--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/12/01

音尾琢真

Category : 俳優
音尾琢真
(おとお たくま、1976年3月21日 - )




日本の俳優、タレント。北海道旭川市出身。CREATIVE OFFICE CUE所属。北海道旭川西高等学校(北海道立)、北海学園大学人文学部卒業。森崎博之は高校の先輩に当たる。

役者としての経歴

他のNACSメンバーと同様に北海学園大学在学中に演劇研究会に所属。
TEAM-NACS公演のほかに、劇団イナダ組団員として舞台に立っている。
鈴井貴之監督作品の映画「river」では、小学校時代いじめられっ子だったエリートサラリーマンの役を好演。
HTB開局35周年記念に行われた水曜天幕團「蟹頭十郎太」では2役を熱演。
2005年5月にはNHKで放送された終戦60年スペシャルドラマ「望郷」(関口知宏主演)で、TEAM-NACSメンバー初のNHKドラマ出演を果たした。
o この撮影のときに頭を坊主にしたため、同時期に撮影された北海道新聞のCMや最初のころの「COMPOSER」では短髪である。
2005年8月26日から9月30日まで連続6回放送のNHK金曜時代劇 「秘太刀 馬の骨」に出演した。
2005年11月23日にはテレビ朝日系連続ドラマ「相棒」にゲスト出演。犯人の巡査役として出演した。
2006年『Physical Theatre“ØEN I ØST”(ウーエン・イ・ウースト)~THE ISLAND IN THE EAST~』に安田顕とともに出演。
2006年夏舞台『しあわせのつぼ』に出演
2007年夏舞台『GHOOOOOST!』(佐藤重幸脚本)に佐藤重幸とともに出演
2007年秋、フジテレビ系連続ドラマ「暴れん坊ママ」に大泉洋と共に出演。(小南学役で第2話より登場)
2008年冬、日本テレビ系連続ドラマ「貧乏男子 ボンビーメン」にチャぎー(小茶切譲)役で出演。
2009年夏地球ゴージャスプロデュース舞台『星の大地に降る涙』に出演
2009年公開「銀色の雨」に出演
2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」に望月亀弥太役として出演が決定した。

特徴

高校在学中は新体操部に所属。
o しなやかな肉体はそのころに形成されたものと見られる。但し、大会などの成績はそれほど良くなかった。(大会の演技でこん棒を投げ、受け止められないシーンなどが公表されている。)
o 雅楽戦隊ホワイトストーンズ最終章では、顔出し(=スタントが不可能)の「ポプラーマン」を好演。企画者の鈴井によれば「音尾くんなら顔が出ても大丈夫だから」とのこと。実際に撮影ではトランポリンを使用したバック転などを軽々とこなし、鈴井の期待にしっかり応えた。
o ダンス能力はTEAM-NACS随一で、HTB「ドラバラ鈴井の巣」第7回作品「なんてったってアイドル!」では曲中のダンスをただ一人完遂。
o 「ドラバラ鈴井の巣」の「マッスルボディは傷つかない」では見事な肉体も披露。「ハッスルマッスルブギ」の振り付けも担当。(深夜の振り付け指導で発見されたものだが、肉体的疲労を上回ると、よだれが止まらなくなるらしい。)
o ジャンボリー(CUE DREAM JAM-BOREE)限定アイドル、TEAM★NACSの楽曲「ナックスハリケーン」「捻挫した君」などの振り付けも音尾によるものである。
o onちゃん(安田顕)と同じく、noちゃんのスーツアクターを務めている。
「目が離れている」、「サカナ」、「オパンポ」、「音尾にしてはよくできた」といじられる。
o オパンポとは、ハナタレナックスにて「水中で何を言っているのかを当てるクイズ」が行われた際に、「One for all All for one」を聞こえたまんま「オパンポポンポンパン」と答えた事から名づけられた。
o 本人曰く、目と目の間は4.2cmらしい。ラジオで正式に計測されて「4.2cm」が認められて、本人は大喜びした。ちなみに離れ目に最初に気付いたのは大泉洋。
o 素晴らしい世界やAIR DOのオーディオチャンネル等において、「目と目の間は離れていても、あなたの心は離さない」と自らの離れ目をネタにしている。これは水曜どうでしょうでのNACS出演ドラマ四国R-14の事前番組の内で大泉洋が音尾を紹介する際に言った「目と目の間は離れていても、ファンの心は離さない!音尾 琢真クンです」からとっている。
o 音尾のファンは大泉ファンの別名「子猫ちゃん」に対抗して「小魚ちゃん」と呼ばれている。
o その後、FAN TANに対抗して森崎博之と結成したユニット「おむすび」の企画でケアンズに行った際に美しいバンジージャンプを飛んでからは「オパンポ」と「音尾にしては~」は返上した模様。
幼少時代の頃は、純粋な子供だったらしく、テレビで流れる生理用ナプキンのCMを見て「これはオムツって事だよな・・・?」と、勘違いをし、学校でクラスメイトの女子に「ねえ、ねえ、女の子ってオムツいるの?」と訊いた事がある。しかも、当時中学生だったらしく、訊かれた女子はドン引きをしたらしい。
愛猫の裕次郎を非常に可愛がっており、『チビナックス』シリーズでキャラクター化し出演した事で北海道やその他の地域で知名度が上がる。しかし『チビナックス』シーズン3放映開始直後の2008年6月に老衰で亡くなっている。
仕事が休みの時には、オートバイに乗って道内をツーリングしている。

主な出演作品
ドラマ

「終戦60年スペシャルドラマ 望郷」(2005年5月7日)-海老原少尉 役
NHK金曜時代劇「秘太刀 馬の骨」(2005年8月26日 - 9月30日、NHK総合)- 飯塚孫之丞 役
「相棒season4」(2005年、EX)- 第7話「波紋」ゲスト、下薗司 役
「土曜プレミアム 仕掛人・藤枝梅安」(2006年11月4日、フジテレビ)- お百姓 役
「奇跡の夫婦愛スペシャル 虹を架ける王妃~朝鮮王最後の皇太子と方子妃の物語~ 」(2006年11月24日、フジテレビ)- 留学生 役
「暴れん坊ママ」(2007年10月16日~12月18日、フジテレビ)- 小南学 役
「トリハダ~夜ふかしのあなたにゾクッとする話を「ネック」」(2007年9月27日)
「貧乏男子 ボンビーメン」(2008年1月15日~3月11日、日本テレビ)- チャぎー 役
白い貧乏男子(貧乏男子 ボンビーメンスピンオフ)出演(第2日本テレビ、本編放送終了後)- 小茶切譲(チャぎー) 役
「スミレ16歳!!」(2008年4月13日~6月29日、BSフジ)- オヤジ(仮) 役
「ヒットメーカー 阿久悠物語」(2008年8月1日、日本テレビ)- ピンク・レディーのマネージャー 役
「子育てプレイ」(2009年4月8日~6月24日、MBS)- 第7話「初めてのユウタ」ゲスト、柳田カメラマン 役
「深夜食堂」(2009年10月~、毎日放送)- 第6話「カツ丼」ゲスト、カッちゃん 役
「大河ドラマ 龍馬伝」(2010年1月3日、NHK)- 望月亀弥太 役

バラエティ

「水曜どうでしょう」(1996年10月9日 - 2007年3月14日、HTB)- noちゃん 役、その他
「TOYOTA BIG AIRがやって来た!」(1998年1月、HTB)
「旅コミ北海道」(1998年4月~)- 不定期出演
「ドラバラ鈴井の巣」(2003年1月31日~、HTB)- 準レギュラー
「ハナタレナックス」(2003年1月31日~、HTB)
「ぽっぷこ~んシネマ」(2004年5月~2006年9月)- 2代目レギュラー
「FOMA Presents 9!」(2004年7月~2005年3月)
「素晴らしい世界」(2006年11月2日~、HTB)

舞台

TEAM NACS、並びに劇団イナダ組としての出演は、それぞれの項目を参照

「Physical Theatre "ØEN I ØST"(ウーエン・イ・ウースト)~THE ISLAND IN THE EAST~」(2005年)- ハンス 役
「しあわせのつぼ」(2006年)- 立花孝一 役
TEAM NACS SOLO PROJECT「GHOOOOOST!!」(2007年)
「LOVE LETTERS 2008 Christmas Special」(2008年)
「地球ゴージャスプロデュース公演Vol.10 『星の大地に降る涙』」(2009年)
「大宮エリープロデュース公演 「SINGER5」 酒とタバコと男と男」(2009年)

映画

「river」(2003年)
「ハウルの動く城」(2004年)
「アフタースクール」(2008年)
「銀色の雨」(2009年) - 草野和紀 役

ラジオ

「サンデーパラダイス」(1999年4月~2001年4月、STVラジオ)
「NACS GOTTA ME!」(2001年1月8日~2005年9月24日、AIR-G')
「喜瀬ひろしのときめきワイド」(2003年4月~10月、STVラジオ)- レポーター
「土曜タクマ劇場」(2002年4月6日 - 10月5日、STVラジオ)
「音尾琢真のアタヤンPUSH!」(2002年10月11日~2006年3月31日、STVラジオ)
スカイオーディオ「Scene from Hokkaido ~北の空より~」(2005年12月1日~、北海道国際航空)
「音尾琢真のアタックヤング」(2006年4月7日~、STVラジオ)

出演CM

「NTTドコモ北海道」-さっぽろ地下街でEdyスタート、佐藤と共演
「北海道新聞」
「サントリー」-BOSS、北海道のみ
「じゃらん」-森崎と2人で出演
日清「やきそばできました。」-森崎、安田と共演
レイトン教授と悪魔の箱(2007年11月29日、レベルファイブ制作、ニンテンドーDS)- ナレーター(出題者)

外部リンク

CREATIVE OFFICE CUEオフィシャルサイト
アタックヤング
土曜タクマ劇場

ナックスの春きたれり!音尾琢真 メッセージ
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。