978年1月21日・東映・名護屋山三郎・深作欣二監督)
* 『原子力戦争』 (1978年・ATG・黒木和雄監督)
* 『オレンジロード急行』(1978年・松竹・大森一樹監督)
* 『さらば映画の友よ インディアンサマー』 (1979年5月26日・日本ヘラルド映画・鱈坂俊二・原田眞人監督)
* 『闇の狩人』 (1979年6月17日・松竹・谷川弥太郎)
* 『ツィゴイネルワイゼン』 (1980年4月1日・中砂糾・鈴木清順監督)
* 『ヒポクラテスたち』 (1980年11月22日・徳松助教授・大森一樹監督)
* 『陽炎座』 (1981年8月21日・日本ヘラルド映画・和田・鈴木清順監督)
* 『さらば箱舟』 (1984年9月8日・劇団ひまわり・時任大作・寺山修司監督)
* 『すかんぴんウォーク』 (1984年2月11日・東宝・矢作努・大森一樹監督)
* 『生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言』 (1985年5月11日・宮里)
* 『コミック雑誌なんかいらない!』 (1986年2月1日・プロデューサー・滝田洋二郎監督)
* 『TOMORROW 明日』 (1988年8月13日・日本ヘラルド映画・山口・黒木和雄監督・「戦争レクイエム」第一部)
* 『どついたるねん』 (1989年11月11日・左島牧雄・阪本順治監督)
* 『浪人街』 (1990年8月18日・松竹・荒牧源内・黒木和雄監督)
* 『われに撃つ用意あり』 (1990年11月17日・松竹)
* 『鉄拳』 (1990年11月23日・松竹・滝浦勇・阪本順治監督)
* 『夢二』 (1991年5月31日・脇屋宗吉・鈴木清順監督)
* 『ハンテッド』 THE HUNTED (1995年2月24日(米)・UIP・タケダ・J.F.ロートン監督)
* 『眠れる美女』(1996年・東宝・横山博人監督)
* 『鬼火』 (1997年4月19日・ギャガ・コミュニケーションズ・国広法康・望月六郎監督)
* 『アナザヘヴン』 (2000年4月29日・松竹・飛鷹健一郎・飯田譲治監督・PG-12版とR-15版が公開)
* 『ざわざわ下北沢』 (2000年7月7日・九四郎)
* 『PARTY 7』 (2000年12月16日・東北新社・キャプテンバナナ・石井克人監督)
* 『スリ』 (2000年11月4日・衛星劇場・海藤正彦・黒木和雄監督)
* 『KT』 (2002年5月3日・シネカノン・神川昭和・阪本順治監督)
* 『凶気の桜』 (2002年10月19日・東映・青田修三)
* 『美しい夏キリシマ』 (2003年12月14日・日高重徳・黒木和雄監督・「戦争レクイエム」第二部)
* 『あずみ』 (2003年5月10日・東宝・小幡月斎・北村龍平監督)
* 『ナイン・ソウルズ』 (2003年7月21日・東北新社・長谷川虎吉)
* 『昭和歌謡大全集』 (2003年11月15日・シネカノン・金物屋の店主)
* 『天国の本屋~恋火』 (2004年6月5日・松竹・ヤマキ)
* 『父と暮せば』 (2004年7月31日・衛星劇場・竹造・黒木和雄監督・「戦争レクイエム」第三部)
* 『ニワトリはハダシだ』 (2004年11月13日・衛星劇場・大浜守)
* 『亡国のイージス』 (2005年7月30日・日本ヘラルド映画・梶本幸一郎・阪本順治監督)
* 『どろろ』(2007年1月27日・東宝・寿海・塩田明彦監督)
* 『オリヲン座からの招待状』(2007年秋公開・三枝健起監督)
* 『Little DJ~小さな恋の物語』(2007年冬公開・デスペラード・永田琴監督)
* 『火垂るの墓』(2008年)
* 『歩いても歩いても』(2008年6月28日・シネカノン・横山恭平・是枝裕和監督)
* 『たみおのしあわせ』(2008年7月19日・神埼伸男・岩松了監督)
* 『ウルトラミラクルラブストーリー』(2009年6月6日・横浜聡子監督)
* 『黄金花』(2009年木村威夫監督)

テレビドラマ

作品名・放送期日・放送局・役名・備考等の順に記述

* 『天下の青年』(1967年・フジテレビ系列・池新太郎)
* 『五番目の刑事』(1969年 - 1970年・NET系列・原田刑事)
* 『春の坂道』(1970年・NHK・柳生十兵衛・中村錦之助主演)
* 『天皇の世紀』 第2話「野火」(1971年9月11日・朝日放送系列・吉田寅次郎)
* 『木枯し紋次郎』 第3話「峠に哭いた甲州路」(1972年1月15日・フジテレビ系列・中村敦夫主演)
* 『冬物語』(1972年 - 1973年・日本テレビ系列)
* 『真夜中の警視』(1973年に関西テレビ製作、フジテレビ系列で放送されたが自動車事故を起こした際に無免許運転が発覚し途中で打ち切りになる)
* 『座頭市物語』 第13話「潮風に舞った千両くじ」(1975年1月9日・フジテレビ系列・勝新太郎主演)
* 『痛快! 河内山宗俊』 (1975年 - 1976年・フジテレビ系列・金子市之丞・勝新太郎主演)
* 『夫婦旅日記 さらば浪人』 第14話「弱虫侍と豪傑の決闘」(1976年7月5日・フジテレビ系列)
* 『新・座頭市』 (フジテレビ系列・勝新太郎主演)
o 第1シリーズ 第23話「幽霊が市を招いた」(1977年3月14日)
o 第3シリーズ 第11話「人情まわり舞台」(1979年7月9日)
* 『警視-K』 第5話「まぼろしのニューヨーク」(1980年11月4日・日本テレビ系列・勝新太郎主演)
* 『なぜか、ドラキュラ』(1984年10月8日 - 1985年1月7日・日本テレビ・タモリ主演)
* 『西部警察 PART-III 最終回スペシャル 大門死す! 男たちよ永遠に…』(1984年10月22日・テレビ朝日系列・藤崎礼次・石原プロ製作)

テロリスト「藤崎礼次」役。松田優作が同役を辞退した事が有名だが、かねてより松田が慕っていた原田が同役を務める事で事態の収拾を図ったと思われる。

* 『わるいやつら』(1985年4月2日・日本テレビ系列・下見沢作雄・古谷一行主演)
* 『独眼竜政宗』(1987年1月4日 - 12月13日・NHK・最上義光・渡辺謙主演)
* 『ゴリラ・警視庁捜査第8班』 第1話「ポリスアドベンチャー」(1989年4月2日・テレビ朝日系列・渡哲也主演)
* 『美味しんぼ』(1994年1月7日・フジテレビ系列・海原雄山・唐沢寿明主演)
* 『家族A』(1994年10月13日 - 12月8日・TBS系列・佐山大吾郎・低視聴率のため2話短縮)
* 『毛利元就』 (1997年1月5日 - 12月14日・NHK・堀立直正・中村橋之助主演)
* 『ブラザーズ』(1998年4月13日 - 6月29日・フジテレビ系列・藤原真学・中居正広主演)
* 『夏の日の恋~Summer Time~』(2002年6月24日 - 7月29日・NHK・ホームレス・岩下志麻主演)
* 『東京庭付一戸建て』(2002年7月10日 - 9月4日・日本テレビ系列・溜山一男・松本明子主演)
* 『ブラックジャックによろしく』(2003年4月11日 - 6月20日・TBS系列・北三郎・妻夫木聡主演)
* 『ヤンキー母校に帰る』(2003年10月10日 - 12月12日・TBS系列・岩崎達・竹野内豊主演)
* 『砂の器』(2004年1月18日 - 3月28日・TBS系列・本浦千代吉・中居正広主演)
* 『逃亡者 RUNAWAY』(2004年7月18日 - 9月26日・TBS系列・来栖慶介・江口洋介主演)
* 『ハチロー~母の詩、父の詩~』(2005年1月24日 - 3月21日・NHK・佐藤紅緑・唐沢寿明主演)
* 『エンジン』(2005年4月18日 - 6月27日・フジテレビ系列・木村拓哉主演)

主人公(木村拓哉)の義父親役で教職を辞して児童養護施設を開く神崎猛を演じ、多数のジャニーズJr.とも共演している。当時ジャニーズJr.で現在Hey!Say!JUMPの中島裕翔・有岡大貴と共演。16134

* 『ウォーカーズ~迷子の大人たち』(2006年・NHK土曜ドラマ・江口洋介主演)
* 『きらきら研修医』(2007年1月11日 - 3月22日・TBS系列・小西真奈美主演)
* 『おシャシャのシャン!』(2008年1月10日・NHK・田畑智子主演)
* 『土曜ドラマ・刑事の現場』(2008年3月・NHK・寺尾聰主演) - 鵜飼公平 役
* 『春さらば~おばあちゃん天国に財布はいらないよ~』(2009年3月25日・テレビ東京・夏川結衣主演) - 海野洋二 役
* 『火の魚』(2009年7月24日・NHK広島放送局・主演) - 村田省三 役
* フジテレビ開局50周年記念ドラマ 不毛地帯 (2009年10月 -2010年3月、フジテレビ) - 大門一三 役
* 『白洲次郎』(2009年2月28日・3月7日・9月23日・NHK・伊勢谷友介主演)- 吉田茂 役

バラエティ番組

* 森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ)
* タモリ倶楽部(テレビ朝日)
* 今夜は最高!(日本テレビ)
* 快傑えみちゃんねる(関西テレビ)
* SMAP×SMAP(フジテレビ)
* ひるのプレゼント(NHK総合)
* いつみても波瀾万丈(日本テレビ)
* 中居くん温泉(よみうりテレビ)

トーク番組

* スター千一夜(フジテレビ系列)
* 徹子の部屋(テレビ朝日系列)
* スタジオパークからこんにちは(NHK総合)

音楽番組

* 夜のヒットスタジオ(フジテレビ系列)

CM

* キリン『ライトビール』(共演:松田優作、宇崎竜童)
* キリン『シャウト』
* サントリー『モルツ』
* サントリー『BOSS』
* サントリー『角瓶』(2007年3月6日~)
* 富士通『FMV』(共演:木村拓哉)
* トヨタ自動車『クレスタ』(X100系)
* キリン『コクの時間』(2009年11月~)

ナレーション

* JR九州ネットムービー『鉄道物語』
* 鉄子の旅(テレビアニメ)
* 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(2007年映画、若松孝二監督)
* 鉄道模型ちゃんねる「究極の鉄道模型製作プロジェクト 夢のヨーロッパ世界遺産鉄道に挑む!」 BSジャパン(2008/08/30)

音楽作品

アルバム

* 原田芳雄RED(1990年7月18日リリース)
o 曲目
1. B級パラダイス
2. ショートピースとハイボール
3. 10ドルの天使
4. イッツ・オーライ
5. 赤坂・一ツ木・どん底周辺
6. 護送車を見送って
7. "りんご追分"歌うなよ
8. いとこ同志
9. iigusa
10. Get Out Of My Life Woman

その他

声優

* プレイステーション2用ソフト 『ドラッグオンドラグーン2 封印の紅、背徳の黒』(レグナ)

バラエティ番組

* 『森田一義アワー 笑っていいとも!』内コーナー 『テレフォンショッキング』ゲスト

(14回出演は出演回数歴代4位)

*
『タモリ倶楽部』ゲスト(括弧内は関東地区での放送日時)

「鉄道の見えるBARで電車グッズを肴に一杯やる」(2003年12月12日)
「小湊鐵道一日入社!タモリ・芳雄の出発進行!」(2004年12月3日)
「赤い電車に乗って京急久里浜車両工場へ行こう!![前編]」(2007年1月19日)
「赤い電車に乗って京急久里浜車両工場へ行こう!![後編]」(2007年1月26日)
「超先行潜入!鉄道博物館[前編]」(2007年10月5日)
「超先行潜入!鉄道博物館[後編]」(2007年10月12日)
「メトロに乗って綾瀬検車区に行こう!![前編]」(2007年11月30日)
「メトロに乗って綾瀬検車区に行こう!![後編]」(2007年12月7日)
「今夜語ろう!!原田芳雄カシオペア乗車全記録」(2009年6月5日)

受賞歴
キネマ旬報賞

* 1975年 助演男優賞 『祭りの準備』
* 1992年 主演男優賞 『寝盗られ宗介』
* 2000年 主演男優賞 『スリ』『ざわざわ下北沢』『PARTY 7』

ブルーリボン賞

* 1975年 助演男優賞 『祭りの準備』
* 1990年 主演男優賞 『浪人街』『われに撃つ用意あり』

報知映画賞

* 1989年 助演男優賞 『どついたるねん』
* 2004年 助演男優賞 『美しい夏キリシマ』『父と暮せば』『ニワトリはハダシだ』

毎日映画コンクール

* 1989年 男優助演賞 『どついたるねん』『出張』『キスより簡単』『夢見通りの人々』
* 1997年 男優主演賞 『鬼火』

日刊スポーツ映画大賞

* 1990年 主演男優賞 『浪人街』『われに撃つ用意あり』
* 1992年 主演男優賞 『寝盗られ宗介』

ヨコハマ映画祭

* 第11回 助演男優賞 『どついたるねん』『出張』『キスより簡単』
* 第19回 主演男優賞 『鬼火』




 
2009/11/24

佐々木蔵之介

Category : 俳優
佐々木蔵之介
(ささき くらのすけ、1968年2月4日- 本名:佐々木秀明)

佐々木蔵之介


京都府京都市出身の日本の俳優。血液型O型。「蔵之介」という芸名は、実家の職業から父親によってつけられたもの。ケイファクトリー所属。

公称サイズ

* 身長:182cm
* 体重:74kg
* チェスト:98cm
* ウエスト:82cm
* ヒップ:100cm
* シューズサイズ:27cm

経歴

1968年、京都市の造り酒屋・佐々木酒造の次男として生まれる。

ノートルダム学院小学校、京都市立二条中学校、洛南高等学校卒業。家業継承に向けて1988年、東京農業大学農学部醸造学科に進学するも中退。1989年、神戸大学農学部に入学。大学卒業後、1992年、広告代理店大広に勤務(同期入社に「ますだおかだ」の増田英彦がいた)。

1990年、神戸の劇団「惑星ピスタチオ」に入団し、旗揚げ公演『ファントム OF W』に出演。以後、1998年『大切なバカンス』を最後に退団まで、全作品に出演。2000年、NHK連続テレビ小説『オードリー』に出演し脚光を浴びる。

ドラマは、2003年に『白い巨塔』(フジテレビ)、2004年に『離婚弁護士』に出演。2008年10月スタートのテレビ朝日系ドラマ『ギラギラ』にて連続ドラマ初主演。

また、2006年12月、ニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』にて視力回復手術を受けた事を告白。朝日新聞夕刊の自筆コラム(2008年4月23日付)によれば、両目が0.04から1.5になった。

ドラマや映画など多方面で活動している。
人物・エピソード

長身に肌の色が白い事が特徴的である。細身ではあるが着痩せするだけで、体格も良い。しかし、『医龍-Team Medical Dragon2-』でのオペシーンでは、あまりにも長時間に及ぶ撮影に耐え切れず、腰にコルセットを付けていた。

俳優水嶋ヒロから「良い役者さん程、その人を知りたくなる」と対談を申し込まれた事があり、「自分が芝居をする事で、見る人が心を動かされるととても嬉しい」と語った。内田けんじ監督からは「世の中の色んなものを見てきた目をしている」と言われている。

ドラマ『バンビ~ノ』の共演者(厨房メンバー・ホールメンバー)達とは仲が良い。

『名探偵コナン』のジンを演じる際、銀のロングヘアの鬘を被り、目にカラーコンタクトを装着した状態で演じた。

フジテレビの『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「食わず嫌い王決定戦」に出演した際びわが嫌いな食べ物と判明した。
出演作品

* 主演は役名を太字で示す。

テレビドラマ

* 天国に一番近い男 第8話(1999年2月、TBS) - 甘粕一郎 役
* コワイ童話 不思議の国のアリス(1999年6月 - 7月、TBS) - 有栖川司 役-
* 女医(1999年7月 - 9月、ytv)
* オードリー(2000年10月 - 2001年3月、NHK) - 幹幸太郎 役
* JUDGE CAFE(2001年、BS-i)
* 金曜日の恋人たちへ(2000年1月 - 3月、TBS) - 山下真人 役
* Love Story(2001年4月 - 6月、TBS)
* 本家のヨメ(2001年10月 - 12月、ytv) - 奥山登 役
* ハンドク!!!(2001年10月 - 12月、TBS) - 高野誠 役
* 悪意(2001年11月 - 12月、NHK) - 野々口修 役
* 金曜エンタテイメント「えなりかずきの少年探偵事件でござる!」(2002年 - 2003年、フジテレビ) - 北小路 役
* First Love 第7話(2002年、TBS)
* サトラレ(2002年7月 - 9月、テレビ朝日) - 吉川俊介 役
* ホーム&アウェイ 第9話(2002年12月、フジテレビ系) - 九重保 役
* 美女か野獣(2003年1月 - 3月、フジテレビ) - 古袋博 役
* あなたの人生お運びします!(2003年4月 - 6月、TBS) - 駒井勇介 役
* 御宿かわせみ 第2話(2003年4月、NHK) - 五井兵馬 役
* クニミツの政(2003年7月 - 9月、関西テレビ) - 不破俊一 役
* 元カレ(2003年7月 - 9月、TBS系) - 藤枝徹 役
* 白い巨塔(2003年10月 - 2004年3月、フジテレビ) - 竹内雄太 役
* 独身3!! 第3話(2003年10月、テレビ朝日) - 上野公平 役
* ハコイリムスメ! 第5話(2003年11月、関西テレビ) - 西谷弘一 役
* サントリーミステリー大賞「運命が見える手」(2003年11月、テレビ朝日) - 梅島永治 役
* スチュワーデス刑事8(2004年1月、フジテレビ) - 高野和雄 役
* ほんとにあった怖い話「迷子」(2004年2月、フジテレビ) - 川越健介 役
* 離婚弁護士(2004年4月 - 6月、フジテレビ) - 柳田俊文 役
* ビー・バップ・ハイスクール(2004年6月16日、TBS) - 早乙女 役
* ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏(2004年7月 - 9月、日本テレビ) - 小田聡 役
* 恋のから騒ぎドラマスペシャル「三十路の女」(2004年9月、日本テレビ) - 雄太郎 役
* 離婚弁護士 新春スペシャル(2005年1月6日、フジテレビ) - 柳田俊文 役
* ルームシェアの女(2005年1月 - 3月、NHK) - 杉田修平 役
* Mの悲劇(2005年1月 - 3月、TBS) - 久保(松本)明 役
* 優しい時間 第3、8話(2005年、フジテレビ) - 松田 役
* 月曜ミステリー劇場「警視庁・内偵監察官 桜沢葵の事件簿」(2005年3月、TBS)
* 柳生十兵衛七番勝負(2005年4月、NHK) - 由比富士太郎 役
* 離婚弁護士II~ハンサムウーマン~(2005年4月 - 6月、フジテレビ) - 柳田俊文 役
* ボイスレコーダー~残された声の記録(2005年8月、TBS)
* 世にも奇妙な物語'05秋の特別編「越境」(2005年10月、フジテレビ) - 柴田錬 役
* 今夜ひとりのベッドで(2005年10月 - 12月、TBS) - 久住俊介 役
* TBSテレビ五十周年新春スペシャルドラマ 里見八犬伝(2006年1月、TBS) - 山下定包 役
* キッチン・ウォーズ(2006年2月、フジテレビ) - 香坂哲也 役
* 喰いタン-食通探偵の推理紀行-(2006年1月 - 3月、日本テレビ) - 結城寛 役
* 医龍-Team Medical Dragon-(2006年4月 - 6月、フジテレビ) - 藤吉圭介 役
* 下北サンデーズ(2006年7月 - 9月、テレビ朝日) - あくたがわ翼 役
* 僕の歩く道(2006年10月 - 12月、関西テレビ) - 大竹秀治 役
* 遙かなる約束(2006年11月25日、フジテレビ) - 安岡 役
* 笑える恋はしたくない(2006年12月1日 - 12月15日、TBS) - 魚住悟 役
* 風林火山(2007年1月、NHK大河ドラマ) - 真田幸隆 役
* バンビ~ノ!(2007年4月 - 6月、日本テレビ) - 桑原敦 役
* 死ぬかと思った 第13話「四十九日」(2007年6月、日本テレビ) - 加瀬真治 役
* 医龍-Team Medical Dragon-2(2007年10月 - 12月、フジテレビ) - 藤吉圭介 役
* 名探偵コナン ドラマスペシャル第2弾「工藤新一の復活! 黒の組織との対決」(2007年12月17日、ytv) - ジン 役
* 斉藤さん(2008年1月 - 3月、日本テレビ) - 真野透 役
* 鹿男あをによし(2008年1月 - 3月、フジテレビ) - 福原重久 役
* 絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット~(2008年4月 - 6月、フジテレビ)- 並切岳 役
* 猟奇的な彼女(2008年4月 - 6月、TBS) - 森中 進 役
* モンスターペアレント(2008年7月 - 9月、関西テレビ)- 三浦圭吾 役
* ギラギラ(2008年10月 - 12月、ABC・テレビ朝日) - 七瀬公平 役
* トライアングル(2009年1月 - 3月、関西テレビ) - 秋本了 役
* ハンチョウ~神南署安積班~(2009年4月 - 7月、TBS) - 安積剛志 役
* オルトロスの犬(2009年7月 - 9月、TBS) - 沢村敬之 役
* フジテレビ開局50周年記念ドラマ 不毛地帯 (2009年10月 -2010年3月、フジテレビ) - 秋津清輝 役
* チャレンジド(2009年10月10日 - 11月7日 全5回、NHK) - 全盲となった教師・塙 役

Webドラマ

* あそむび幸運探偵風烈光の事件簿 (2007年3月、NTT西日本) - 風烈 光 役

オリジナルビデオ

* 東京フレンズ - 小橋亨 役

バラエティ

* 美しき青木・ド・ナウ (2008年10月4日、6日、テレビ朝日)
* とんねるずのみなさんのおかげでした (2009年6月18日、フジテレビ)

映画

* 船を降りたら彼女の島(2003年) - 河野創平 役
* Jam Films「HIJIKI」主演
* 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年)
* 電車男(2005年) - ひさし 役
* サマータイムマシン・ブルース(2005年) - 保積光太郎 役
* 県庁の星(2006年)桜井圭太 役
* 間宮兄弟(ドランクドラゴン塚地武雅とダブル主演)(2006年) - 間宮明信 役
* 東京フレンズ The Movie - 小橋亨 役
* UDON(2006年) - 保積光太郎 役
* アキハバラ@DEEP(2006年) - 中込威 役
* アジアンタムブルー(2006年) - 川上音彦 役
* 虹の女神(2006年) - 樋口慎佑 役
* 愛の流刑地(2007年) - 稲葉検事 役
* 憑神(2007年) - 別所左兵衛 役
* 椿三十郎(2007年) - 木村 役 
* アフタースクール(2008年)北沢雅之 役
* ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008年4月5日公開) - 駐在さん(中島)役
* 20世紀少年(2008年8月30日公開) - フクベエ(服部哲也) 役
* 誰も守ってくれない(2009年) - 梅本孝治 役
* 20世紀少年 <第2章> 最後の希望(2009年) - フクベエ(服部哲也) 役
* 群青 愛が沈んだ海の色(2009年6月27日公開予定) - 仲村龍二 役
* 守護天使(2009年) - 村岡昌志 役
* 20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗(2009年) - フクベエ(服部哲也)/カツマタ(勝俣忠信) 役
* 曲がれ!スプーン(2009年)

ラジオ

* 青春アドベンチャー『仮想の騎士』(2001年5月28日~2001年6月8日、NHK-FM放送) - ジャック・カザノヴァ 役

* 京極夏彦ラジオドラマ 『百器徒然袋』(2006年10月~2007年3月、ニッポン放送) - 榎木津礼二郎 役

* ラジオドラマ道草『岩戸弁二郎はここにいる』(全4話)「TOKYO FM ON THE COMEDY」内 - 本間ちゃん 役

CDドラマ

* BANANA FISH 全3巻 原作:吉田秋生(1995年6月~1997年7月) - フォックス 役

CM

* J-PHONE(現:ソフトバンクモバイル)
* ディズニーチャンネル
* リリィジュ 「扉の向こう」篇 ナレーション
* ボーダフォン(現:ソフトバンクモバイル) Vodafone 3G(現SoftBank 3G)
* 日本生命保険 「愛する人のために 柱篇」 
* 武田薬品工業
* アサヒビール アサヒ本生
* トヨタ自動車 ノア(2007年)
* ワーナーミュージック・ジャパンR35 Sweet J-Ballads(2007年)
* ミツカン 「ミツカンかおりの蔵」(2007年~)
* au 「誰でもウェルカムキャンペーン」(2007年~)
* 明星食品 「究麺」(2009年)
* AOKI 「ドライクール編」(2009年)

舞台

* ファントム OF W(1990年)
* 地元民は怪力(1993年)
* 俺たちは志士じゃない(1994年)
* 破壊ランナー(1995年)
* ジャンキースクエア(1996年)
* 12人の入りたい奴ら(1997年)
* 熱闘!!飛龍小学校☆パワード(1997年)
* 煽動する女(1997年)
* ロマンチック・コメディ(1998年)
* 一郎ちゃんがいく(1998年)
* 絢爛とか爛漫とか(1998年)
* 夏の夜の夢(1999年1月)
* 半神(1999年4~5月)
* 債鬼(1999年9~10月)
* マクベス(1999年12月)
* LONG AFTER LOVE(2000年3~4月)
* パーフェクト・デイズ(2000年6月)
* Vamp Show(2001年6月)
* LOVE LETTERS(2001年12月)
* おやすみの前に(2002年5月)
* 「新・明暗」(2002年10月)
* LOVE LETTERS(2003年)再演
* おはつ(2004年1月)
* 新・明暗再演(2004年10月)
* 時には父のない子のように(2005年6月)
* クラウディアからの手紙(2006年1月)
* LOVE LETTERS(2006年6月)再演
* 私はだれでしょう(2007年1月)
* 抜け穴の会議室(2007年11月)
* LOVE LETTERS(2007年12月)再演
* 狭き門より入れ(2009年8月~9月)

その他

* にんげんドキュメントナガセ君の小さな生きものたち(2005年10月、NHK総合)朗読
* にんげんドキュメント空師~大樹と生きる仕事人~(2007年1月、NHK総合)朗読
* 銘酒誕生物語 東北の清酒蔵を訪ねて(2008年3月、WOWOW)語り
* 銘酒誕生物語 北陸の清酒 初搾りの時を訪ねて(2009年1月、WOWOW)語り
* 知るWiiテレビ 森羅万象地球図鑑(2009年、Wiiの間配信)ナレーション



 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。