--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/11/24

原田芳雄

Category : 俳優
原田 芳雄
(はらだ よしお、1940年2月29日 - )

原田 芳雄


東京府東京市足立区(現:東京都足立区)出身の日本の俳優。所属事務所はギルドB。身長は175cm。血液型はA型。紫綬褒章はじめ、俳優として各種表彰受賞。

息子はギタリスト原田喧太。


来歴・人物

俳優座養成所を卒業後、俳優座座員となる。1968年、松竹映画『復讐の歌が聞える』で主演デビュー。1971年、俳優座の体質を批判して、市原悦子、菅貫太郎、中村敦夫らと退座し、以降、テレビドラマや映画を中心に活躍。

作品に恵まれたことは当然ながら、その圧倒的な存在感と的確な演技力を武器に、日本を代表する映画監督はもとより、若手の監督からも絶大な信頼を受け、100本を超える映画に出演。特に黒木和雄監督の「戦争レクイエム三部作」には全て出演して、何れも高い評価を得ている。原田の仕種やセリフ廻しに影響を受けた松田優作は、一時期彼の一挙手一投足を研究し、模倣したとも言われる。

キャリアと共に数多くの映画賞を受賞する一方、2003年には、功績が讃えられ紫綬褒章を受章。他にも独特の渋い声を生かして映画のナレーションを担当したりミュージシャンとしても積極的にライブ活動を敢行したりしている。

毎年12月28日に自宅の庭で恒例の餅つき会を桃井かおり・江藤潤をはじめ、勝村政信・松尾貴史・柄本明などが参加している。彼らは息子・原田喧太が生まれた頃からの常連である。

最近は、金山一彦・芳本美代子夫妻、柄本明の息子たち(柄本佑・柄本時生)や、TOKIOの松岡昌宏、ROOKIESの高岡蒼甫・風のガーデンの神木隆之介・ベッキー・江口洋介・妻夫木聡・など多くの俳優・女優・子役・タレント・歌手などが参加している。

2008年11月に早期の大腸癌が発見され入院、一ヶ月静養ののち同年末から仕事に復帰した。
鉄道

その一方、Nゲージの鉄道模型レイアウトをいくつも自作したことがあるほどの熱心な鉄道ファンとしても知られ、同じく鉄道ファンであるタモリ司会の『笑っていいとも!』(テレフォンショッキングコーナー)にゲストとして出演しては毎回、鉄道ネタで盛り上がるほど鉄道に対する思い入れは深い。現時点で同コーナーの出演回数は15回。

そして鉄道を介したタモリとの親交は『タモリ倶楽部』内の鉄道企画を通してより深まり、2003年の初共演を契機に小湊鐵道にて気動車の運転に挑戦したり(原田はブレーキ操作を誤り非常制動をかけてしまうという貴重な体験もした)、番組で車両を貸し切り京浜急行電鉄の車両工場や東京地下鉄(東京メトロ)の検車区を訪問したり、開館前の鉄道博物館を堪能し尽くしたりするうちに、今では番組内でもお互いを「タモさん」「ヨシオちゃん」と呼び合うほどの間柄になった。これら『タモリ倶楽部』での実績が評価されタモリ電車クラブゴールド会員(会員No.002)に認定された(会員No.001はタモリ)。

なお、数ある鉄道趣味の中で得意分野は「線路」である。


主な出演作品
映画

※作品名・公開年月日・製作または配給会社・役名・備考等の順に記述

※キネマ旬報ベストテンにランクインした作品を太字で記述

* 『復讐の歌が聞える』 (1968年9月17日・松竹・竹中克己・映画デビュー作)
* 『反逆のメロディー』 (1970年7月22日・日活・塚田哲・初主演)
* 『無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた』 (1972年6月10日・東宝・池広一夫監督)
* 『無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた』 (1972年10月10日・東宝・池広一夫監督)
* 『無宿人御子神の丈吉 黄昏に閃光が飛んだ』 (1973年6月9日・東宝・池広一夫監督)
* 『夕映えに明日は消えた』(1973年、東宝)※未公開
* 『竜馬暗殺』 (1974年8月3日・映画同人社・坂本竜馬・黒木和雄監督)
* 『田園に死す』 (1974年12月28日・寺山修司監督)
* 『祭りの準備』 (1975年11月8日・映画同人社・中島利広・黒木和雄監督)
* 『裸足のブルージン』 (1975年12月20日・東宝・山本聡)
* 悲愁物語 1977.05.21 三協映画=松竹
* 『柳生一族の陰謀』 (1978年1月21日・東映・名護屋山三郎・深作欣二監督)
* 『原子力戦争』 (1978年・ATG・黒木和雄監督)
* 『オレンジロード急行』(1978年・松竹・大森一樹監督)
* 『さらば映画の友よ インディアンサマー』 (1979年5月26日・日本ヘラルド映画・鱈坂俊二・原田眞人監督)
* 『闇の狩人』 (1979年6月17日・松竹・谷川弥太郎)
* 『ツィゴイネルワイゼン』 (1980年4月1日・中砂糾・鈴木清順監督)
* 『ヒポクラテスたち』 (1980年11月22日・徳松助教授・大森一樹監督)
* 『陽炎座』 (1981年8月21日・日本ヘラルド映画・和田・鈴木清順監督)
* 『さらば箱舟』 (1984年9月8日・劇団ひまわり・時任大作・寺山修司監督)
* 『すかんぴんウォーク』 (1984年2月11日・東宝・矢作努・大森一樹監督)
* 『生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言』 (1985年5月11日・宮里)
* 『コミック雑誌なんかいらない!』 (1986年2月1日・プロデューサー・滝田洋二郎監督)
* 『TOMORROW 明日』 (1988年8月13日・日本ヘラルド映画・山口・黒木和雄監督・「戦争レクイエム」第一部)
* 『どついたるねん』 (1989年11月11日・左島牧雄・阪本順治監督)
* 『浪人街』 (1990年8月18日・松竹・荒牧源内・黒木和雄監督)
* 『われに撃つ用意あり』 (1990年11月17日・松竹)
* 『鉄拳』 (1990年11月23日・松竹・滝浦勇・阪本順治監督)
* 『夢二』 (1991年5月31日・脇屋宗吉・鈴木清順監督)
* 『ハンテッド』 THE HUNTED (1995年2月24日(米)・UIP・タケダ・J.F.ロートン監督)
* 『眠れる美女』(1996年・東宝・横山博人監督)
* 『鬼火』 (1997年4月19日・ギャガ・コミュニケーションズ・国広法康・望月六郎監督)
* 『アナザヘヴン』 (2000年4月29日・松竹・飛鷹健一郎・飯田譲治監督・PG-12版とR-15版が公開)
* 『ざわざわ下北沢』 (2000年7月7日・九四郎)
* 『PARTY 7』 (2000年12月16日・東北新社・キャプテンバナナ・石井克人監督)
* 『スリ』 (2000年11月4日・衛星劇場・海藤正彦・黒木和雄監督)
* 『KT』 (2002年5月3日・シネカノン・神川昭和・阪本順治監督)
* 『凶気の桜』 (2002年10月19日・東映・青田修三)
* 『美しい夏キリシマ』 (2003年12月14日・日高重徳・黒木和雄監督・「戦争レクイエム」第二部)
* 『あずみ』 (2003年5月10日・東宝・小幡月斎・北村龍平監督)
* 『ナイン・ソウルズ』 (2003年7月21日・東北新社・長谷川虎吉)
* 『昭和歌謡大全集』 (2003年11月15日・シネカノン・金物屋の店主)
* 『天国の本屋~恋火』 (2004年6月5日・松竹・ヤマキ)
* 『父と暮せば』 (2004年7月31日・衛星劇場・竹造・黒木和雄監督・「戦争レクイエム」第三部)
* 『ニワトリはハダシだ』 (2004年11月13日・衛星劇場・大浜守)
* 『亡国のイージス』 (2005年7月30日・日本ヘラルド映画・梶本幸一郎・阪本順治監督)
* 『どろろ』(2007年1月27日・東宝・寿海・塩田明彦監督)
* 『オリヲン座からの招待状』(2007年秋公開・三枝健起監督)
* 『Little DJ~小さな恋の物語』(2007年冬公開・デスペラード・永田琴監督)
* 『火垂るの墓』(2008年)
* 『歩いても歩いても』(2008年6月28日・シネカノン・横山恭平・是枝裕和監督)
* 『たみおのしあわせ』(2008年7月19日・神埼伸男・岩松了監督)
* 『ウルトラミラクルラブストーリー』(2009年6月6日・横浜聡子監督)
* 『黄金花』(2009年木村威夫監督)

テレビドラマ

作品名・放送期日・放送局・役名・備考等の順に記述

* 『天下の青年』(1967年・フジテレビ系列・池新太郎)
* 『五番目の刑事』(1969年 - 1970年・NET系列・原田刑事)
* 『春の坂道』(1970年・NHK・柳生十兵衛・中村錦之助主演)
* 『天皇の世紀』 第2話「野火」(1971年9月11日・朝日放送系列・吉田寅次郎)
* 『木枯し紋次郎』 第3話「峠に哭いた甲州路」(1972年1月15日・フジテレビ系列・中村敦夫主演)
* 『冬物語』(1972年 - 1973年・日本テレビ系列)
* 『真夜中の警視』(1973年に関西テレビ製作、フジテレビ系列で放送されたが自動車事故を起こした際に無免許運転が発覚し途中で打ち切りになる)
* 『座頭市物語』 第13話「潮風に舞った千両くじ」(1975年1月9日・フジテレビ系列・勝新太郎主演)
* 『痛快! 河内山宗俊』 (1975年 - 1976年・フジテレビ系列・金子市之丞・勝新太郎主演)
* 『夫婦旅日記 さらば浪人』 第14話「弱虫侍と豪傑の決闘」(1976年7月5日・フジテレビ系列)
* 『新・座頭市』 (フジテレビ系列・勝新太郎主演)
o 第1シリーズ 第23話「幽霊が市を招いた」(1977年3月14日)
o 第3シリーズ 第11話「人情まわり舞台」(1979年7月9日)
* 『警視-K』 第5話「まぼろしのニューヨーク」(1980年11月4日・日本テレビ系列・勝新太郎主演)
* 『なぜか、ドラキュラ』(1984年10月8日 - 1985年1月7日・日本テレビ・タモリ主演)
* 『西部警察 PART-III 最終回スペシャル 大門死す! 男たちよ永遠に…』(1984年10月22日・テレビ朝日系列・藤崎礼次・石原プロ製作)

テロリスト「藤崎礼次」役。松田優作が同役を辞退した事が有名だが、かねてより松田が慕っていた原田が同役を務める事で事態の収拾を図ったと思われる。

* 『わるいやつら』(1985年4月2日・日本テレビ系列・下見沢作雄・古谷一行主演)
* 『独眼竜政宗』(1987年1月4日 - 12月13日・NHK・最上義光・渡辺謙主演)
* 『ゴリラ・警視庁捜査第8班』 第1話「ポリスアドベンチャー」(1989年4月2日・テレビ朝日系列・渡哲也主演)
* 『美味しんぼ』(1994年1月7日・フジテレビ系列・海原雄山・唐沢寿明主演)
* 『家族A』(1994年10月13日 - 12月8日・TBS系列・佐山大吾郎・低視聴率のため2話短縮)
* 『毛利元就』 (1997年1月5日 - 12月14日・NHK・堀立直正・中村橋之助主演)
* 『ブラザーズ』(1998年4月13日 - 6月29日・フジテレビ系列・藤原真学・中居正広主演)
* 『夏の日の恋~Summer Time~』(2002年6月24日 - 7月29日・NHK・ホームレス・岩下志麻主演)
* 『東京庭付一戸建て』(2002年7月10日 - 9月4日・日本テレビ系列・溜山一男・松本明子主演)
* 『ブラックジャックによろしく』(2003年4月11日 - 6月20日・TBS系列・北三郎・妻夫木聡主演)
* 『ヤンキー母校に帰る』(2003年10月10日 - 12月12日・TBS系列・岩崎達・竹野内豊主演)
* 『砂の器』(2004年1月18日 - 3月28日・TBS系列・本浦千代吉・中居正広主演)
* 『逃亡者 RUNAWAY』(2004年7月18日 - 9月26日・TBS系列・来栖慶介・江口洋介主演)
* 『ハチロー~母の詩、父の詩~』(2005年1月24日 - 3月21日・NHK・佐藤紅緑・唐沢寿明主演)
* 『エンジン』(2005年4月18日 - 6月27日・フジテレビ系列・木村拓哉主演)

主人公(木村拓哉)の義父親役で教職を辞して児童養護施設を開く神崎猛を演じ、多数のジャニーズJr.とも共演している。当時ジャニーズJr.で現在Hey!Say!JUMPの中島裕翔・有岡大貴と共演。16134

* 『ウォーカーズ~迷子の大人たち』(2006年・NHK土曜ドラマ・江口洋介主演)
* 『きらきら研修医』(2007年1月11日 - 3月22日・TBS系列・小西真奈美主演)
* 『おシャシャのシャン!』(2008年1月10日・NHK・田畑智子主演)
* 『土曜ドラマ・刑事の現場』(2008年3月・NHK・寺尾聰主演) - 鵜飼公平 役
* 『春さらば~おばあちゃん天国に財布はいらないよ~』(2009年3月25日・テレビ東京・夏川結衣主演) - 海野洋二 役
* 『火の魚』(2009年7月24日・NHK広島放送局・主演) - 村田省三 役
* フジテレビ開局50周年記念ドラマ 不毛地帯 (2009年10月 -2010年3月、フジテレビ) - 大門一三 役
* 『白洲次郎』(2009年2月28日・3月7日・9月23日・NHK・伊勢谷友介主演)- 吉田茂 役

バラエティ番組

* 森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ)
* タモリ倶楽部(テレビ朝日)
* 今夜は最高!(日本テレビ)
* 快傑えみちゃんねる(関西テレビ)
* SMAP×SMAP(フジテレビ)
* ひるのプレゼント(NHK総合)
* いつみても波瀾万丈(日本テレビ)
* 中居くん温泉(よみうりテレビ)

トーク番組

* スター千一夜(フジテレビ系列)
* 徹子の部屋(テレビ朝日系列)
* スタジオパークからこんにちは(NHK総合)

音楽番組

* 夜のヒットスタジオ(フジテレビ系列)

CM

* キリン『ライトビール』(共演:松田優作、宇崎竜童)
* キリン『シャウト』
* サントリー『モルツ』
* サントリー『BOSS』
* サントリー『角瓶』(2007年3月6日~)
* 富士通『FMV』(共演:木村拓哉)
* トヨタ自動車『クレスタ』(X100系)
* キリン『コクの時間』(2009年11月~)

ナレーション

* JR九州ネットムービー『鉄道物語』
* 鉄子の旅(テレビアニメ)
* 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(2007年映画、若松孝二監督)
* 鉄道模型ちゃんねる「究極の鉄道模型製作プロジェクト 夢のヨーロッパ世界遺産鉄道に挑む!」 BSジャパン(2008/08/30)

音楽作品

アルバム

* 原田芳雄RED(1990年7月18日リリース)
o 曲目
1. B級パラダイス
2. ショートピースとハイボール
3. 10ドルの天使
4. イッツ・オーライ
5. 赤坂・一ツ木・どん底周辺
6. 護送車を見送って
7. "りんご追分"歌うなよ
8. いとこ同志
9. iigusa
10. Get Out Of My Life Woman

その他

声優

* プレイステーション2用ソフト 『ドラッグオンドラグーン2 封印の紅、背徳の黒』(レグナ)

バラエティ番組

* 『森田一義アワー 笑っていいとも!』内コーナー 『テレフォンショッキング』ゲスト

(14回出演は出演回数歴代4位)

*
『タモリ倶楽部』ゲスト(括弧内は関東地区での放送日時)

「鉄道の見えるBARで電車グッズを肴に一杯やる」(2003年12月12日)
「小湊鐵道一日入社!タモリ・芳雄の出発進行!」(2004年12月3日)
「赤い電車に乗って京急久里浜車両工場へ行こう!![前編]」(2007年1月19日)
「赤い電車に乗って京急久里浜車両工場へ行こう!![後編]」(2007年1月26日)
「超先行潜入!鉄道博物館[前編]」(2007年10月5日)
「超先行潜入!鉄道博物館[後編]」(2007年10月12日)
「メトロに乗って綾瀬検車区に行こう!![前編]」(2007年11月30日)
「メトロに乗って綾瀬検車区に行こう!![後編]」(2007年12月7日)
「今夜語ろう!!原田芳雄カシオペア乗車全記録」(2009年6月5日)

受賞歴
キネマ旬報賞

* 1975年 助演男優賞 『祭りの準備』
* 1992年 主演男優賞 『寝盗られ宗介』
* 2000年 主演男優賞 『スリ』『ざわざわ下北沢』『PARTY 7』

ブルーリボン賞

* 1975年 助演男優賞 『祭りの準備』
* 1990年 主演男優賞 『浪人街』『われに撃つ用意あり』

報知映画賞

* 1989年 助演男優賞 『どついたるねん』
* 2004年 助演男優賞 『美しい夏キリシマ』『父と暮せば』『ニワトリはハダシだ』

毎日映画コンクール

* 1989年 男優助演賞 『どついたるねん』『出張』『キスより簡単』『夢見通りの人々』
* 1997年 男優主演賞 『鬼火』

日刊スポーツ映画大賞

* 1990年 主演男優賞 『浪人街』『われに撃つ用意あり』
* 1992年 主演男優賞 『寝盗られ宗介』

ヨコハマ映画祭

* 第11回 助演男優賞 『どついたるねん』『出張』『キスより簡単』
* 第19回 主演男優賞 『鬼火』




 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。