--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/11/18

斉藤由貴

Category : 女優
斉藤 由貴
(さいとう ゆき、本名:小井由貴(いさらい ゆき)(旧姓:斉藤)、1966年9月10日 - )
斉藤由貴

日本の女優、歌手。神奈川県横浜市南区出身、神奈川県立清水ヶ丘高等学校(現、神奈川県立横浜清陵総合高等学校)出身。身長161センチ。体重48kg、スリーサイズはB86W59H86。左利き。実家の家業は老舗の帯職人。兄、姉、弟(元俳優の斉藤隆治)がいる。

趣味・特技は作詞・イラスト・読書・詩を書くことなど。 また、祖父が聴覚障害者であったために手話の心得があると以前から著書などで述べていた。

モルモン教徒としても知られている(『同窓会』の項を参照)。

来歴
Ambox style.png
この記事に雑多な内容を羅列した節があります。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか整理・除去する必要があります。(2008年6月貼付)

* 1982年、神奈川県立清水ヶ丘高等学校入学。
* 1983年、第1回東宝「シンデレラ」オーディション準グランプリを受賞する。
* 1984年、高校で所属した漫画研究会で部長を務める。第3回ミスマガジン(講談社)グランプリを受賞する。
* 1985年、「卒業」で歌手デビューする。そのプロモーションテレホンカードには、のちに10万円以上のプレミアが付くこととなる。女優としては、『スケバン刑事』(フジテレビ)で連続テレビドラマ初主演が決まる。また、相米慎二監督『雪の断章 - 情熱 -』(東宝)で映画デビューした。以後、大森一樹、金子修介ら有力監督を投入して、「監督の作家的要素を重視したアイドル映画」を斉藤主演で定期的に製作した。「東宝の顔」ともいうべき存在となったが、爆発的ヒットには恵まれることなく一時的なものとなった。
* 1986年、4月からNHK連続テレビ小説『はね駒』のヒロインに抜擢される。平均視聴率は40%を超え、「斉藤由貴」の名は一躍全国区となった。テレビアニメ『めぞん一刻』(フジテレビ)の主題歌に「悲しみよこんにちは」が起用され、歌謡曲番組にも多く登場し、年間10位を獲得した。12月には、『第37回NHK紅白歌合戦』(NHK)に同曲で初出場した。同時に当時最年少となる紅組キャプテンを務めた(1996年の『第47回NHK紅白歌合戦』で松たか子がこの記録を更新)。
* 1987年、斉藤が司会進行のトーク番組『斉藤さんちのお客さま』(フジテレビ)が毎週金曜19:00~19:30に放送された(因みに前番組は『コムサ・DE・とんねるず』)。番組では斉藤が「しげー」と呼ぶ室井滋が扮するメイドも登場した(室井とは初期の映画で何度か共演の因縁)。毎回、斉藤とトークするゲスト1名が登場するが、主なゲストとしては、映画『恋する女たち』で共演した高井麻巳子やプロレス団体UWFの中心選手であった若き格闘王前田日明が挙げられる。
* 1989年、筒井康隆著『着想の技術』の解説を執筆する。また自身出演の日本テレビ系ドラマ『湘南物語 マイウェイマイラブ』の主題歌で、井上陽水カバーの「夢の中へ」をリリース。彼女自身シングル売上では最大のヒット曲となった。
* 1990年代以降、アイドルから脱皮して女優として映画・テレビ・舞台を演じ、詩作活動やナレーターなど幅広く活躍している。
* 1994年12月、小井延安と結婚する。
* 2004年、作詞家としてミュージカルの作詞や、崎谷健次郎の他に酒井法子、本田美奈子.といった同世代の女性歌手にも詞を提供している。
* 2006年、主演のテレビドラマ『吾輩は主婦である』(TBS)でコメディエンヌとしての実力をいかんなく発揮した。初期はお姫様役が多かったが、90年代以降はサスペンスドラマへの出演が多くシリアスな役が続いた。及川光博とのユニット「やな家」を結成し、シングル「家庭内デート」をリリースした。7年ぶりに休止していた歌手活動も行うようになった。6月8日には『うたばん』(TBS)にも出演した。司会のとんねるずの石橋貴明は、1989年放送の『とんねるずのみなさんのおかげです』(コント『集団就職によくある風景』、フジテレビ)以来、17年ぶりに共演と語った。『うたばん』では「みなさんおかげです」でのコント・『優駿2』の映像も放送され、石橋は「涙が出そうになった」と懐かしさに大感激した(石橋のかつての持ちネタであった「もう貴さんたら。」は斉藤の物真似であったという)。映画『スケバン刑事』四代目麻宮サキの母親役で出演した。配役には「当時のファンが喜んでくれるのでは」と出演を快諾した。斉藤は、かつて苦労したヨーヨーのシーンは自身の努力した分は作品に報われていると語ったが、ほとんどCG処理されて残念がる四代目の松浦亜弥に対して同情した。
* 2007年、テレビドラマ『歌姫』(TBS)では、かつてのアイドルの面影を完全に打ち消した50代のオバサン役を演じた。また、テレビアニメ『レ・ミゼラブル 少女コゼット』(BSフジ)のオープニングテーマソング「風の向こう」、エンディングテーマソング「ma maman(私のおかあさん)」を担当した。以前、ミュージカル『レ・ミゼラブル』(1987年)にてコゼットを演じたこともあるため、コゼットの気持ちを歌った両曲は斉藤にとって2度目を演じたとも言われる。また、憧れの先輩谷山浩子とコンサートで共演する。
* 2008年3月8日にパルコ劇場にて単独では結婚以来13年ぶりにコンサートが開かれた。東宝芸能まつりの1日を使用したコンサートにもかかわらず、チケットは即日完売。翌日の3月9日は「水野真紀のスィーツトークショー」が行われていたが、早々に撤去させ、夕方6時開演で追加公演を行うという事態にまで発展した。コンサートには旧知のファンが再結集し、斉藤ならびに観客ともに号泣しながらのコンサートでありファンの間では「伝説の復活コンサート」として語り草になっている。
* 2009年、7月27日、『ごきげんよう』(フジテレビ)にゲスト出演し、『スケバン刑事』出演時、本当はヨーヨーがまったく出来なかった事を告白した。実演し、まったくできなかった。

人柄

* 当時の「快活」で「愛らしく」振る舞う多数派アイドルに終始せず、「もの静か」で「淑やかな文学少女」的キャラクターで一線を画し、人気を博した。その独特の雰囲気や言動は、少数ながら「不思議系アイドル」とも評された。
* そのイメージとは裏腹に、尾崎豊や川崎麻世との不倫問題も、大きく取り上げられた。得に、川崎麻世との関係については、記者会見も開かれるほどで、本人は号泣していた。一方の川崎も記者会見を開き、そこには妻のカイヤが、会見会場の後ろで腕組をしながら見守るという異様なものであった。
* 『ザ・ベストテン』(TBS)初登場時には、司会の久米宏、黒柳徹子に対してはきはきした受け答えも話題となった。
* 若手女優のヌードが度々話題になっていたが、斉藤はインタビューで「私は脱ぐことはない」と明言している
* テレビドラマ『スケバン刑事』は、斉藤自身に存在しないキャラクターを演じる葛藤と、それに対する周囲からの予想し得ない高評価とに差があり、この作品の位置付けに長年悩んでいたようである。しかし、特別番組内でNG集が放映された時は、悪に立ち向かうシリアスなドラマの配役と異なり、ヨーヨーを使うシーンでの連続するNGに対して笑いを連発していた。
* 3児(一男二女)の母親として家事・女優業に奮闘している。「ほんわかした優しいママ」というイメージがあるが、実は“子に厳しい母”と自ら語っている。

音楽
シングル

1. 卒業(1985年)
* 作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:武部聡志
* 明星食品「青春という名のラーメン」CM曲
* 発売から20年以上が経過しても未だに人気がある、卒業ソングの定番。後に松下萌子がカヴァーした。
2. 白い炎
* 作詞:森雪之丞/作曲:玉置浩二/編曲:武部聡志
* フジテレビ系ドラマ『スケバン刑事』主題歌。
3. 初戀 
* 作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:武部聡志
4. 情熱
* 作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:武部聡志
* 東宝映画『雪の断章・情熱』主題歌、富士フイルム「AXIAテープ」CM曲。
5. 悲しみよこんにちは(1986年)
* 作詞:森雪之丞/作曲:玉置浩二/編曲:武部聡志
* フジテレビ系アニメ『めぞん一刻』主題歌。
6. 土曜日のタマネギ <12inch Single>
* 作詞:谷山浩子/作曲:亀井登志夫/編曲:武部聡志
* 富士フイルム「AXIAテープ」CM曲。
* 唯一のアカペラ曲。
* 谷山浩子がアルバム『水玉時間』(1986年)にてセルフカバーしている。
7. 青空のかけら
* 作詞:松本隆/作曲:亀井登志夫/編曲:武部聡志
* 富士フイルム「AXIAテープ」CM曲。
8. MAY
* 作詞:谷山浩子/作曲:MAYUMI/編曲:武部聡志
* 東宝映画『恋する女たち』主題歌。
9. 砂の城(1987年)
* 作詞:森雪之丞/作曲:岡本朗/編曲:武部聡志
* 富士フイルム「AXIAテープ」CM曲。
10. 「さよなら」
* 作詞:斉藤由貴/作曲:原由子/編曲:武部聡志
* 東宝映画『『さよなら』の女たち』主題歌。
11. ORACION -祈り-(1988年)
* 作詞:来生えつこ/作曲:来生たかお/編曲:武部聡志
* 来生たかおとのデュエット曲。
* 東宝映画「優駿 ORACION」挿入歌
12. Christmas Night(1988年)
* 作詞:斉藤由貴/作曲:岡本朗/編曲:武部聡志
13. 夢の中へ(1989年)
* 作詞・作曲:井上陽水/編曲:崎谷健次郎
* ドラマ『湘南物語』主題歌。
* 井上陽水のカバーで彼女最大のヒット曲。BaBeがバックボーカルで参加。
14. Ave Maria~Who(1989年)
* 作詞:堀内敬三/作曲:C.Gounod/編曲:武部聡志
15. いつか(1992年)
* 作詞:斉藤由貴/作曲:山口美央子/編曲:上杉洋史
16. なぜ(1994年)
* 作詞:斉藤由貴/作曲:筒美京平/編曲:澤近泰輔
17. こむぎいろの天使(1999年)
* 作詞:斉藤由貴/作曲・編曲:大島ミチル
* 映画『こむぎいろの天使 すがれ追い』主題歌
18. 家庭内デート(2006年)
* 作詞:宮藤官九郎/作曲:富澤タク
* ドラマ『吾輩は主婦である』主題歌。
* 及川光博とのユニット「やな家」としてリリースされた。
19. 風の向こう(2007年)
* 作詞:斉藤由貴/作曲:いしいめぐみ/編曲:澤近泰輔
* テレビアニメ『レ・ミゼラブル 少女コゼット』オープニングテーマ。
20. 悲しみよこんにちは (21st century ver.)(2007年)
* 編曲:澤近泰輔
* 「夢の中へ」、「白い炎」、「家族の食卓」の各セルフカヴァー4曲を収録したマキシシングル。

オリジナルアルバム

1. AXIA(1985年)
2. ガラスの鼓動(1986年)
* 2008年7月16日には、「Myこれ!チョイス01 ガラスの鼓動 + シングルコレクション」としてリニューアル・リリースされた。
3. チャイム(1986年)
* このアルバムに収録されている「SORAMIMI」は谷山浩子がアルバム『水玉時間』にてセルフカバーしている。
* このアルバムに収録されている「アクリル色の微笑」は崎谷健次郎がアルバム『ただ一度だけの永遠』にてセルフカバーしている。
4. 風夢(1987年)
* このアルバムに収録されている「ひまわり」は谷山浩子がアルバム『透明なサーカス』にてセルフカバーしている。
5. ripple(1987年)
6. PANT(1988年)
* このアルバムに収録されている「少女時代」は原由子がアルバム『MOTHER』(1991年)にてセルフカバー、シングル「負けるな女の子!」のカップリングとしてもリリース。
7. TO YOU(1988年)
8. âge(1989年)
* このアルバムに収録されている「LUNA」は谷山浩子がアルバム『冷たい水の中をきみと歩いていく』にて、「DOLL HOUSE」は谷山浩子がアルバム『漂流楽団』にてセルフカバーしている。
9. MOON(1990年)
10. LOVE(1991年)
* このアルバムに収録されている「意味」は、崎谷健次郎のアルバム『ambivalence』への作詞提供曲で、セルフカバーしている。
11. moi(1994年)

ベストアルバム

1. The Special Series 斉藤由貴(1985年)
2. YUKI'S BRAND(1987年)
3. Yuki's MUSEUM(1989年)
4. YUKI's BEST(1995年)
5. MYこれ!クション 斉藤由貴BEST(2001年)
6. 斉藤由貴 SINGLESコンプリート(2007年)
7. 斉藤由貴 ヴィンテージ・ベスト(2008年)

出演
テレビドラマ

* 野球狂の詩(1985年 フジテレビ) (水原勇気)
* 原島弁護士の愛と悲しみ(1985年 TBS)
* スケバン刑事(1985年 フジテレビ) (麻宮サキ)
* 父(パッパ)からの贈りもの(1985年 NHK)
* 連続テレビ小説 はね駒(1986年 NHK) (おりん)
* あまえないでヨ! (1987年 フジテレビ)
* とっておきの青春 (1988年 NHK)
* あそびにおいでヨ! (1988年 フジテレビ)
* 女優時代(1988年 よみうりテレビ)(乙羽信子)
* はいすくーる落書(1989年 TBS) (諏訪いづみ)
* 湘南物語(1989年 日本テレビ)
* 叫んでも…聞こえない(1989年 日本テレビ)
* LUCKY・天使、都へ行く(1989年 フジテレビ)
* はいすくーる落書2(1990年 TBS) (嵯峨いづみ)
* 世にも奇妙な物語秋の特別編「絶対イヤ!」(1990年 フジテレビ)
* おとうと(1990年 TBS) (幸田文)
* 和宮様御留(1991年 テレビ朝日)
* 終の夏かは(1992年 日本テレビ)
* 女事件記者 立花圭子(1992年 テレビ朝日)
* まったナシ!(1992年 日本テレビ)
* If もしも「彼女が座るのは、右のイスか?左のイスか?」(1993年 フジテレビ)
* 同窓会(1993年 日本テレビ)
* 泣きたい夜もある(1993年 毎日放送/TBS)
* 月曜ドラマスペシャル「看護婦探偵・戸田鮎子シリーズ」(1994年 - 1995年 TBS) (戸田鮎子)
* 福井さんちの遺産相続(1994年 関西テレビ)
* 世にも奇妙な物語秋の特別編「出られない」(1994年 フジテレビ)
* 八代将軍吉宗 (1995年 NHK) (徳川綱吉息女・鶴姫)
* 君を想うより君に逢いたい(1995年 関西テレビ)
* 暴力教師~君に伝えたいこと(1996年 NHK)
* 心療内科医・涼子 第4話「買い物しすぎる女」(1997年 よみうりテレビ)
* 永遠のアトム 手塚治虫物語(1999年 テレビ東京)(いがらしゆみこ)
* 別れたら好きな人(1999年 テレビ東京)
* 火曜サスペンス劇場「救命救急センターシリーズ」(2000年 - 2005年 日本テレビ) (坂木みのり)
* ある日、嵐のように(2001年 NHK)
* 金田一耕助シリーズ「人面蒼」(2003年 TBS・東阪企画)
* 土曜ワイド劇場「殺人ロケ・美女3人貧乏撮影隊が出会った三つの連続殺人!」(2003年、テレビ朝日)
* 女の一代記 瀬戸内寂聴(2005年 フジテレビ)(寂聴の姉・瀬戸内艶)
* 吾輩は主婦である(2006年 TBS)(矢名みどり)
* お・ばんざい!(2007年 毎日放送)(花園くるみ)
* 歌姫(2007年 TBS)(松島鯖子)
* バッテリー(2008年 NHK)(原田真紀子)
* つばさ(2009年 NHK)(末永紀菜子)
* 小公女セイラ(2009年 TBS)(三村笑美子)
* 土曜ワイド劇場「特ダネ(秘)記者!嘉門公平の殺人取材」(2009年9月19日 テレビ朝日) (矢神凛子)
* 古代少女ドグちゃん(2009年、毎日放送)(杉原小百合)

テレビ番組

* NHK紅白歌合戦・紅組司会(1986年 NHK)
* 徹子の部屋・ゲスト(1986年、1989年、1998年、2009年 テレビ朝日)
* 斉藤さんちのお客さま(1987年 フジテレビ)
* 一枚の写真(1987年 フジテレビ)
* 国宝・投入堂の謎~修験の山 三徳山の祈り~(2007年1月2日、NHK)
* 恋するハニカミ!ゲスト(2008年2月29日 TBS)
* 僕らの音楽 -OUR MUSIC-…一青窈ゲストの回で「卒業」をコラボ(2008年2月29日 フジテレビ)
* エチカの鏡~ココロにキクテレビ~(2008年10月19日、フジテレビ)
* クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス(2008年 NHK)
* ホリデーにっぽん「サヘルとフローラ~イラン人親子の東京物語~」(2009年5月5日 NHK)ナレーション

映画

* 雪の断章 - 情熱 - (1985年、東宝)(夏樹伊織)
* 恋する女たち(1986年、東宝)(吉岡多佳子)
* ラッコ物語(1987年、関西テレビ)(声の出演)
* トットチャンネル(1987年、東宝)(柴柳徹子…モデルは黒柳徹子)
* 「さよなら」の女たち(1987年、東宝)(安達郁子)
* 優駿 ORACION(1988年、フジテレビ)(和具久美子)
* 君は僕をスキになる(1989年、東宝)
* ゴジラvsビオランテ(1989年、東宝) ※ノンクレジット
* 香港パラダイス(1990年、東宝)
* おいしい結婚(1991年、東宝)
* 私の心はパパのもの(1992年、東北新社)
* わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語(1996年)
* ジューンブライド 6月19日の花嫁(1998年、松竹)
* あ、春(1999年、松竹)
* 贅沢な骨(2001年)
* 命(2002年)
* 青いうた~のど自慢 青春編~(2006年)
* スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ(2006年)
* KIDS(2008年)
* BABY BABY BABY! -ベイビィ ベイビィ ベイビィ-(2009年)(平塚みさお)
* BALLAD 名もなき恋のうた(2009年、東宝)(お里)
* BANDAGE (2010年、東宝)

インターネットショートムービー

* identity(2007年)
* metamorphosis(2007年)

以上の2作品はフジテレビによる「きっかけは、フジテレビ」キャンペーンの一環として制作され無料配信された。後にBSフジで放送。斉藤はこの中で主人公の高校生(真山明大・谷村美月)に印象的なアドバイスを残す保健室の先生役として出演。主題歌は斉藤の「家族の食卓」が使われ、また自作の詩も最後に朗読されている。

舞台

* マイ・フェア・レディ(1984年)
* レ・ミゼラブル(1987年) - コゼット
* から騒ぎ(1990年)
* 5時の恋人(1992年)
* 二十四の瞳(1994年)
* 君となら ~ Nobody Else But You ~(1995年)
* きららの指輪たち(1998年)
* 人間風車(2000年)
* 空のかあさま(2001年)
* フレンズ(2001年)
* にくいあんちくしょう(2002年) - 小袖
* クラウディアからの手紙(2006年)
* ゼブラ(2009年)
* 斎藤幸子(2009年)

ラジオ

* 見えますか?青春きらめき色(ニッポン放送系)
* 由貴とキッチュの“世にもふかしぎ”(同上)
* ネコの手も借りたい(同上)
* 斉藤由貴 タワーサイド・メモリー(同上、特番)
* ヨコハマヤンググラフィック(FM横浜)
* 斉藤由貴のサウンドクルージング(JFN系、1990年~1994年)

書籍

* ネコの手も借りたい(1989年、小学館)
* 運命の女(1990年、角川書店)
* 幸せのビブリオン(1990年、小学館)
* 今だけの真実(ほんと)(1991年、ニッポン放送出版)
* 透明な水(1992年、角川書店)
* 由貴的世界感情旅行(1992年、角川書店)
* 双頭の月 運命の女(1993年、角川書店)
* NOISY(1994年、角川書店)
* いつでもわたし流(1998年、読売新聞社)
* 赤ちゃんあいしてる-斉藤由貴の妊娠・出産はじめて日記(2000年、小学館)
* 私の好きなあの人のコト(2000年、新潮社)

写真集

* いつもそばにいて…由貴 (1985年、講談社)
* 情熱―斉藤由貴写真集(1985年、ワニブックス)
* 風のめざめ 斉藤由貴写真集 漂流姫(1986年、ポニカ出版)
* 斉藤由貴―ORACI ON (1988年、フジテレビ出版)

ビデオ

* 微.少女(1985年)
* 漂流姫(1987年 ポニーキャニオン)
* PANT(1988年 ポニーキャニオン)
* one two YUKI'S TOUR(1990 ポニーキャニオン) 1990年1月28日、東京厚生年金会館でのコンサートのライブビデオ。
* MOONY MOON(1990 ポニーキャニオン)

ナレーション

* BPO(放送倫理・番組向上機構)CM 放送の森のふくろうさんバージョン
* 水トク(TBSテレビ)「野球選手の妻たち」(2008年3月12日)

ゲーム

* 桃太郎伝説シリーズ (ハドソン)

敵キャラクター「ユキだるま」のモデルとなっている(開発当時、キャラクターデザイナーの土居孝幸が斉藤のファンであった)。といっても攻撃してくるわけではなく、初代『桃太郎伝説』では「ユキのおにぎり」というアイテムを渡してくれる。『新桃太郎伝説』ではある条件を満たすと仲間になってくれる。

* ビューティフル塊魂(バンダイナムコゲームズ)

ゲームBGM「カラフルハート」を歌っている。なお、このゲームには他にも多数のアーティストが参加して、BGMを歌っている。

受賞

* 1986年 第11回報知映画賞新人賞『雪の断章 - 情熱 -』




スポンサーサイト
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。