--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/11/17

高田延彦

Category : 俳優
高田 延彦
(たかだ のぶひこ、男性、1962年4月12日 - )

日本のプロレスラー、元総合格闘家。現在はタレント、俳優、実業家として活躍をしている。本名は高田 伸彦。神奈川県横浜市磯子区出身。

格闘技ジム高田道場主宰者であり、格闘技イベントPRIDE統括本部長を務めていた。芸能マネジメントはレプロエンタテインメントが受け持っている。妻はタレントの向井亜紀。

来歴
新日本プロレス

少年時代は長嶋茂雄に憧れていたが、長嶋の引退と共に野球熱が冷め、アントニオ猪木に憧れてプロレス入りを決意。中学校卒業後、アルバイトをしながら独自の方法で体を鍛え、1980年に新日本プロレスへ入団してアントニオ猪木の付き人を務める。太りにくい体質で本人曰く「毎日喉元まで食べ物を詰め込んだ」が、なかなか体重が増えず苦労した。食事後にプロテインを流し込む姿が週刊プロレスで報じられている。この頃の得意技は跳躍力を活かしたミサイルキック(トップロープからのドロップキック)。

1983年に猪木がカナダ遠征をした際に付き人として同行しており、欠場した初代タイガーマスクの代わりにたまたま試合に出場したところ、ジャーマン・スープレックスで勝ちを収めポスト・タイガーマスクとして一躍注目を集める存在となった。

当時の入場テーマ曲は「疾風のライダー」という曲でUWF移籍前の新日時代にかかっていた。
旧UWF~新日本プロレス~新UWF

1984年に前田日明、山崎一夫らとともに新日本プロレスを離脱し、UWF(旧UWF、第1次UWF、ユニバーサル)に参加。後楽園ホールで、山崎一夫らと名勝負を繰り広げたものの、予定されていたアントニオ猪木の不参加などの要因で地方では不入りだったこと等から同団体は崩壊、その後UWF所属レスラーは新日へ合流した。新日に参戦した期間には、越中詩郎を好敵手とし名勝負を繰り広げ、IWGPジュニアヘビー級王座のベルトを争った。また、当時『ワールドプロレスリング』の実況を担当していた古舘伊知郎から「わがままな膝小僧」「青春のエスペランサ」の異名を付けられた(キックを多用するファイトスタイルから)(「戦うジェームス・ディーン」とも)。1988年、前田日明、山崎一夫らとともに第2次UWFを立ち上げたものの、やがて前田のリングス、藤原喜明の藤原組、高田のUWFインターナショナルの三団体に分裂した。
UWFインターナショナル

UWFインターナショナルは田対北尾光司戦などで人気を博し、高田は一時はフジテレビのスポーツニュース番組「スポーツWAVE」のキャスターを務めるまでになる(試合があった日も生放送に出演していた)。1995年8月には田村潔司から「僕と真剣勝負してください」と挑戦を受けるが高田は拒否した。1995年7月、高田の参議院議員選挙出馬や数々のトラブルと選手離脱によりやがてUインターは経営的に行き詰まり、WARや新日に参戦して交流試合を行う。1996年1月4日、東京ドームで、前年10月9日に「新日本プロレス VS UWFインターナショナル全面戦争」のメインで敗れた当時IWGPヘビー級王者の武藤敬司を破ってリベンジに成功。第18代IWGPヘビー級王者となり、IWGPすべての王座を獲得した。3月1日には、UWFインターナショナルのリングで防衛戦が行われ、越中詩郎を破って初防衛に成功したが、4月29日、橋本真也に敗れ王座陥落となった。その後、天龍源一郎と2度のシングルマッチや、インディー団体「東京プロレス」に突如参戦し、普通に考えたらありえないマッチメークであったブッチャーとシングルマッチを行った。1996年12月にUWFインターナショナルは解散した。
キングダムのサポート

多くの選手は新たに設立された団体「キングダム」に引き継がれたが、高田は意見の相違のため所属はせず、公開スパーリングと解説者としてかつての仲間をサポートするにとどまった。高田自身はUWFインターナショナルで興行に経営者として携わることに懲りており、自らは興行会社としてのプロレス団体ではなく所属選手を持つ格闘技の道場として「高田道場」を設立した。
総合格闘家時代

キングダムの初期、高田道場の選手や海外のバーリ・トゥード系選手を招聘しての総合格闘技興行「PRIDE」の開始に深く関わる。

PRIDE創生期に選手として活動、ヒクソン・グレイシーと2度対戦(PRIDE.1、PRIDE.4)するが敗退。ヒクソン戦、2度目の敗北直後に「もういっちょ!」とヒクソンとの3度目の対戦を望んだ。アントニオ猪木に、「よりによって一番弱い奴が出て行った」と酷評される。その後もマーク・ケアー(PRIDE.6)、ホイス・グレイシー(PRIDE GRANDPRIX 2000 開幕戦)、イゴール・ボブチャンチン(PRIDE.11)、ミルコ・クロコップ(PRIDE.17)、マイク・ベルナルド(INOKI BOM-BA-YE 2001)などと次々と戦うが、強豪との対戦を受ける積極性とは相反するあまりにも消極的な戦い方で敗退した。一方、マーク・コールマン(PRIDE.5)には勝利した。

2002年11月24日、PRIDE.23の田村潔司相手に引退試合を行い、2Rに右フックで失神KO負け。試合後のマイクで田村に「お前、男だ!」と発言、このフレーズが後の大会で頻繁に使用されることになる。
総合格闘技引退後

PRIDE統括本部長に就任し、同時にPRIDE中継の解説も行っていた。大晦日の特別興行「PRIDE男祭り」のオープニングでは、開会宣言で「おまえら男だ!」と叫ぶ選手呼び込みで話題となった。2003年開催時にはさいたまスーパーアリーナの地上60メートルの屋上に立ち、2004年開催時にはふんどし一丁で暴れ大太鼓を叩いて、「 男の中の男たち、出てこいやーっ !」と選手を呼び込んだ。(後にこのフレーズは高田を形容するキャッチフレーズとなる。単に「出てこいやー」とも。)そして、2005年開催時にはタップダンスを披露した後、2006年開催時にはピアノ独奏を披露した後に、ふんどし一丁で暴れ大太鼓を叩いた。

一方で、DSE(後にハッスル・エンターテイメント)が主催するプロレスイベント「ハッスル」においては、ハッスル1と『ハッスルGP2008』に電撃参戦する小路晃の記者会見に登場した。なお、悪役レスラー軍団「高田モンスター軍」の「高田総統」とは、高田の古くからの友人という設定になっている。PRIDEに関わっていない現在においても、高田道場が主催する「ダイヤモンドキッス・カレッジ」に小路晃や\(^o^)/チエ、野口大輔レフェリーらが参加するなど、ハッスルとは良好な関係にある。

また、ディズニーのアニメーション映画「Mr.インクレディブル」で声優に挑戦。日本テレビのテレビドラマ「戦国自衛隊 関ヶ原の戦い・第二部 愛する者のために」や、ドリームステージピクチャーズ製作の映画「シムソンズ」、NHK大河ドラマ「功名が辻」「風林火山」連続テレビ小説・「瞳」に出演した。
経歴

* 1980年3月、新日本プロレスに入門。翌年デビュー。
* 1984年、第1次UWFに参加。
* 1986年、新日本プロレスに復帰。
* 1988年、第2次UWFに参加。
* 1991年、UWFインターナショナル旗揚げ。
* 1994年、元新体操選手で女優・タレントの向井亜紀と結婚。同年4月から翌年3月までフジテレビで「スポーツWAVE」のキャスターを務める。
* 1995年、6月に「近い将来引退します」と発言。7月にさわやか新党代表として第17回参院選に比例代表区から出馬するも落選。
* 1996年1月4日、前年10月9日にタイトルマッチで敗れた武藤敬司に勝利して第18代IWGPヘビー級王者となる(防衛1回)。
* 1996年9月11日、神宮球場で天龍源一郎とのシングルマッチに勝利。この試合は年間最高試合賞となった。
* 1997年10月11日、PRIDE.1でヒクソン・グレイシーとの試合に臨むも、敗戦を喫した。
* 2002年3月、向井亜紀原作『16週~あなたといた幸せな時間~』がフジテレビでドラマ化される。松下由樹が向井役、沢村一樹が高田役を熱演。
* 2002年11月24日、田村潔司との試合で引退。
* 現在は高田道場社長を務める。

戦績
総合格闘技 戦績
10 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
2 勝 0 2 0 0 2 0
6 敗 1 4 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 田村潔司 2R 1:00 KO(右フック) PRIDE.23 2002年11月24日
△ マイク・ベルナルド 3R終了 ドロー INOKI BOM-BA-YE 2001 2001年12月31日
△ ミルコ・クロコップ 延長2R終了 ドロー PRIDE.17 2001年11月3日
× イゴール・ボブチャンチン 2R 3:17 タップアウト(パウンド) PRIDE.11 2000年10月31日
× ホイス・グレイシー 15分1R終了 判定0-3 PRIDE GRANDPRIX 2000 開幕戦
【1回戦】 2000年1月30日
× マーク・ケアー 1R 3:04 CWアームロック PRIDE.6 1999年7月4日
○ マーク・コールマン 2R 1:44 ヒールホールド PRIDE.5 1999年4月29日
× ヒクソン・グレイシー 1R 9:30 腕ひしぎ十字固め PRIDE.4 1998年10月11日
○ カイル・ストゥージョン 1R 2:18 ヒールホールド PRIDE.3 1998年6月24日
× ヒクソン・グレイシー 1R 4:47 腕ひしぎ十字固め PRIDE.1 1997年10月11日
人物

* 非常にプライドが高く、「僕は安売りしない人間」とネット放送で公言したことがある。また、「タモリ倶楽部」に出演したときに、あまりの企画のくだらなさに呆れて途中で収録を放棄し帰ってしまったことがある。しかし年末恒例の「TVタックル超常現象スペシャル」06年版にはゲストとして出演。大槻VS韮澤の際には「戦えや!」の自己パロディまでやってみせてゴングを鳴らした。
* ジャイアント馬場とはリング上や団体所属上の関わりを一切持たなかったが、PRIDE.1における敗戦を馬場に「タレントになりたい人が出ていた」と批判されたことがある。その際高田は、「たくさんタレント活動している人に言われたくない」と公に反論した。また馬場の死に際しても、取りようによっては皮肉とも聞こえるコメントを出している。馬場が高田を批判したのは、UWFインターと全日本が接触した際(神宮球場大会における川田利明の参戦が嚆矢)に摩擦があったこと、或いは高田一人の敗北により世間一般のレスラー評を失墜させたことが遠因とも言われるが、プロレス界において半ばアンタッチャブルな存在になっていた馬場に、真っ向から異を唱えた姿勢は際立っていた(とはいえ、若手時代の高田を馬場は評価しており、第一次UWFが崩壊した際には、「前田日明と高田なら(全日のリングに)上げてもいい」と発言しており、実際オファーを出したといわれている)。
* 金子達仁「泣き虫」において、真剣勝負だという触れ込みで行っていた試合が全て結果の決まっていた試合であったことを告白。このことは妻すら知らなかった事実であったらしく、この本の内容を知ったときは離婚を考えたという。
* 向井亜紀と出会った時、別に婚約者がいたため、向井をあきらめるために「1000回のスクワット」をした。それでもあきらめ切れなかったため、向井と結婚することにしたという。
* 結婚式で松山千春を殴ってしまったことがある。

二転三転する言動

* 「朝令暮改男」とターザン山本に揶揄される程、発言内容が短期間に表裏左右する。特にプロレス入りの師匠であるアントニオ猪木に対するコメントは愛憎入り交じって敬愛したり貶したりを繰り返している。
o 年末イベントに猪木軍として参戦前の週刊プロレスでのインタビュー:「俺は来年には引退するだろう。師匠の猪木さんに対する最後の奉公です」。
o ベルナルド戦が凡戦ドローに終わり、年明けてからの週刊プロレスでのインタビュー:「なんで俺が猪木軍として出てるのかわからなかった」。
o 第一次UWF所属の頃、週刊ゴングでのインタビューで「猪木さんはUWFの闘いが怖いから来ない」と言い、そのすぐ後ニッポン放送のスペシャル番組「アントニオ猪木とは何か」では、「今度(猪木さんに)会ったら肩を揉んであげたい」とコメントした。
* PRIDEにおいて自分の引退試合の相手として小川直也を指名したが、直前になって高田がキャンセル。代わりにミルコ・クロコップと戦った。しかし、その試合後に「小川には覚悟を持って来てほしい」と発言。引退も持ち越された。
* 「PRIDEには、プロレスを持ち込んではいけない」と、当初からプロレスと格闘技の線引きを強調していたが、PRIDE 男祭り 2003において小川直也、橋本真也をマイクを用いて自ら呼び込み、PRIDEのリングに上げてしまった。
* 小川との試合が流れた後、「小川とは二度と関わることはない」と言っていたが、後にPRIDE GRANDPRIX 2004への出場を打診。準決勝でヒョードルとの対戦を受けた小川に対して「小川を男だと思った」と発言した。

出演
映画

* シムソンズ(2006年)本島則之役
* きみにしか聞こえない(2007年6月16日)山口先生役
* 私の優しくない先輩(2010夏)

ドラマ

* 日曜劇場 『拝啓、男たちへ』(TBS、1992年)本人役(ただし、団体名はUWFインターではなくWインターとされた)
* 戦国自衛隊関ヶ原の戦い(CTV、2006年)片岡五郎左衛門役
* 功名が辻(NHK大河ドラマ、2006年)本多忠勝役
* 火曜ドラマゴールド 『出張料理人~最後の晩餐届けます~』(NTV、2007年) 神崎喜久夫役
* 風林火山(NHK大河ドラマ、2007年) 小島五郎左衛門役
* 日曜劇場 『パパとムスメの7日間』(TBS、2007年)桜木真一役
* 瞳(NHK連続テレビ小説、2008年)森本正介役
* 土曜ドラマ 『オトメン(乙男)~夏~、~秋~』(フジテレビ、2009年)都塚猛役

その他

* THE・サンデー(日本テレビ)コメンテーター
* サンデーデラックス 『ネタ祭り2007夏の陣』(ABC、2007年)統括本部長
* 映画『スコーピオン・キング』 (主人公ザ・ロックの吹き替えを担当)
* YAWARA!(映画) 本人役
* チャンピオンズ~達人のワザが世界を救う~(テレビ東京)チェアマン
* 食彩浪漫(NHK)自ら主催の高田道場にてよく作るというカレーライスを作り、道場生にふるまう。
* 探偵!ナイトスクープ(ABC)ゲスト出演
* はねるのトびら(フジテレビ) ゲスト出演
* ライオンのごきげんよう(フジテレビ)ゲスト出演

関連書籍

* 高田延彦「我、あるが儘に」(ISBN 4062130602)
* 高田延彦「最強の名のもとに」(ISBN 4195551900)
* 金子達仁「泣き虫」(ISBN 4344004159)
* 「高田延彦のカタチ - 高田延彦22年間とは?」(ISBN 4809402959)
* 鈴木健「最強のプロレス団体UWFインターの真実 夢と1億円」(ISBN 4757712324)
* 宮戸優光「U.W.F.最強の真実」(ISBN 4757715285)
* 宮澤正明「ALL FOR WIN」
* 宮澤正明「WORKS」(ISBN 4894616688)



 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。