--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/11/12

三浦友和

Category : 俳優
三浦 友和
(みうら ともかず、本名:三浦 稔(みうら みのる)、1952年1月28日 - )

梨県塩山市(現:甲州市)出身の日本の俳優である。
血液型は、AB型。東京都立日野高等学校卒業。妻は元歌手、
女優の山口百恵(1980年11月19日結婚)、現在は東京都国立市在住、二男あり。

長男はロックバンドPeaky SALTのボーカル&ギター担当の「ユウ」(三浦祐太朗)で、次男は俳優の三浦貴大。姉のひろ子もかつて牧陽子、三浦弘子の芸名で歌手・タレントとして活動しており、夫はラリードライバーの篠塚建次郎。

略歴

1960年、小学3年生で父親が警察官を退職し家族と共に東京都千代田区飯田橋に転居。さらに中学で東京都立川市に転居。忌野清志郎とは東京都立日野高校の同級生であり、初期RCサクセションのメンバーたちとも親しい関係にあった[1]。実姉がタレント活動をしていた関係で、放送局等へ出入りしていたことがきっかけで映画のオーディションを受けることになる。

1970年代に二枚目の俳優として10代に大変な人気があった。特に70年代後半、山口百恵と共演した主演映画・ドラマが次々とヒットし百恵友和コンビ=ゴールデンコンビと呼ばれた。1980年に山口百恵と結婚し、映画・舞台で着実に役柄の幅を広げ、アルコール飲料のCMでコミカルな演技を見せるなど、硬軟いずれもこなせる俳優としての位置を確立している。
主な出演作品
テレビドラマ

* 刑事くん 第1部~第5部(1971年-1976年、TBS)
* シークレット部隊(1972年、TBS)
* 剣道一本!(1972年、フジテレビ)
* じゃがいも(1973年、NET・ナショナルゴールデン劇場・野菜シリーズ)
* 事件狩り 第11話「ひと夏の経験」(1974年、TBS)
* 大岡越前 第4部(1974年-1975年、TBS)
* 赤いシリーズ(山口百恵と共演した一連のドラマシリーズ)
o 「赤い疑惑」(1975年-1976年、TBS)- 相良光夫 役
o 「赤い衝撃」(1976年-1977年、TBS)- 新田秀夫 役
o 「赤い死線」(1980年、TBS)- 北村明夫 役
* ひまわりの詩(1975年-1976年、日本テレビ)
* ひまわりの道(1976年-1977年、日本テレビ)
* 風が燃えた(1978年、TBS)
* 敵か?味方か?3対3(1978年、テレビ朝日)
* あすなろの詩(1978年-1979年、日本テレビ)
* ご近所の星(1979年-1980年、フジテレビ)
* 突然の明日(1980年、TBS)
* 佐武と市捕物控1~4(1981年-1982年、フジテレビ)
* 関ヶ原(1981年、TBS)- 宇喜多秀家 役
* 西部警察(1982年-1983年、テレビ朝日)- 沖田五郎 役

(PART-II初回よりPART-III初期まで)

* スーパーポリス(1985年 TBS)
* 天使のアッパーカット(1986年、TBS)
* 独眼竜政宗(1987年、NHK)- 伊達成実 役
* 必殺仕事人V・風雲竜虎編(1987年、朝日放送)- かげろうの影太郎 役
* 池中玄太80キロIII(1989年、日本テレビ)
* 風の棲む家(1989年、日本テレビ)
* 世にも奇妙な物語「犬の穴」(1991年、フジテレビ)
* 天下を獲った男 豊臣秀吉(1993年、TBS)- 徳川家康 役
* 系列(1993年、NHK)
* 積木くずし~崩壊(1994年、フジテレビ)
* オトコの居場所(1994年、TBS)
* 妊娠ですよ(1994年、関西テレビ)
o 妊娠ですよ2(1995年、関西テレビ)
* 小児病棟・命の季節(1996年、テレビ朝日)
* はみだし弁護士・巽志郎1~10(1996年-、朝日放送)- 巽志郎 役
* 夜間検証(1997年2月22日、テレビ朝日)- 飯島淳 役
* レガッタ~国際金融戦争(1999年、NHK)
* それぞれの断壁(2000年、テレビ東京)
* いちど死んだ妻(2000年2月15日、日本テレビ)- 田所祐司 役
* HERO(2001年、フジテレビ)
* 三浦友和の妻シリーズ(2001年、テレビ朝日)
* 利家とまつ~加賀百万石物語~(2002年、NHK)- 前田利久 役
* 月曜ミステリー劇場森村誠一サスペンスシリーズ - 警部捕・川合祐介 役
* ブラックジャックによろしく(2003年、TBS)- 白鳥貴久 役
* 世界の中心で、愛をさけぶ(2004年、TBS)- 廣瀬真 役
* みんな誰かを殺したい~子供を殺された男・不倫と借金に苦しむ女・三つの殺人の裏に隠されたもう一つの殺人(2004年) (第24回横溝正史ミステリ大賞優秀賞 テレビ東京賞受賞作)
* 開局45周年記念特別企画 弟(2004年、テレビ朝日)- 晩年の石原裕次郎 役
* 赤い疑惑(リメイク版) (2005年、TBS)- トラック運転手 役(特別出演)
* あなたは人を裁けますか(2005年、NHK)- 横沢裁判員 役
* 涙そうそう この愛に生きて(2005年、TBS)- 小田浩 役
* 無医村に花は微笑む(2006年、フジテレビ)- 将基面誠 役
* 連続テレビ小説「純情きらり」(2006年、NHK)- 有森源一郎 役
* 土曜ドラマ『ウォーカーズ~迷子の大人たち』(2006年11月11日-12月2日、NHK)- 寺島隆彦 役
* NHKスペシャル『感染爆発~パンデミック・フルー』(2008年1月12日、NHK)- 田嶋哲夫 役
* 薔薇のない花屋(2008年、フジテレビ)- 安西輝夫 役
* 水曜ミステリー9・松本清張特別企画 不在宴会 - 死亡記事の女 (2008年2月20日、テレビ東京)- 魚住一郎 役
* 流星の絆(2008年、TBS)- 柏原康孝 役
* 土曜ワイド劇場 失踪調査人・港亮介(2008年11月29日、朝日放送)- 港亮介 役
* 東京DOGS(2009年、フジテレビ)- 大友幸三役

その他の番組

* スター千一夜(フジテレビ)
* 徹子の部屋(テレビ朝日)
* 森田一義アワー 笑っていいとも!(テレフォンショッキング・ゲスト、フジテレビ)
* 欽ちゃんのどこまでやるの!?(テレビ朝日、ゲスト)

映画

* 伊豆の踊子(1974年)山口百恵と共演。映画デビュー作品。原作:川端康成
* 潮騒(1975年)山口百恵と共演。原作:三島由紀夫
* 阿寒に果つ(1975年)原作:渡辺淳一
* 青い山脈(1975年)原作:石坂洋次郎
* 陽のあたる坂道(1975年)原作:石坂洋次郎
* 絶唱(1975年)山口百恵と共演。原作:大江賢次
* あいつと私(1975年)
* 風立ちぬ(1976年)山口百恵と共演。原作:堀辰雄
* 星と嵐(1976年)
* 春琴抄(1976年)山口百恵と共演。原作:谷崎潤一郎
* 青年の樹(1977年)
* 泥だらけの純情(1977年)山口百恵と共演。原作:藤原審爾
* 姿三四郎(1977年)
* 霧の旗(1977年) 山口百恵と共演。原作:松本清張
* 残照(1978年)
* ふりむけば愛(1978年)山口百恵と共演。主題歌の歌唱も担当。
* 聖職の碑(1978年)原作:新田次郎。

大正時代、長野県の高等小学校が木曽駒ヶ岳に集団登山した際、実際に起こった気象遭難事故を元に、極限状態での師弟愛を描いた。

* 炎の舞(1978年) 山口百恵と共演。原作:加茂菖子「執炎」
* 黄金のパートナー(1979年)
* ホワイト・ラブ(1979年)山口百恵と共演
* 遠い明日(1979年)
* 天使を誘惑(1979年)山口百恵と共演。原作:高橋三千綱
* 古都(1980年)山口百恵と共演(山口百恵引退記念作品)。原作:川端康成
* 獣たちの熱い眠り(1981年)
* 大日本帝国(1982年)
* 海峡(1982年)東宝50周年記念作品。高倉健、吉永小百合、森繁久彌らと共演。
* さよならジュピター(1984年)
* 台風クラブ(1985年)第10回報知映画賞助演男優賞受賞。
* 彼のオートバイ、彼女の島(1986年)
* 野ゆき山ゆき海べゆき(1986年)
* いとしのエリー(1987年)
* フリーター(1987年)
* マリリンに逢いたい(1988年)
* 悲しきヒットマン(1989年) 1984年に勃発した山一抗争の実話を映画化した作品。
* 226(1989年、フィーチャーフィルムエンタープライズ、監督:五社英雄)
* 遥かなる甲子園(1990年)
* 無能の人(1991年) 毎日映画コンクール第46回助演男優賞受賞。
* 私を抱いてそしてキスして(1992年)
* 青空に一番近い場所(1994年)
* 超能力者 未知への旅人(1994年)
* 傷だらけの天使(1997年)
* あ、春(1998年)
* フリージア 極道の墓場(1998年)
* M/OTHER(1999年) カンヌ国際映画祭国際批評家賞受賞作品。報知映画賞第24回主演男優賞・毎日映画コンクール第54回脚本賞受賞作品。
* しあわせ家族計画(2000年)
* Quartet カルテット(2001年)
* なごり雪(2002年)
* 茶の味(2003年)
* Mr.インクレディブル(2004年)(米ディズニーアニメ、Mr.インクレディブル役)=声の出演
* サヨナラCOLOR(2005年)
* ALWAYS 三丁目の夕日(2005年)
* 松ヶ根乱射事件(2006年)
* 出口のない海(2006年)
* 天使の卵(2006年)
* 遠くの空に消えた(2007年)
* 転々(2007年)オダギリジョーらと共演。 - 福原愛一郎役
* ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007年)
* 夢追いかけて(2008年)
* 陰日向に咲く(2008年) - リョウタロウ役
* 空へ-救いの翼 RESCUE WINGS-(2008年) - 菊田靖男 役
* ヘブンズ・ドア(2009年) - 県警本部刑事部部長長谷川役
* 沈まぬ太陽(2009年秋公開)

CM

* グリコ アーモンドチョコレート、プリッツ、セシルチョコレート※山口百恵と共演。
* UCC上島珈琲 ザ・ブレンド114/117(1993年)
* サントリー 冷撰洋酒 (1993年)※加藤茶と親子という設定で共演。
* 日産自動車 セフィーロ (1995年)※渡辺満里奈と夫婦役で共演。
* JRA(1997年) ※柴田恭兵と共演。
* ベネッセ(旧-進研ゼミ)(2000年)※太田裕美と幼い子供を持つ新米夫婦役で共演。
* サントリー スーパーチューハイ(2001年)※スーパー部長編~三浦本人による指人形での腹話術が話題になり、好評につきシリーズ化され主演賞を受賞。
* 日清オイリオ(2002年)※生活習慣病の気になる年齢の父親という設定で出演。
* 洋服の青山(1993年~) ※樹木希林と共演した、とある会社の課長編が有名だが、過去には剣道編で本人が防具を着装した姿で、面を打ち込む姿をスローモーションで映したCMもある。なお放映期間は1993年から今日まで続いているが、過去その間に何度か放映が他のタレントに替わっている。
* 日本専売公社(現・JT)キャビン ※当時タバコのCMに起用した際に、三浦のスタンスが俳優かアイドルか、国会で問題になったことがる。
* サッポロビール サッポロ黒ラベル(1996年 - 1997年) ※「ノドうつうまさ、黒ラベル。」で知られる。東日本地区限定で放映された。
* 福屋工務店(2005年~)※「家を売る時・買う時は福屋。仕事が早い」のコピーで有名。関西地区・福岡県限定だが、現在スカイ・Aでも放映されている。
* ブラザー工業 編機「パリエ3」「パリエ7」
* 参天製薬 「サンテドウ」「サンテS」「サンテ40ハイ」

ラジオ

* 三浦友和・夢色飛行船(1979年 - 1980年、文化放送)

著書

* 被写体(マガジンハウス、1999年)

音楽
シングル

* ほほえみの扉/ふりむけば愛(1978.11.1)
o (ほほえみの扉) 作詞:来生えつこ/作曲:来生たかお/編曲:松任谷正隆
o (ふりむけば愛) 作詞:小椋佳/作曲:小椋佳/編曲:松任谷正隆

アルバム

* あいつと私(1976.9.25)
* 赤頭巾ちゃん秘密だよ(1977.4.25) 名義は三浦友和と仲間たち
* 二人でコンサート(1978.6.1)
* 素描(1979.4.1)
* 喜・怒・愛(1980.6.21)

エピソード

* 父親が勤務していた駐在所周辺は、急な坂道ばかりだったため、幼い頃は「道というものは坂になっているもの」と思い込んでおり、山梨県から東京へ転居してきた際にカルチャーショックを受ける。また、東京の空気汚染により呼吸器の病気を患う。それにより健康優良児から虚弱体質の子供へと変わってしまう。
* 忌野清志郎との縁で、結成初期のRCサクセションの曲である「金もうけのために生れたんじゃないぜ」でボンゴ担当として当時のLPのクレジットタイトルに名前が明記されている。このことは『坂崎幸之助のオールナイトニッポン』に忌野清志郎がゲスト出演した際、実際のクレジットを見た忌野と坂崎が本当であることを証明している。しかし、当時の音源を聴いてみるとボンゴの音が入っておらず、忌野に「あいつ全然叩いてねぇじゃねぇか!」と失笑される。また、RCサクセションのバックミュージシャン時代の一時期に、RCサクセションの破廉ケンチと一緒に住んでいた。
* ぴったしカンカンのゲストで出演した際のクイズで、『「シークレット部隊」での最初のセリフは何だったのでしょう?』という問題に対して正解は『あっ!キャプテンのヘリだ!』だったが、放送された回答スーパーは『あっ!キャプテンのヘソだ!』と誤ってスーパーされ、当の三浦自身も爆笑していた。
* 1982年、『西部警察 PART-II』の第一話「大門軍団・激闘再び-沖田刑事登場」にて、ニトロを積んで走り続ける観光バスにトラックから乗り移るという本人によるアクションシーンが収録される。のちに「あのアクションは君が大門軍団の一員としてやっていけるかどうかのテストだった」と石原プロモーション専務・小林正彦に打ち明けられたと語る。
* 1982年にタバコのコマーシャルに出演していた頃、青少年の教育上問題があるとして本人がアイドルかどうか国会(参議院予算委員会)で議論された。森下元晴厚生大臣(当時)は「アイドルだと思う」、日本専売公社(現・JT)総裁(当時)の泉美之松は「既婚者であるので青少年のアイドルは卒業している」と答えた。それに対し質問者である日本社会党の片山甚市議員は「結婚をすればアイドルでないなどというのはそれはこじつけで、若い者はいかす男として、やはり山口百恵の亭主としては大変魅力的であります」と発言したが、結局結論は出ないまま別の議題に話が移っていった。[2]三浦本人はこの件に関し「『アイドルではない』と結論が出た」と受け止めており、「俺は『国会でアイドルではないと決められた男』である」と笑い話にしている。
* 1980年代半ば、RCサクセションのライブに飛び入り出演した際、タバコの箱を片手に「俺はタバコも吸ってるし、嫁さんは有名な歌手だったんだぜ!」とステージ上で叫び、「ロックンロール・ウィドウ」を忌野と一緒に歌う。結婚後、百恵夫人の持ち歌を公の場で歌ったのはこの時が初めてである。
* 1988年、RCサクセションが発表し、歌詞が過激すぎることが原因で発売禁止となったアルバム『COVERS』に参加。収録曲である「サマータイム・ブルース」の中で「原発という言い方は改めましょう。何でも縮めるのは日本人の悪い癖です。正確に原子力発電所と呼ぼうではありませんか。心配いりません」というセリフを担当した。「MONEY」では3番のヴォーカル&バックコーラスを唄っている。
* 飽きっぽい性格であるためパチンコなど趣味を転々とし、現在は陶芸を趣味としている。50歳になってから始めた禁煙には成功。
* 30代後半、ロケで訪れた釧路にて、共演者であった川谷拓三に誘われたことがきっかけでパチンコにはまる。新台入替の日は、一般人に紛れて早朝から並んだこともあるほどの入れ込みよう。その結果、現在でも新宿にあるすべてのパチンコ店の地図が書けるという特技を持つ。この経験はのちに「はみだし弁護士・巽志郎」シリーズでの役柄に生かされることになる。
* 『西部警察PART-II』で共演した渡哲也に惚れ込み、渡の出演する作品に自らノーギャラで出演要請するなど公私ともに渡を慕っている。百恵夫人が引退コンサートでステージ上に置いたマイクが長年にわたり自宅に保管してあったため渡に相談。その結果、渡の計らいで北海道小樽市にある石原裕次郎記念館に展示され話題になる。
* ここ数年テレビドラマ・映画等で医師役を立て続けに好演し、医師役の似合う俳優となっている。
* 50代になり、役柄が医師、弁護士、検事、判事、刑事などに偏ってきていることが悩みでもあると、インタビューで答えている。
* 私生活での家庭の充実(結婚後、全く浮いた噂やゴシップはなく、理想的な夫であり父親を貫いている)に反して、テレビや映画では必ずと言っていいほど、私生活が謎に包まれた独身男、妻と離婚・死別した過去のある男、家庭はあるが不倫をしている夫、子供に恵まれない家庭の夫、悪事に手を染めて転落していくエリートといった役柄を演じることが非常に多い。

脚注

1. ^ 高校生の頃は清志郎とは違うバンド、初期のRCサクセションではバックミュージシャンとして、中期はゲストでライブに参加したことはあるが、RCサクセションの初期メンバーという説は誤り。
2. ^ 参議院会議録情報 第96回国会 予算委員会 第14号



 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。